« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月23日 (土)

【CHhomメルマガ】CHhom東京校・用賀移転のお知らせと8月26日・日経懇シンポジウムの参加特典

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆
       
           CHhomメールマガジン

①CHhom東京校 8月末移転、そして11月、新業態での
      グランドオープンのお知らせ

②【速報】自然型農業から地球環境問題解決へ 
   8/26 1000人参加予定の日経懇シンポジウムで とらこ先生発表が決定!

   CHhom東京校で、お得な特典付き上記シンポジウムチケット販売中!

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

残暑お見舞い申し上げます。

この8月24日(日)で、池尻大橋でのCHhom東京校は業務を終え、
「豊受オーガニックレストラン」、「豊受オーガニックショップ」
などの新規事業を展開するため、二子玉川から1駅渋谷よりの用賀に
移転します。

8月25日(月)~29日(金)までは移転対応の為、お休みと
なります。なお、札幌、名古屋、大阪、福岡校、及びCHhomショップ
物流センターは通常通り営業しております。

8月30日(土)からは、事務所業務、一部学校業務、及び
ショップ業務は用賀新拠点にて開始となります。

★8/24(日)まで★ TEL:03-5779-8005  FAX:03-5779-8006

★8/30(土)から★ TEL:03-5797-3250  FAX: 03-5797-3251

レストラン、オーガニックショップ含めた新拠点でのグランド
オープンは11月予定、グランドオープン記念イベントは、
とらこ先生東京ライブを11月16日(日)に予定しております。

_512

また、8月26日(火)移転中のイベントとなりますが、
日本経済人懇話会主催、地球環境問題解決へ向けての
「次世代のためのシンポジウム」は、東京ベルサール汐留に1000人が集まる予定です。
とらこ先生も登壇、農業、食の観点から、地球環境を復興を行う
自然農の実践事例を発表することになりました! CHhomなど関係団体も、
ブース出展し、本イベントを応援しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★CHhom東京校でチケット購入の方にはお得な特典!★

       ブース出展 ホメオパシー関連5団体特別コラボ企画
  【特別25%割引券付スペシャルチケット(5000円)】

  書籍、化粧品から食品、レメディー、マザーチンクチャーまで
  出展5団体からの当日ブースでの購入や、当日のオリジナルな注文迄
  なんと25%引き!(詳細は当日ブースでお尋ね下さい!)

●シンポジウムの詳細情報

  懇親会でも、とらこ先生が来賓スピーチ&豊受自然農が食材を提供!
  日本豊受自然農の新作レトルトもお披露目!
  好評の豊受ポテチも販売します。

▼日本豊受自然農 新着情報から
http://toyouke.com/news/5410.html

  シンポジウム参加の皆様には、上記の特典に加えて

  JPHMAブースでは当日参加者限り、特早割料金で10月18日、19日開催
  第15回コングレス予約受け付けます。

  さらに、

  11/16開催のCHhom東京校グランドオープン記念 とらこ先生ライブ
  の招待券付です!

  そして、
  当日はQX-SCIOの無料体験相談やホメオパスによるミニ体験相談も
  行われます!

  特典付きチケットはCHhom東京校で発売中!

  ★尚、残席限られています。当日券は昨年満席で発行されませんでした。
   当日確実に入場するためには、必ず電話予約ください。

   ※当日までの予約臨時電話(090-9694-1336)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    
-----------------------------------------------------------------

【CHhom東京校移転情報!】
CHhom東京校 8月末移転、そして11月、新業態での
      グランドオープンのお知らせ

▼地図やスケジュール、新電話番号含め、詳細は
  CHhomトップページのお知らせに公開しています。
http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/chhom0830.php

-----------------------------------------------------------------

【最近のトピックスから】

●2014/8/21  CHhomスタッフブログ「ほめ日記」より
【速報】世界最大のホメオパシーのポータルサイト
 Hpathyのジャーナル8月号に
 由井寅子学長の「胃癌のケース」が掲載されました。
http://blog.homoeopathy.ac/2014/08/hpathy8-bcb2.html

●2014/8/20  ホメオパシー新聞より
ホメオパシーバッシングという
「ステルスマーケティング」にご注意ください!!」
http://news.jphma.org/2014/08/post-dc04.html

●2014/08/10  ホメオパシー新聞より
「朝日新聞の捏造  慰安捏造記事とホメオパシー捏造記事の共通点」
http://news.jphma.org/2014/08/post-c8f4.html

●2014/08/10 ホメオパシー新聞より
「コングラチュレーション! 由井寅子会長が
米「インターネット・ジャーナル・オブ・ハーバル・アンド・プラント
・メディスン(IJHPM)」の編集委員に就任!」
http://news.jphma.org/2014/08/post-feee.html

