« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

とらこ先生 還暦を越えて、6-7月記念イベント開催

21世紀、真に人間を治癒に導くこれからの医学としても注目され、自己治癒力を触発し自らが健康になっていくホメオパシーを日本に本格導入したとらこ先生が5月21日に還暦を迎えました。

0526102212img_9335_400

そこでCHhomでは、とらこ先生還暦記念講演ツアー「これからの時代を生き抜くセミナー」全4回を行います。とらこ先生が、60年の人生の中で体験した珠玉の知恵、ノウハウをお伝えする人生のエッセンスが凝縮されたセミナーです。もう少し楽に生きれたらと思う方、自分を変えたいと思う方、よりよく人生を生きたいと思う方、真実を知りたいと思う方、ぜひご参加下さい! また6~7月に渡って、とらこ先生経験と智恵を惜しみなく皆さまと分かち合うための記念イベント・行事も開催いたします。ぜひご参加ください。

●6/1(土)、6/2(日)、6/8(土)、6/9(日)
「これからの時代を生き抜くセミナー」セミナー
*とらこ先生よりメッセージ*
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/6141.php

(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡ライブ中継)
 とらこ先生「これからの時代を生き抜くセミナー」全4回

今回の還暦記念セミナーは、全4回シリーズ全国ツアーとして行われます。

初日6月1日(土)のライブ同時中継講演のテーマは「医」。ホメオパシー医学の日本への導入から、心身の難病、現代病にも通用する総合的なホメオパシー医学まで高めた、とらこ先生のホメオパシー医学の臨床、20年の実践の集大成をお伝えします。
これまでのホメオパシー臨床の中でみた、ワクチンの害や薬害、医原病など、医学・医療とは何かという根本問題にも触れていきます。安全で自然にさらに医療費削減にも結び付く有効な療法として国際的にも広く親しまれているホメオパシー医学の素晴らしさをこの機会に学び、本来の健康、自然な生き方を実践していく機会です。

2日目、6月2日のテーマは「食」。TPP加盟により、安全と宣伝されている遺伝子組換作物の国内製品への表示撤廃や、日本人の主食のコメも守れなくなる大変な危機が目前にあります。とらこ先生は、現在の食、食環境、現代栄養学による「食原病」の蔓延による国民の健康の低下を憂い、9年前から自然農の取組を始めました。雄性不稔(F1)や遺伝子組換種などの不自然な種を使わず、しかも農薬、化学肥料を一切使わず、土壌菌とホメオパシーのレメディーの力で、安心安全な食べものを供給するための日本豊受自然農を設立しました。

近い将来、日本人が経験することになるだろう未曽有の食糧危機の時代を生き抜くために私たちはどうすればよいか、ホメオパシーにはどのような解決法があるか。現代日本人が知らず知らずのうちに、刷り込まれている間違った食の安全と健康との関係について、また、マスコミが報道しない、知らないと致命的となる食の問題について、これからの時代に生き残るための智恵をお伝えします。
 
3日目、6月8日のテーマは「災害」。とらこ先生は日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)の会長として、先頭に立ち、東日本大震災の災害対策を行ってきました。これからも日本に住んでいる限り、いつかは必ず来る、様々な災害に対しての対処法と心のもち方についてお伝えします。

ご存知のようにマスコミからは正確な情報は発信されていません。今回の講演では、放射能対策、PTSD対策、災害時の緊急救命対応や最も大事な心のもち方、水、食料、体温確保などのサバイバル術まで、様々なお話も聞けるのではないかと思います。今回の地震や原発事故の背景などの正確な情報はこれからの時代を生き抜くためには知っておかなければならないと思います。家族で会社で地域で災害を生き抜くためにぜひこの機会に、ご参加ください。

20110402_sendai_ph_06_400

4日目、6月9日の4回シリーズを飾るテーマは「住」(環境)。
これは今回初めて行う、講演テーマとなります。
とらこ先生が人生の中で、重要な環境、「住」という視点から、行う初講演となります。

