« いよいよJPHMAコングレスまで2週間を切りました!注目ポイントまとめて紹介 | トップページ | グスタボ・ブラチョ博士が来日! 夜にはキューバ大使も加わり、由井大会長と情報交換が大変盛り上がりました! »

2013年11月29日 (金)

コングレスでの川田薫博士の発表

11月28日(木)、川田薫博士がCHhom東京校を訪れ、第14回JPHMAコングレスの大会長、とらこ先生と対談。その中でも今回のコングレスでの衝撃的な発 表内容が明らかになりました。特報として皆さまにもお伝えします。これから全く新しい科学の時代に入りますね。

愛とサイエンスが融合 モノと意識をつなぐ全く新しいこれからの科学の新常識 

Ph_kawada01_2

水が1次粒子から3次粒子の構造をもっていることを、電子顕微鏡写真によって世界で初めて明らかにするとともに、ミネラルを添加することで水が三次元構造をもち、そのミネラル液を薄めてもその構造が維持されることを世界で初めて発見しました。

そして水は一定の速度で絶えず離合集散しており、そこにある物質が入ることでその離合集散速度が変化することも発見しています。

前回のコングレスではここまでを発表されました。今回は、前回を概説しつつ、川田薫博士が世界で初めて無機物から生命を誕生させることに成功した生命誕生実験について、生命体が誕生した瞬間をとらえた貴重な映像を交えて発表するとともに、魂が重さを持つことをラットの実験により証明した実験について発表し、さらにその先にあるモノと意識をつなぐこれからのまったく新しい科学の可能性、ビジョンついて発表します。

科学の新しい扉を開く歴史的な講演になります。そして、特別に12月7日(土)、大会第1日目の参加者には、川田薫博士の生命誕生実験に関する国際論文の日本語訳を記念配布する予定です。

川田薫博士は、学術発表以外にもパネルディスカッションやプレスミーティングにも参加、12月7日(土)、18時半から会場をベルサール渋谷パーティーに移動して開催される「愛は無敵」ウェルカム懇親パーティーにも参加されます。

ぜひこの歴史的な発表をライブ会場で体験ください。

▼第14回JPHMAコングレス特設ページ

 http://jphma.org/congress2013/

_256

より深く今回の発表を理解するためには『生命誕生の真実 人はなぜ、なんのために生きるのか』をお読みになることも川田薫博士から勧められました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30