●2014/08/06 ホメオパシー新聞より
「「子供が病気になった時はどうするか」内海聡氏のフェースブックから」
http://news.jphma.org/2014/08/post-cbd2.html

●2014/8/06  CHhomスタッフブログ「ほめ日記」より
「8/3(日)【東京】「統合医学を結ぶ!」公開講演会 
立場を越えそれぞれで第一人者の統合医療家たちが手を結ぶ
画期的なイベントとなりました。」
http://blog.homoeopathy.ac/2014/08/83-fbce.html

●2014/07/27 ホメオパシー新聞より
「ヨーロッパでは4人に1人がホメオパシーを使用しています」
http://news.jphma.org/2014/07/1-65ba.html

●ホメオパシー新聞記事バックナンバー一覧
http://news.jphma.org/entries.html

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

今回もお読み頂き、ありがとうございます。

本メールはCHhomより送信しております。

※このメールはCHhomメルマガ希望の方に配信しております。
CHhomメールマガジンの「新規登録」「配信停止」は
こちらからお願いします。
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=html_dsp&out_html=mailmag_chhom

----------------------------------------------------
■配信元
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシーCHhom
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-30-14
★8/24(日)まで★ TEL:03-5779-8005 / FAX:03-5779-8006

★8/30(土)から★ 新TEL03-5797-3250 新FAX 03-5797-3251

E-mail:chhom@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/

----------------------------------------------------

2014年8月21日 (木)

【速報】世界最大のホメオパシーのポータルサイトHpathyのジャーナル8月号に由井寅子学長の「胃癌のケース」が掲載されました。

由井寅子学長のZENメソッドでの「胃癌のケース」が世界最大の
ホメオパシーポータルサイトHpathy(インターネットジャーナル)
8月号に掲載されました。


Hpathy8 

http://hpathy.com/
http://hpathy.com/clinical-cases/zen-method-three-dimensional-prescription/
会員登録した人しか入れないページであるため、詳細の内容等は、
今回寄稿への海外からの反響などとともに追って報告したいと思います。
以下は投稿書き出し部分です。A4で20数ページに及ぶ内容です。
Hpathy201408 
【参考リンク】
▼2014年5月 2日 (金)「ほめ日記」より
とらこ先生のZENメソッドホメオパシーが海外で話題に! 
世界最大のホメオパシーポータルサイト
Hpathy Homeopathy4EVERYONEトップページでもフィチャーされる
http://blog.homoeopathy.ac/2014/05/hpathy-homeopat.html

2014年8月18日 (月)

CHhom東京本校&ショップ、 日本ホメオパシーセンター東京総本部、ホメオパシーとらのこ会事務局の8月末用賀への移転のお知らせ

CHhom東京本校&ショップ、日本ホメオパシーセンター東京総本部、ホメオパシーとらのこ会事務局は、新規事業展開のため、池尻大橋より、8月末に用賀に移転することになりました。お近くのお越しの際はぜひお立ち寄りください。

池尻大橋での最終営業日 8/24(日)

      8/25(月)~8/29(金)お休み

新用賀拠点での営業開始日 8/30(土)

■移転のご案内  
東急田園都市線・池尻大橋駅のCHhom東京本校およびCHhomショップ、日本ホメオパシーセンター東京総本部、ならびにホメオパシーとらのこ会事務局は、8月30日(土)より新規事業展開のため、東急田園都市線・用賀駅に事務所を移転いたします。
今まで、池尻へご来場頂きまして誠にありがとうございました。移転により皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、引き続きの上記営業に加え、新たに、<新規・豊受オーガニックレストラン>、<新規・豊受オーガニックショップ>をオープンしてまいります。
変わらず皆さまのご愛顧と、ご来場を心からお待ちしております。

■臨時休業のお知らせ
移転引っ越しの為、8月27日(水)~29日(金)まではCHhom東京校・CHhom東京ショップは臨時のお休みをいただき、定休の8月25日(月)~29日(金)まで5連休となります。
※オンラインショップのCHhomショップ 物流センター(静岡)、CHhom札幌、名古屋、大阪、福岡校は通常の営業となっております。ご不便をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。
※オンラインショップのアドレスと物流センターの電話番号はこちらです。
URL:http://shop.homoeopathy.ac Tel:0557-86-3075 

■移転後営業開始日のお知らせ
新拠点では、8月30日(土)より、CHhom東京本校事務局、日本ホメオパシーセンター東京総本部事務局、CHhomショップ(仮設)、とらのこ会事務局から業務再開いたします。(月・火曜は定休日となります)