大気汚染、水汚染、電磁波スモッグが人体に大きなストレスをかける中「住環境」は私達の健康を復活させる重要な場となります。
光、波動、空気、音、香、温度、湿気の調和。ほんとうに意味で住みやすい、住環境。場を清め、場のエネルギーを高める空間を築くには、日本古来の知恵とホメオパシー理論を取り入れた住環境が理想です。

講演会では、とらこ先生の様々な知恵と体験から生まれた「ほめおぱしっくい」や麻入りの壁材など様々なホメオパシー理論をを取り入れた呼吸する家を初公開します。
また、、自然と一体となった働き方や地域社会の在り方の提案など、健康や幸せに対して「住環境」というものがいかに
大きな影響を与えるかをお話します。

広い意味で「住環境」というテーマは、この日本という国の事まで広げて考えるテーマでもあります。
今、この国の、水、食料、安全といった基本的な環境が急速に変わりつつある事をご存知でしょうか。
テレビでは報道されない、我々を脅かす住環境の変化をお伝えすると同時に、私達は何をすればよいのか、何ができるのかを一歩踏み込んだ内容と なる でしょう。
備えあれば憂いなし、「住む」という事について、とらこ先生ならではの画期的な内容になると思います。

*****************************
6-7月開催の主な記念イベント
*****************************

●7/20(土) 日本の歴史の真実を伝える講演会
*詳細 CHhomホームページで掲載いたします
 (札幌、東京、名古屋、大阪、福岡ライブ中継)

Img_3863_512 

戦後の教育とマスコミ情報操作により洗脳された自虐史観から
脱却することこそが、多くの日本人の心の闇を解放し、日本人が
自負心を取り戻することにつながります。
今回、日本人が日本国をそして自分自身を愛するために、特別開催を決定しました。
▼5月5日講演会の様子
http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/55amtpppm.php

●6/2(日) 
 (大分市)
 とらこ先生「自己治癒力はすばらしい!心・体・魂の三位一体を癒すホメオパシー」

http://www.homoeopathy.ac/11reserve/62.php

●6/13(木)6/27(木)7/11(木)7/25(木)
(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡ライブ中継)
 とらこ先生とJPHMA認定ホメオパスに学ぶ「ホームキットを使いこなそう!」
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/4.php

●6/30(日) 
 (ロンドン The Japan Royal Academy of Homoeopathy 英国本校)
とらこ先生「難病大国日本から学んだZenホメオパシー
「ガン、発達障害、リウマチ、膠原病、放射能問題などのケース」
http://www.rah-uk.com/events/2013-06-30.html
※外国人、日本人療法家、利用者の双方を対象にした講演会

●6/30(日)7/14(日)
 「パラケルススの錬金術医学」 講師:澤元亙(翻訳家)
(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡ライブ中継)※6/30はロンドンも中継予定
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/630714.php
とらこ先生が翻訳の監修者をつとめた、中世錬金術医学の巨匠 
パラケルススの『アルキドクセン』の出版記念講演
由井寅子氏と監修の下で翻訳を行っている澤元亙氏が講演

Ph_archidoxen

●7/27(土)、7/28(日)
ホメオパシー自然農園洞爺
とらこ先生と行くホメオパシー自然農園洞爺ツアー
※年1回の農場を開放してのツアーとなります。
詳細はホームページにて公開します。静岡県函南での5/26(日)のツアーの様子
http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/526_2013.php

●6/20(木)、6/21(金)、6/22(土)、6/23(日)
認定ホメオパス強化学習集中コース「4日でわかる3次元手法(ZENメソッド)」
とらこ先生が教え子RAHの卒業生、ホメオパスたちに対して、「Zen(禅)ホメオパシーメソッド」のエッセンスを集中的に伝える4日間となります。

●記念出版
とらこ先生の初のマザーチンクチャーのガイドブックも6月発刊予定です。
「Zen(禅)ホメオパシーメソッド」でのホメオパシー健康相談で、とらこ先生が
マザーチンクチャーを使った様々なケース、実践事例満載のケースブック。
http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/53_1.php

