« ICH&ECCHジョイントカンファレンス2日目、とらこ先生の発表が行われました。 | トップページ | 5/26 RAHUKでZENメソッドセミナー&ホメオパシー的予防ジョイントセミナーが行われました。 »

2014年5月26日 (月)

本日、とらこ先生は、2年に一度開催されるICH直面会議に参加されました。

本日、とらこ先生は、2年に一度開催されるICH直面会議に参加されました。
ICHは、欧州諸国24カ国に、日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アメリカが加わり、世界29カ国32団体から構成されています。
各国代表ホメオパシー団体は、2ヶ月に一度、時差のハンディも超え、一堂に集まり、電話会議で、様々な議題について討論をしています。
本日は、直接に会って討論できる貴重な一日となりました。
Img_8407
とらこ先生は、JPHMA会長として会議に出席しました。
一つ一つの議題に対し、どうしたらICHが発展する事ができるか、病に苦しむクライアントの立場に立ってICHがどのように奉仕する事ができるかという概念を基に、活発に意見、提案されました。。
Img_8431
S002
とらこ先生のホメオパシーに対する情熱と行動力を目の当たりにし「貴女が私の団体の理事にいてくれたら。」とコメントされた方もいらっしゃいました。
ベルギーでは、医師ホメオパスしかホメオパシー療法を行なってはならないという規制が、この会議数日前に決定されました。
ベルギーからの理事も、このICH会議に参加しており、ベルギー事情を説明下さいました。
昨日の、とらこ先生の発表を聞き、日本がホメオパシーバッシングを乗り越えてきている事実を知り、とらこ先生にアドバイスを求めていました。
日本のホメオパシーを築き上げたとらこ先生。
今では、世界中のホメオパスからも絶大な信頼を受け、ホメオパシー発展の為の助言が求められています。
Img_8440
Img_8442
Img_8447
Img_8449
Img_8451
本日で、ICH関連のイベントは終了しました。
それぞれの国に戻り、またそれぞれの国でホメオパシーを続けるICHの仲間達とお別れのハグをしながら、ホメオパシー発展の為に交流を続ける事を誓い合いました。
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31