« 2011年度UKスクーリング5日目 驚きのフラワーエッセンス | トップページ | 日本の復興には、まずお母さんが幸せになること »

2011年11月10日 (木)

思い出の北海道講演会

今から10年近く前、初めて由井先生が北海道で講演会を開いてくださったとき、
友人の紹介でその講演を知り、私はその会場にいました。

ご自身の体験を交えながら、基本となるレメディーを説明してくださるとらこ先生。
こんなに興味深く!面白く!もっと知りたい!と思うセミナーは
正直、私にとって、はじめてで、
私の胸は、すっかりとらこ先生からのホメオパシーの矢に
うち抜かれてしまい、もう驚きと感動でいっぱいでした。

当時のセミナーは2日間開催でした。

初日のお話を聞いてすぐにレメディーキットを購入。
家に帰って、さっそく気になるレメディー(Nux-v.)をとってみたところ、
翌朝には、目が赤く腫れており、あらびっくり。

翌日のセミナーで
「先生、こんな目になっちゃいましたよ」と駆け寄り訴えると、
ホメオパシーの話を1日聞いただけでは、まだまだしっかりと理解できておらず、
自分の身体に何が起こったのか、不安だらけの私に、先生の回答はたった一言。

「症状はありがたい!」

とにっこり笑顔。

それから、家族でホメオパシーを使うようになりました。
今では、縁あってスタッフとして入社しています。

今回の札幌講演は、「とらこ先生が人生の窮地のときにとったレメディーたち」

11/23(水・祝) とらこ先生講演会 in 札幌
「とらこ先生が人生の窮地のときにとったレメディーたち」のセミナーの様子はこちら

私が初めて聞いた講演のように、由井先生ご自身のレメディー体験がふんだんに
盛り込まれたセミナーになるのではないかと、とても楽しみです。
ぜひホメオパシーをまだあまり知らない方など、ご友人も誘っておこしください。

CHhom札幌 スタッフ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30