●記念DVD発売
『インナーチャイルド癒しの実践』)(仮題)が、とらこ先生の初のインナーチャイルドを中心に扱い
実際のケース映像もはいったDVDとして発売されます。
http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/47.php

●記念商品発売
自然農の野菜と、ホメオパシーのレメディーからつくられた豊受自然農の
化粧品シリーズ 生草花化粧水に続き、生草花シリーズの新商品が発売されます。http://shop.toyouke.com/chhom/products/detail.php?product_id=218

※10/18(金)、10/19(土)、10/20(日)には
 JPHMA日印ホメオパシーコンファレンスを
 ニューデリーにて開催予定、前後の日程を含み、初のCHhomインドスクーリングが
 計画されており、今回は特別に学生以外の参加も可能となる予定です。
http://jphma.org/international/201310conference.pdf

2013jphma_512

※12/7(土),12/8(日)には、東京地区で「日本を取り戻そう!」をテーマにした
 第14回JPHMAコングレスが予定されています。
(昨年の様子)
http://congress.jphma.org/

最後までお読みいただきありがとうございます。

2013年5月25日 (土)

6/30 とらこ先生がロンドンで「Zen(禅)ホメオパシー」講演

英国ホメオパシー医学協会(HMA)発行の学術ジャーナル「Homeopathy International」2013年春号に、今年6月30日(日)に、RAH英国本校で開催される、とらこ先生「Zen Homoeopathy」ロンドン講演のお知らせが表紙裏全面に掲載されました。

2013springhmajournalcover_320

20130630london_zenhomoeopathy_640

講演会は日英逐次通訳で行われます。
海外のホメオパシー療法家や利用者からもとらこ先生のホメオパシーは注目されており、今後も、海外での発表なども増えそうです。
日本人のみならず、欧州に外国人のお友達がおられる方にはぜひ本講演をご紹介ください。

お申込みはRAH英国本校ホームページから
http://www.rah-uk.com/

2012年6月のHMAでの とらこ先生「Zen(禅)ホメオパシー」発表

さて、HMAでは昨年、とらこ先生の学術発表も行われ大きな反響を呼びました。

今年3月発行のJPHMA学術ジャーナルに
掲載された記事から御紹介させていただきます。

【JPHMA学術ジャーナル 50号 記事より】
昨年6月にイギリスで行われたHMA(英国ホメオパシー医学協会)夏期セミナーにて由井会長がメインスピーカーとして発表した時の様子が「HMAジャーナル 2012夏号」に掲載されました。

Hmajournalcover2012sept

Hma2012seminer1

英国ホメオパシー医学協会(HMA)のセミナーの様子

【以下英国ホメパシー医学協会ジャーナル記事より和訳して引用】

今や由井博士の出番  
放射能と災害に対するホメオパシー的アプローチ
博士の理論と愛は
博士の情熱を真に物語る
それはひたすら突き進む
未知の境地へ、ひたむきに
まるで炎の教授のように
トラウマ、ショックに耐え忍ぶ患者を訪ねる
家を失い、えも言えぬ悲しみに言葉を失う日本の人々
自暴自棄や無価値観に襲われても
なんの不思議があるだろう
一つか二つの命を救うしか
できることも解ることもありはしない                        
由井博士は此処彼処に出かけて行っては
できる限りの教えを与える
博士の行動を知れば、
わかるだろう、なんと素晴らしい愛の贈り物を
ホメオパシーが降り注いだことを
少なからざる学生たちに
そして自然に卒業式が始まった
1つ2つのスピーチを掲げ
スタッフや皆に挨拶する博士
なんという素晴らしい日
会場は喜びに感極まる
たとえ馬はいなくても
博士のペットの野牛や
多くの写真やDVDを見た
これが博士の人々への愛
これが博士の行っていること
彼女の活力、信念を称えよう
博士の簡潔な詩
博士のホメオパシーへの愛
HMAは栄えある団体 
仕事に徹するプロが集う
困った人に尽くす博士を誇りに思う
そしてこれは始まりに過ぎない
(By Dr. Balbir Nandra PhD  Registrar/Council Officer HMA HMA会議記録官)