CHhomの授業は9月4日(木)のファミリーホメオパス、6日(土)の第3期 インターチャイルドセラピスト養成コース 初回(公開講座 無料)から始まります。

▼公開講座の詳細とお申込み

http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/201210.php

※グランドオープン記念のとらこ先生ライブは11月16日(日)を予定しています。

  詳細きまりましたらホームページ、メルマガなどで公開いたします。

■新規・豊受オーガニックレストラン、新規・豊受オーガニックショップ(11月オープン予定)
日々の食は、人の土台を作るとても大事な営みです。食事が大切なことは、伊勢神宮でも毎朝、夕に欠かさず、神様に供える日本の食事を奉納されていることからもわかります。日本豊受自然農の無添加の安心安全な食材を活かし、日本料理トップクラスの料理長がプロジェクトに参画する豊受オーガニックレストラン、大幅にオーガニック&ヘルシーな自然食材の品揃え拡充の豊受オーガニックショップは11月頃からグランドオープン、高野弘之院長によるJPHMA提携クリニックは11月頃から用賀でグランドオープンになる予定です。

■地図と住所

_512

■用賀での施設の内容
1F 豊受オーガニックレストラン&豊受オーガニックショップ(11月オープン)
※8月30日からはCHhomショップは、同施設内の仮店舗にて、豊受の野菜、
自然化粧品、食品、ホメオパシー関連書籍の販売予定
2F オフィス(CHhom事務局、とらのこ会事務局、日本ホメオパシー財団、
日本ホメオパシー医学協会、ホメオパシー出版)
3F CHhom第一・第二教室
日本ホメオパシーセンター東京総本部(相談会室)、
豊受のハーブ蒸し&マッサージルーム

新電話、FAX番号 2014年8月30日(土)から
■カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(シーエイチホムCHhom)
●CHhom新代表番号  

TEL03-5797-3250 

FAX03-5797-3251 
CHhom★homoeopathy.ac 

※以降メールアドレスは以下★→@変換下さい

URL http://www.homoeopathy.ac/
●CHhomショップ   

TEL03-5797-3252 FAX03-5797-3253 
ネット通販 URL:http://shop.toyouke.com/chhom/     

●商品のお取扱い(取扱所) 

TEL03-5797-3011   support★homoeopathy.ac

■ホメオパシーとらのこ会 
TEL03-5797-3255 FAX03-5797-3256   oasis★homoeopathy.gr.jp
ホメオパシーとらのこ会 運用 ホメオパシーダイヤル 
TEL03-5797-3135
■日本ホメオパシーセンター東京総本部
TEL03-5797-3136 FAX03-5797-3137  center★homoeopathy.co.jp
URL http://www.homoeopathy-center.org/
■ホメオパシー出版株式会社  
TEL03-5797-3161 FAX03-5797-3162
URL http://www.homoeopathy-books.co.jp/index.html
■日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
TEL03-5797-3073 FAX03-5797-3074  office★jphma.org
ホームページ      URL http://jphma.org/index.html
ホメオパシー新聞 URL http://news.jphma.org/
ホメオパシーテレビURL http://homoeopathy-life.jp/index.html#ustream
■一般財団法人 日本ホメオパシー財団 
TEL03-5797-3071 FAX03-5797-3072  
■日本豊受自然農 東京連絡事務所 TEL03-5797-3371 FAX03-5797-3372 
ホームページURL  http://toyouke.com/
ネット通販URL  http://ec.toyouke.com/

※新規事業展開の「豊受オーガニックレストラン」「豊受オーガニックショップ」、及び、JPHMA協力池尻クリニック(高野弘之院長)は11月オープン予定となっております。

新拠点でもスタッフ一同、皆さまの心、体の健康向上に貢献できる様、精一杯取り組んでまいります。引き続きのご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

CHhom東京校
スタッフ一同

2014年8月16日 (土)

英国の人気のサイト「Homeopathy Heals Me!」で、とらこ先生に中継インタビューがおこなわれました

ルイーズさんが個人で立ち上げており、毎日1500名が訪問する英国のホメオパシー仲間でも人気のサイト「Homeopathy Heals Me!(ホメオパシーは私を癒してくれる!)」に、とらこ先生のロングなインタビューが、掲載されることになりました。

Img_9099_512

今年5月、ロンドンで開催された、ICH&ECCHジョイント・カンファレンスでのとらこ先生の発表に感動され「TORAKOの記事を書きたい!」と申し出てきたルイーズさんですが、8月16日(土)の東京ライブ終了後に日英間を中継で結んで、ルイーズさんと、とらこ先生へのインタビューが実現しました。とらこ先生にじっくりと直接インタビューできた事で、益々感銘さが増されたようです。ルイーズさんは、伝統ある英国ホメオパシー医学協会(HMA)の広報担当としても活躍されており、HMAのジャーナルにも2ページ半にまとめられて、今回のインタビューが掲載される予定です。

