« JPHMAコングレス7日(土)学術大会初日は素晴らしかった、2日目も楽しみです | トップページ | コングレスでの注目の発表  キューバ ブラチョ博士の初日発表より »

2013年12月12日 (木)

知っている、知っていないが、子宮けい癌予防ワクチンを打つ打たないの判断で大きな情報格差を生みました。とらこ先生の生き方シリーズ 今週末から連続開催!

これからの時代 自らの人生を100%生きるために、とらこ先生の5回講座で、大切な様々な情報や真実を勉強しましょう。ぜひ、こういった問題にまだ無関心な方や、知らない方、また逆に興味をお持ちの方もお誘い合わせの上、ご参加ください!

12/14  10:00から

00002

第1章 子どもたちの復興! 薬やワクチンの害の解決法
そのみどころ

とらこ先生の講演会「生き方シリーズ全5回」の第一章は「薬、ワクチン」。
渾身の講演会が札幌から全国に向け発信されます。
今年はワクチン被害の実態や製薬会社と政府、大学の研究機関との癒着が次々と明るみに出た年となりました。
子宮頸癌ワクチンは予防できないどころか、重篤な副作用に一生涯苦しむと警告する医者や科学者の声はかき消され、全国の中学1年~高校2年の女子生徒の67.2%に接種されてしまいました。
これから何ができ、そして、この苦い経験を経て何を学ぶべきなのでしょうか?
今回の講演では、ワクチン問題にとどまらず、子供たちをターゲットにした向精神薬の実態などを取り上げます。
また、社会の片隅でワクチンや薬の副作用に苦しむ子供達にスポットをあて、なぜ、恐ろしい副作用が国民には隠され、国をあげてワクチンや向精神薬が進められているのかの実態にメスが入れられます。
そしてもちろん、ホメオパシーでの解決法と改善したケースなどをご紹介させていただきます。
天から授かった大事な子供を守るのは、医師でも、国でもなく、賢く良識な親達、大人達なのです。
自己治癒力を触発するホメオパシーでツルツルマルマルに輝く子供たちへ。
「賢い母さん、父さんホメオパシー」「賢い婆ちゃん、爺ちゃんもホメオパシー」。
皆様のお越しをお待ちしております。 12/15 13:00から

第2章 環境の復興! PM2.5、酸性雨、住居の害の解決法

そのみどころ
20131215seminer_main
私たちが生まれ育った日本という国は、古くから豊かな自然に恵まれて来ました。緑は多く、水はきれいで、海の幸と山の幸にあふれ、人々は自然を敬い、その恩恵を分かち合って、「和」の心を大切にしながら暮らしてきました。
しかし今、日本の豊かな自然が失われつつあります。
その原因の一つが、大規模な環境汚染です。
環境問題で話題になる PM2.5 や酸性雨は、私達が気づかぬうちに、日本の自然を破壊するばかりか、直接的に日本人の健康をむしばんでいます。
もう一つ、目に見えない形で健康に害を与えているものが、居住環境における有害物質や電磁波です。
私達の心身の不調も、案外こうした環境による影響が大きく、多くの人が「環境病」という健康被害を受けています。
理由のわからない不調も、実は「環境病」なのかもしれません。
しかし、問題の原因となっているものさえ明らかになれば、ホメオパシーには必ず対処法があります。
今回の講演では、とらこ先生が、PM2.5、酸性雨、住宅の問題と、幅広く環境問題をとりあげ、その現状を知っていただいた上で、「環境病」に対するホメオパシー的な対処法をお伝えします。
そして、自然の大切さについて、あらためて考え直してみましょう。
12/21  10:00から
•第3章 母性の復興!愛なき子育ての解決法

http://www.homoeopathy.ac/11reserve/51221.php

20131221seminer_main_2
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/51222.php



12/22 13:00から
•第4章 食と農業の復興!自給自足と食害の解決法
20131222seminer_main_

12/23 13:00から
•第5章 心の復興!インナーチャイルドの解決法
20131223seminer_main_

大好評だった6~7月のこれからの時代を生き抜く5回シリーズの様子と感想

「医」
「食」
「災害」
「住(環境)」
「歴史」
とらこ先生の生き方シリーズ1章~5章すべてご参加の方への特典があります!

 ①5章の参加費を無料とし、ご招待させていただきます。
 ②さらに、2014年の新春ホメオパシートークにご参加いただいた際に、お年玉を進呈いたします。
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31