【引用終わり】

また、夏期セミナーの中で、JPHMA認定校であるRAHUK フルタイム科5期生と パートタイム科12期生の卒業式が行われました。 会場のロンドン大学インスティチュート・オブ・チャイルドヘルスのすばらしい 雰囲気の中、セミナーに出席した世界中のホメオパスたちの見守る中、由井学長 から一人ずつ卒業証書が手渡されました。

Hma2012seminar3

RAH英国本校卒業式での記念撮影

還暦全国ツアー~60年の集約に向けて、とらこ先生からメッセージをいただきました

とらこ先生より

真実を知ろうとする方々へ

今回は「医」「食」「住」を中心にし、
5/30~6/10の間、講演を各地で行っていきます。
又、いじめの問題そして心のインチャの講演会と
日本の歴史を知る講演会は、7/20に東京で行います。
すべて全国中継となります。

Img_8480_512

私は60才、還暦になりました。
60年生きて、この目で見て、体験したことを、
お伝えしたいと思います。

多くの方々は、事実を知らないがために、
安易に摂ってしまった薬物の害に苦しんでいます。

自分や他の人、そして生き物たちの命を大切にするために、
是非この講演会に来て頂き、
今一度、この人生を真剣に生きて頂きたいと願います。

何もしなければ、何も変わりません。
自分を変え、よりよく人生を生きたいと思う人々、
そして世の中をより住みやすい世にしたいと願う人々は、
私の60年の集約講演でございますので、
ぜひ参加して頂きたいと思います。

大人の皆さんに、子供たちに、動物に、植物に、地球に、
すべての生きとし生けるものに、
本来の命を取り戻して、
喜びをもって生きてもらいたいと、心より願っております。

由井 寅子」

今回の「還暦ツアー~60年の集約~」では、
「これからの時代を生き抜くセミナー」(全4回)が
CHhom各校(沖縄校を除く)をライブ同時中継して行われます。

「医」6月1日 (土) 10:00~12:30 札幌校からライブ中継

「食」6月2日(日) 16:00~18:30   福岡校からライブ中継

「災害」6月8日 (土)14:30~17:00 大阪校からライブ中継

「住(環境)」6月9日(日) 11:00~13:30 名古屋校からライブ中継

特に初回のとなる6月1日の講演は、「医」がテーマとなります。
とらこ先生が、ホメオパシー医学の普及にささげてきた集大成の
講演になるかと思います。ホメオパシーのみならず、予防接種や
クスリの問題についてもお話しされます。4回連続参加の方は
記念の割引もございます。
 とらのこ会員さまへの新しい特典が6/1からCHhom会場で始まって
まいります。詳しくは会員の皆さまへご案内のおはがきをお送り
しますのでご参照ください。

この機会にぜひ全国のCHhom会場にもお集まりください。

▼「これからの時代を生き抜くセミナー」(全4回)お申込み
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/6141.php

大分市では、同時中継はございませんが、6月2日(日)9:30~12:00には
とらこ先生講演会
「自己治癒力はすばらしい!心・体・魂の三位一体を癒すホメオパシー」
も開催されます。大分県の方、久しぶりのとらこ先生のライブ講演です。ぜひ
お集まりください。

▼大分講演会お申込み
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/62.php

2013年5月24日 (金)

南仏で開業するDr.ホメオパス オーデ氏 CHhom東京校にとらこ先生を訪問

Dr ジャン・ルイス オーデは、フランスの小児医でホメオパシーだけを使って治療を行っているホメオパスで小児科医のグランジョージ氏と1982年以来の友人。今回もグランジョージさんの紹介でCHhom東京校訪問が実現しました。オーデさんは写真の様子のように、非常に穏やかな、温和な人柄の方です。