今回は、ルイーズさん自身から、「由井会長の記事を書き、掲載したい」というご希望を連絡してこられました。
そして、今回のインタビュー自体も本質をついた素晴しいインタビューとなりました。さすが、HMA広報担当だけあって、質問の切り口も素晴しいですね。ルイーズさんからの質問項目もお知らせします。

由井会長の構想を直接で言葉を聞き「ワンダフル」と言わんばかりの敬意と愛情に溢れた表情をされていました。
インタビューを終え、「これだけの事を達成された人物は、ハーネマン以外、思い当たらない。TORAKOのことをもっと多くの方に知って貰いましょう。」 と仰っていました。ルイーズさんは、これから原稿をまとめられますので、ウェブサイトに掲載されるまで少し時間を要するとの事です。ウェブサイトに掲載された際には、改めてご連絡致します。

ルイーズさんのサイト【Homeopathy Heals Me! 】について
www.homeopathyheals.me.uk
リンク:約10,000
一日の訪問者数:約1,500名

ルイーズさんからのインタビュー依頼ととらこ先生への質問項目
Here are some questions and they are all quite BIG ones!  I think that will be more than enough to go on with! I am sure there will be plenty of fascinating information that will come out of them.
質問をお送りします。全てが大きな質問です!これらの質問で十分だと思います。
(とらこ先生の回答から)多くの素晴らしい情報が出てくると私は確信しています。

Kind regards,
Louise
敬具
ルイーズ
_______________________________________________________________

1.  When did you first get interested in homeopathy?
初めてホメオパシーに興味を持ったのはいつですか?

2.  Tell me how you started up your first homeopathy Centre in Japan?
どのように、日本で最初のホメオパシーセンターを開始したか、お話頂けますか?

3.  How many homeopathic practitioners are there in Japan and how many came out of the Centres you started?
日本では何名のホメオパスが居ますか?貴女がセンターを始めた時は何名でしたか?

4.  What was the most impressive cure you witnessed with homeopathy?
貴女が目の当たりにした最も印象深いホメオパシーによる治癒は何ですか?

5.  I believe you created a remedy to treat radiation victims in Japan after the Fukushima disaster?
福島の災害後、日本で放射能による犠牲者を治癒する為、レメディーを作られたと思いますが、それについてお話下さい。

6.  Do you use homeopathic remedies to grow crops and feed the soil?
作物の育成や土壌を肥やす為にホメオパシーのレメディーを使用されていますか?

7.  You did a presentation at the Children's Homeopathy Congress in Germany.  Tell me about that and which other Conferences have you spoken at?
貴女は、ドイツで開催された「子供の為のホメオパシーコングレス」で発表されました。
それについてお話下さい、また他には、どんなカンファレンスで発表されましたか?

8.  I believe you have a range of products that you have created.  Tell me about these.
貴女は広範囲に渡る商品を創り出されたと思います。それらについてお話下さい。

2014年8月14日 (木)

CHhom東京校より 8月末用賀移転、コングレスそしてベルギー問題などのお知らせ

CHhom(RAH)在校生 卒業生 とらのこ会員の皆様へ

残暑お見舞い申し上げます。さて、お盆休の時期、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。本日は、CHhom東京校の8月30日移転と最終ライブご案内、コングレス案内(特早割の8月18日(月)迄の延長)、8月26日の日経懇シンポでの由井会長発表決定と特典付チケット販売、ベルギー問題についてのJPHMAからのお願いなどの情報を御連絡します。

1.CHhom東京校(池尻大橋)から世田谷区「用賀」への

  移転に関するご連絡

CHhom東京本校&ショップ、日本ホメオパシーセンター東京総本部、ホメオパシーとらのこ会事務局は、新規事業展開のため、池尻大橋より、8月末に用賀に移転することになりました。お近くにお越しの際は用賀の新しい学校、ショップにもぜひお立ち寄りください。

池尻大橋での最終営業日 8/24(日)

      8/25(月)~8/29(金)お休み

新用賀拠点での営業開始日 8/30(土)

■移転のご案内  
東急田園都市線・池尻大橋駅のCHhom東京本校およびCHhomショップ、日本ホメオパシーセンター東京総本部、ならびにホメオパシーとらのこ会事務局は、8月30日(土)より新規事業展開のため、東急田園都市線・用賀駅に事務所を移転いたします。
今まで、池尻へご来場頂きまして誠にありがとうございました。移転により皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、引き続きの上記営業に加え、新たに、<新規・豊受オーガニックレストラン>、<新規・豊受オーガニックショップ>をオープンしてまいります。
変わらず皆さまのご愛顧と、ご来場を心からお待ちしております。

■臨時休業のお知らせ
移転引っ越しの為、8月27日(水)~29日(金)まではCHhom東京校・CHhom東京ショップは臨時のお休みをいただき、定休の8月25日(月)~29日(金)まで5連休となります。
※オンラインショップのCHhomショップ 物流センター(静岡)、CHhom札幌、名古屋、大阪、福岡校は通常の営業となっております。ご不便をおかけしますが、宜しくお願い申し上げます。
※オンラインショップのアドレスと物流センターの電話番号はこちらです。
URL:http://shop.homoeopathy.ac Tel:0557-86-3075 

■移転後営業開始日のお知らせ
新拠点では、8月30日(土)より、CHhom東京本校事務局、日本ホメオパシーセンター東京総本部事務局、CHhomショップ(仮設)、とらのこ会事務局から業務再開いたします。(月・火曜は定休日となります)

CHhomの授業は9月4日(木)のファミリーホメオパス、6日(土)の第3期 インターチャイルドセラピスト養成コース 初回(公開講座 無料)から始まります。

▼公開講座の詳細とお申込み

http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/201210.php

※グランドオープン記念のとらこ先生ライブは11月16日(日)を予定しています。

  詳細きまりましたらホームページ、メルマガなどで公開いたします。

■新規・豊受オーガニックレストラン、新規・豊受オーガニックショップ(11月オープン予定)
日々の食は、人の土台を作るとても大事な営みです。食事が大切なことは、伊勢神宮でも毎朝、夕に欠かさず、神様に供える日本の食事を奉納されていることからもわかります。日本豊受自然農の無添加の安心安全な食材を活かし、日本料理トップクラスの料理長がプロジェクトに参画する豊受オーガニックレストラン、大幅にオーガニック&ヘルシーな自然食材の品揃え拡充の豊受オーガニックショップは11月頃からグランドオープン、高野弘之院長によるJPHMA提携クリニックは11月頃から用賀でグランドオープンになる予定です。

■地図と住所

_512

■用賀での施設の内容
1F 豊受オーガニックレストラン&豊受オーガニックショップ(11月オープン)
※8月30日からはCHhomショップは、同施設内の仮店舗にて、豊受の野菜、
自然化粧品、食品、ホメオパシー関連書籍の販売予定
2F オフィス(CHhom事務局、とらのこ会事務局、日本ホメオパシー財団、
日本ホメオパシー医学協会、ホメオパシー出版)
3F CHhom第一・第二教室
日本ホメオパシーセンター東京総本部(相談会室)、
豊受のハーブ蒸し&マッサージルーム

新電話、FAX番号 2014年8月30日(土)から
■カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(シーエイチホムCHhom)
●CHhom新代表番号  

TEL03-5797-3250 

FAX03-5797-3251 
CHhom★homoeopathy.ac 

※以降メールアドレスは以下★→@変換下さい

URL http://www.homoeopathy.ac/
●CHhomショップ   

TEL03-5797-3252 FAX03-5797-3253 
ネット通販 URL:http://shop.toyouke.com/chhom/     

●商品のお取扱い(取扱所) 

TEL03-5797-3011   support★homoeopathy.ac

■ホメオパシーとらのこ会 
TEL03-5797-3255 FAX03-5797-3256   oasis★homoeopathy.gr.jp
ホメオパシーとらのこ会 運用 ホメオパシーダイヤル 
TEL03-5797-3135
■日本ホメオパシーセンター東京総本部
TEL03-5797-3136 FAX03-5797-3137  center★homoeopathy.co.jp
URL http://www.homoeopathy-center.org/
■ホメオパシー出版株式会社  
TEL03-5797-3161 FAX03-5797-3162
URL http://www.homoeopathy-books.co.jp/index.html
■日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
TEL03-5797-3073 FAX03-5797-3074  office★jphma.org
ホームページ      URL http://jphma.org/index.html
ホメオパシー新聞 URL http://news.jphma.org/
ホメオパシーテレビURL http://homoeopathy-life.jp/index.html#ustream
■一般財団法人 日本ホメオパシー財団 
TEL03-5797-3071 FAX03-5797-3072  
■日本豊受自然農 東京連絡事務所 TEL03-5797-3371 FAX03-5797-3372 
ホームページURL  http://toyouke.com/
ネット通販URL  http://ec.toyouke.com/

※新規事業展開の「豊受オーガニックレストラン」「豊受オーガニックショップ」、及び、JPHMA協力池尻クリニック(高野弘之院長)は11月オープン予定となっております。

新拠点でもスタッフ一同、皆さまの心、体の健康向上に貢献できる様、精一杯取り組んでまいります。引き続きのご愛顧を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