Img_3643_512

オーデさんが、とらこ先生の英訳された3冊を手に持って来られ、サインをしてくれと頼まれたので、『ホメオパシー的信仰』をプレゼントし、「友達」、「望」、「夢」、「信仰」と、習字と英語で書いて渡しました。読まれて大変感銘を受けられたということで、サインを希望され、由井会長は黒と金銀の筆にて、大変丁寧に一冊一冊サインをされていました。

Img_3631_512
『ホメオパシー的信仰』 英語版

Img_3633_512_2

『インナーチャイルドが叫んでいる』 英語版

Img_3634_512

『ホメオパシーin Japan』 英語版

Img_3637_512

『ガイドブック バイタルエレメント』 英語版

これからの子どもたちにホメオパシーを使い、自己治癒力も体力もあり、勇気もある人々に触発していこうと二人で誓い合いました

************************************************************

オーデ氏にとらこ先生を紹介したグランジョージ氏は、CHhomの前身であるRAHでも、2度来日し講演。2011年のCHhom英国スクーリングでも、講義を行っています。

▼2011年 CHhom英国スクーリングの様子と感想
http://www.homoeopathy.ac/08lectures/part-time/20111101.php

グランジョージ氏の著作はホメオパシー出版からも3冊が 日本語に訳され出版されています。

▼ホメオパシー出版
http://www.homoeopathy-books.co.jp/

▼『人生の道』(ホメオパシー出版)
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PB018A

『スピリット・オブ・ホメオパシック・レメディー(改訂版)』(ホメオパシー出版
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PB001A

『急性疾患をホメオパシーで治す』(ホメオパシー出版)
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PB079A

2013年5月22日 (水)

由井寅子先生が、60歳の還暦を迎えられそのお祝い会が開かれました。

Img_8350_512

とらこ先生から

「60歳という人生の節目であり、折り返し地点に来ました。
そこで、私が考えたことは、
真実を伝えて行くということの教育の大切さと
自然であり、環境に、体に心によいものを作って
皆さんに提供することの大切さ。そのために、
そこをめざす、私たちは、皆で一層力をあわせて
がんばっていきましょうということです。

そして、多くの日本国民が幸せになるように、日本が幸せになるように
私たちは、その大いなる大志をいだいて、
皆でその方向に向かって、いきましょう。
これからの日本のために。」

というこれからのご自身と、スタッフ皆さんの志についてお話しがあり、
気持ちを一つにした大事な日となりました。

これからも私たちは、体と心によいものを作っていきますので、
みなさん、応援してください!!

2013年5月19日 (日)

とらこ先生の「Zen(禅)メソッド」を実践しているドイツのホメオパスの皆さんから写真が届きました

とらこ先生の「Zen(禅)ホメオパシーメソッド」を学び、とらこ先生の開発したコンビネーションのチンクチャーを臨床に使用し成果をあげていおるロジーナさんはじめドイツのホメオパス・プラクティショナーに皆さんから写真入りのメッセージが届きました。このような形でとらこ先生の「ZEN(ホメオパシーメソッド)」が海外にも広がっているのですね。

From_german2_512

この写真には少し経緯があります。昨年11月に開催されたJPHMAの日独ホメオパシー国際カンファレンスの際にピエロの免許ももつロジーナさんのご自宅を訪問した際に一反木綿の衣装を日本にいただきました。日独カンファレンスでのサプライズパーティーも楽しかったですね。写真は日独カンファレンスのサプライズパーティーでピエロに扮するロジーナ氏。

201211116_044_512_2

実はその一反木綿の衣装が5月11日(土)に行われたインナーチャイルドコース「泣き笑い」のとらこ先生のサプライズ・ダンスの衣装となりました。

Img_6161_512

ロジーナさんと言えば、昨年のJPHMAコングレスではホメオパシーと笑いをテーマに学術発表、印象的な発表になりましたね。

今回、衣装のお礼も含めてスタッフが、ロジーナさんにインチャコースでのとらこ先生の一反木綿に扮した写真を送ったところ、ロジーナさんからのこのとらこ先生のメソッドやチンクチャーを実践しているドイツのプラクティショナーさんたちの写真のメッセージが届きました。アメリカでもホメオパシー的予防を推進しているホメオパスのケイトさんもとらこ先生開発のチンクチャーを発達障害などの分野で使っているそうですね。