2.8月16日(土)東京校最終イベント報告

8月16日(土)には現東京校でラストの一般公開講演となりました。お盆休みの時期にも関わらず多くの方にご来場いただき、ありあがとうございました。

▼講演会の様子と感想

http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/816_1.php

Img_9008_512

学生・卒業生向け最終イベント 8月23日(土)24日(日)も卒業生は聴講可能です。

東京校では翌17日(日)、インナーチャイルドセラピスト認定試験、23日(土)はCHhomの2期生、3期生向けの由井学長のケーステイク講義となります。翌日18日(日)の新城ホメオパス、麻野ホメオパスによるマテリアメディカ講義にて最終となります。卒業生の方は聴講(有料)も可能ですので、合わせてご案内いたします。

Img_6963_512

新拠点オープンイベント

9月6日(土) 10:00~13:00
「インナーチャイルドセラピスト養成コース」(初回 公開講座

11月16日(土) 

とらこ先生ライブ グランドオープン記念ライブ開催(予定)

3.JPHMAコングレス特早割 8月18日(月)迄入金に変更!

  まだ間に合います!

2014
▼コングレス特設サイトはこちら

http://jphma.org/congress2014/

今回のコングレスでは日参加の料金より2段階もお得な特早割は8月16日(土)迄となっております。既にかなりな方からお申込みも頂いております。特早割締めが土曜日と銀行休業日に当たり、お盆の時期に重なることも考慮して今回に限り、8月18日(月)振込の方までは特早割での対象といたします。せっかくの機会です。ホメオパシーにお誘いしたい方、また、クライントさんなどにご案内ください。そして学術ケース提出の締切は、8月18日(月)!治癒した事例、その蓄積のPRがホメオパシーの有効性証明につながります。学生含め事例ある方はテーマだけでも18日(月)までに事務局迄ご連絡ください!
なお今回のテーマは「有事にそなえる心、体、命 すべてにホメオパシー」です。

ホメオパシー統合医療としての会長や会員のホメオパシーでの心、体の改善ケースが、メインステージ、そしてポスター掲示で発表されます。さらに、今回は「有事」、「災害」というキーワードから、東北、阪神などの大震災など被害に遭い、そこから真に生きる意味をつかみ健康を含め回復していった先達たちの体験発表も予定されており、今回も本テーマにあった来賓の講師の先生方の記念講演やパネルディスカッションも行われます。この春、JPHMAの砂田裕一理事や松尾敬子理事が中心となりアースデイ東京に出展し、その後も草の根のホメオパシー普及活動を続けている「エンジョイ・ホメオパシー」プロジェクトのメンバーたちも登壇予定です。日本のホメオパシー、年間最大のイベントを皆さんの力で大盛況にして、日本でホメオパシー時代の扉を開く、節目となるイベントにしていきましょう。

4.ホメオパシー、自然農が日本でも世に出て行く時代に!
日経懇(神谷会長主催)次世代のためのシンポジウムで

 8・26シンポジウムで千人を前に由井会長発表が決定!

Viewer

▼詳細コチラ

http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/20140826_2.pdf

8月26日(火) 日本経済人懇話会主催で年間最大のイベントで、環境省が後押しをする「次世代のためのシンポジウム」で、千人を前に由井会長が発表することが決まりました。由井会長の推進するホメオパシーや日本豊受自然農の活動を、地球の未来を考える経済人のキーマンたちに紹介したいということで、神谷会長からの依頼で実現したものです。

講演者

シンポジウムでは、津波の瓦礫から広葉樹の植林による森づくりで災害に強い海岸線での東北の復興を目指す植林では世界の第一人者 横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生、

日本の遺伝子工学のトップでありながら、笑いが免疫力を上げることを研究で証明し、サムシンググレートの存在を肯定する筑波大学名誉教授の村上和雄先生、

そして地球環境を日本でもメインの学問領域に引き上げた東京大学名誉教授の山本良一先生などが発表、

由井会長も一緒の舞台に立ち 持ち時間は限られていますが、農業、食からの日本と日本人の健康の復興とホメオパシー的生き方について発表の予定です。

なお、CHhom東京ショップで、このシンポジウムの特典付チケット(5000円 先着順枚数限定)を購入すれば、野菜、食品、化粧品、書籍から、レメディー、チンクチャーが25%引きで購入、注文が出来、初めての方は1回限定ですが本部健康相談も25%引きとなります。

このお得な特典をお見逃しなく。また200名を超える大懇親会でも由井会長が来賓挨拶のスピーチをすることが決まりました。

そして、今回の環境、次世代を考える相応しい懇親会の「食」として、神谷会長からの要望で日本豊受自然農からの食材提供も行われます。ホメオパシーや豊受自然農の活動が日本でも世の中に大きく紹介されていく場となります。このめでたい機会にも、ぜひ、お集まり下さい。

5.皆様に知っていただきたい ホメオパシーのベルギー問題

    ホメオパシーを愛する皆様へ JPHMAからのお願い

先日の由井寅子JPHMA会長の英国訪問の際には、ICH、ECCHでのカンファレンスでもベルギー問題について各国代表を前に提案を行いました。そして、ICHの対面ミーティングでも、由井学長がベルギー問題を優先課題として大きくとり上げました。由井学長は国民投票で圧倒的多数の支持を得て、国民の力でホメオパシーの保険適用を復活させたスイスの事例をとり上げました。ホメオパシーを愛する世界中の皆様と世界中のホメオパスが一体となって声を上げ、行動していくことは、今回の問題解決ではキーになると由井会長が世界に提案しています。
ベルギーの問題の経緯を簡単に説明すると、ホメオパシーを制限する法律を実施するために、一部の医師ホメオパス達が中心となり、医師9名、非医師1名の10名からなるホメオパシー委員会がつくられました。しかし、この委員会にはホメオパシーを愛する多くの国民やホメオパス達の声が反映されず、結果、ベルギー政府は、この委員会の検討結果をもとに、国民がホメオパシー療法を受ける自由や、ホメオパスがホメオパシー療法を行う自由が大きく制限された問題の多い法律を、国民のニーズを無視し強行したことです。
この法律の問題点は、多くのホメオパスがベルギーにいるにも関わらず、

①ホメオパシーをホメオパスでなく医師しか使えないとしたこと。

さらに、

②医師が使う場合も、ホメオパシー療法を、薬物療法など現代医学の治療を行った後などに限定し、さらにエビデンスで証拠が実証されている症例でしか使ってはならないとしたことです。

さらに、

③医師しかレメディーを使えない、即ち一般人も自由意思で使えなくなる懸念。

今回の法律で、ファーストチョイスとしてホメオパシー療法で対処していく自由が、医師からも、そして、ホメオパスからも、国民からも奪われるような形になりました。このことは、西洋現代医学で足りない部分をホメオパシーで補完しながら、ホメオパシーが統合医療の中に入ることで医療の質を上げ、そして医療費を下げていくという、インドやアメリカで行われている潮流にも反しています。これに対し、これまで伝統的に200年近くホメオパスという職業が受け継がれていたベルギーで、いきなりホメオパスは職業を失ったわけで、ホメオパスたちからも、またホメオパシー療法を受けていた患者や、これら受けようとした多くの国民からも、そのニーズを無視した法律の強行に非難の声があがっています。由井会長は、ベルギーのこの不当な決定に対し、国境を越えて、世界のホメオパスたちが他人事でなくベルギーのホメオパスたちを支援していくことが大事と主張、各国国民が声をあげ、手を携えて、自らや家族の命を守るため、ホメオパシーを選ぶ自由が失われないように行動していくことが、ホメオパシー、そしてホメオパスという職業を守ることになるとも主張しました。そしてその旨を手紙にも書いて、世界各国のホメオパシーのリーダーたちにメールました。これに対し、ベルギーのホメオパシー団体の代表からは、由井会長の提案に感激され、ベルギーの厚生大臣宛に海外からも合わせて100万人の声を届けることで、ホメオパシーを守りたいと協力要請がありました。そして、今、由井学長からは、日本はホメオパス、学生、そして、とらのこ会員に呼び掛けて、日本からも協力する旨を日本のホメオパス、このベルギーの提案に対処していくよう、世界で100万人の声を集めるためにアンケートフォームなどの準備にとりかかっています。
このベルギーの問題が教えてくれることは、会員が黙っていて、ホメオパスの職業や、国民がホメオパシーを受ける権利が保障されるものではないことです。逆に、ホメオパスや学生、ホメオパシー利用者が声をあげていくことこそ、ホメオパシーを守ることになります。ぜひ、これから皆さんにも送られるベルギー問題解決への声の協力に加え、学生やホメオパス1人1人が手を挙げて、ホメオパシーの素晴しさを、勇気をもって発信し、広めていってほしいと思います。まさにこれからの日本のホメオパシーの将来は、皆さんの1人1人活動にかかっています。また自身の勉強会やセミナーに加えて、とらこ先生ライブやコングレスなどにも来ていただいて、ホメオパシーに対する誤解を解き、またホメオパシーの素晴しさを知っていただくことです。ベルギー問題の詳細は、ホメオパシー新聞やジャーナルにて追って詳しく報告できると思います。大事なことは、ホメオパシーでの治癒ケースを持っておられる方々は、ベルギーの厚生省宛てに(送り先はJPHMA)、その内容をお書き頂きたいということです。また、1人でも多くの国民がホメオパシーの実践者になること、また推進者になることだと思います。ぜひ日本のホメオパシーを守り、発展させていく動きにもご協力を宜しくお願いします。

一連の由井会長からのベルギーのホメオパシーへの支援に対して本日ベルギーのホメオパシー団体代表ベルギーLHCロバート会長から御礼のお手紙が来ていますので、紹介します。