とらこ先生の「Zen(禅)ホメオパシーメソッド」の実績が認められていくのは海外は結構早いかもしれませんね。

▼翌日1日延長して、ドイツのプラクティショナーたちの希望でとらこ先生の「ZEN(禅)ホメオパシーメソッド」の勉強会が開かれたJPHMA 日独カンファレンスの様子 
http://jointconference.jphma.org/index.html

▼5月11日(土)のインナーチャイルドセラピストコースの報告と参加者アンケート
http://www.homoeopathy.ac/08lectures/ics/2013511_1.php

※写真でサインの部分は個人のお名前になりますので割愛させていただきました。

2013年5月13日 (月)

学生がサプライズ企画! 本日の授業がいきなり、とらこ先生還暦お祝いパーティーに!

Img_6911_512

「今まで、こんなに、多くの学生の皆さんに一緒になって、私の誕生日を祝ってもらったのは生まれて初めてです。Chhomの皆様 ありがとうございました。」

(寅子先生より祝っていただいた皆さんに御礼の言葉がありましたので、お伝えします)

それは、本日のCHhomハーブ実践基礎コース1日公開講座の終盤、休憩時間後、突然の出来事でした。

質問でマイクを握った名古屋校の男子学生からいきなり還暦お祝いのメッセージが・・・

Img_6648_512

これを合図に画面を通じて全校で、参加者の皆さんがお祝い衣装に変身。

Img_6830_512

Img_6691_512
ハッピーバースデーソングを皮切りに、お祝いのメッセージやビックリケーキ、プレゼントや花束贈呈など、札幌校から、東京、大阪、福岡、沖縄校まで、全会場が1つになって、とらこ先生の還暦お祝いのパーティーとになりました。本日はいつも気丈なとらこ先生もウルウル状態でした。スタッフもビックリしたサプライズ企画でした。

Img_6872_512

Img_6721_512

Img_6841_512

Img_6736_512

Img_6807_512

Img_6779_512

Img_6888_512

とらこ先生、日本にホメオパシーをもってきていただき、大変な苦労を重ねられ、今も、多くの方に気づきと愛を惜しみなく与え続けるその情熱には本当にいつも頭が下がります。本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。スタッフも気持ちは同じです。

母の日に、日本のお母さん「とらこ先生」を心からお祝いしたいと思います。還暦を越えて、ますます人生をEnjoyしてください。10日間ほど早いのですがスタッフからも・・・

            とらこ先生  還暦 おめでとうございます!!!!!

CHhom FACEBOOKでも、詳細報告します!

http://www.facebook.com/top.chhom

2013年5月 9日 (木)

日ごろはデスクワークのスタッフも水曜日は豊受自然農を体験

この春からCHhomの東京校では、社員の健康づくりの一環として、週1回、マイクロバスを使って農場に行き、農作業を行う試みを始めた。日頃デスクワークでコンピューターにばかり向き合っている東京オフィスの社員が、順繰りで、静岡県函南町の日本豊受自然農の農場で農作業にローテーションであたっている。そして毎回、農作業に向き合う姿勢も含め、とらこ先生も率先指導している。農業は忍耐である。その後に来る光り輝くような感覚をもう一度味わうために、また農作業をするのである。このことで、全員で農業を行う会社に一歩近づいたような気がする。

945062_186594758160303_518293401__4

今、東京校の社員食堂では、とらこ先生が社員の健康を思い、豊受自然農でタネから自然にこだわったお野菜を毎日食べられるようになった。自分で農作業をやってみるとまた食事の有難味もひとしおだ。そして、太陽の下で、汗を流し、農作業をするというのも、とっても健康にいいなあと感じる。

今年の函南自然農ツアーは、5月26日(日)に開催される。豊受の自然農を体感したい方はぜひお集まりください。

▼とらこ先生と行く函南自然農園花摘みツアー 2013

http://www.homoeopathy.ac/11reserve/526_2013_5.php

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31