【紹介】
最愛なる会長、由井寅子さま

貴女からのEmailとご提案に多大な感謝を致します。
欧州において(ホメオパシーの扱いが)異なる点は、欧州連合の中での(ホメオパシーに対する)差別待遇といったところです。私は貴女から頂いたお手紙に全面的に同意しており、貴女の素晴らしい助けとともに、私達が全ての問題を解決できる事を願っています。
私も、これを乗り越えることを祈っています。
また、ベルギー政府がした事は、概して、患者とホメオパシーに対し、ひどく悪い原因をつくった事が分かっています。
正しいやり方で患者を助ける事を拒否する事は、この宇宙において、大変大きな間違いであり、このネガティブな原因は、将来、ネガティブな影響を及ぼします。私がわからない唯一の事は、このネガティブな影響がいつ訪れるかです。しかし、いつか、その日は来るでしょう。
ですので、そうならないためにも、最善のホメオパシー療法で患者を助け、守るため、同じ志を持った多くのポジティブな力が大変重要です。
これは、私の意見です。

改めまして、貴女へ大きな感謝を捧げます。
そして、私達を助けてくれる貴女の全ての会員の皆様のご多幸を祈り、感謝を捧げます。

ロバート

<オリジナル>

My dearest Chairwoman, miss Taroka Yui

Many thanks for your mail and proposal. Differences in Europe are like
discrimination about the European UNION. I agree totally with you and
have hope that we can come out of all the troubles together with your
beautiful help. Me too, I pray to overcome and know also that what
Belgium did is really a very bad cause for patient and for homeopathy in
general. Refusing for patients to help them in the right way is a very
big mistake in the universe and I trust our prayers that this negative
cause will have negative effects in the future. The only thing I do not
know is when this will arrive. But one day it will. It is therefore very
important that many positive forces, to help and protect the patients
with the best homeopathic treatment, have the same mind. That is my

opinion.
Again a big thank you
All my best wishes and thanks to all those members that will help us.
Robert

※ベルギー問題への対応詳細はJPHMAホメオパシー新聞、JPHMAジャーナルで詳報されます。ぜひご確認ください。

最後までお読み頂きありがとうございます。
引き続き新拠点でもご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

************
CHhom東京校
スタッフ一同

2014年8月10日 (日)

祝!とらこ先生8/26(火)「次世代のためのシンポジウム」で発表!当日25%割引でお得にお買い物も!

一足早くCHhomメルマガ情報を「ほめ日記」からお届けします。

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆
       
            CHhomメールマガジン
【速報】
 ★環境復興へ 自然農、ホメオパシーは はずせない! 
    とらこ先生のシンポジウムでの発表が追加決定!★

      日本経済人懇話会(神谷光徳会長)主催
      「次世代のためのシンポジウム2014」
      8/26(火)午後は、東京ベルサール汐留へ!

        CHhom東京校で25%OFF特典付チケット
          CHhom東京校で発売しています!

       【豊受&ホメオパシー関連の商品は25%割引付き】
        シンポジウム・スペシャル入場券(5000円)
           
        ※電話での予約受付もあり(TEL03-5779-8005)

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

天候の変化が激しい今日この頃、
皆さま いかがお過ごしでしょうか。

さて8/16(土)は、とらこ先生の奥義セミナー、そしてコングレス
の特早割の締切日です。特設サイトもオープンしました!
http://jphma.org/congress2014/

コングレス特早割お支払済の方には8月16日とらこ先生ライブの
特別優待の特典もございます。

ご本人様 特別料金1千円で参加優待します。
さらにもう1人様参加の場合 無料で招待という特典つきです。

・8月16日(土)10:00-12-30
「人生を楽に生きるための奥義 ~愛こそすべて~ 」
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/816.php
(※現CHhom東京校ではラストの講演となります。

  9月から東急田園都市線 用賀駅へ移転となります)

*****************************************************************

【速報】
 ★環境復興へ 自然農とホメオパシーは はずせない! 
    とらこ先生のシンポジウムでの発表が追加決定!★

*****************************************************************

20140429dvd_main 

経済界からのホメオパシーの応援団、神谷光徳会長が代表をつとめる
日本経済人懇話会の年間最大イベント「次世代のためのシンポジウム」。
とらこ先生が1千人を前に発表が決定しました。

先週は安保徹先生、白川太郎先生との対談&講演、そして今度は多くの
日本経済を支える方々を前にしての発表となります。いよいよ日本でも
ホメオパシーが世に出る時代となりました。

★協賛出展企業も本シンポジウム成功を全面応援★

お野菜書籍、化粧品、食品も、レメディーマザーチンクチャーもブースで
25%割引引購入可能。また注文ができる特別注文書つき、この機会を
お見逃しなく!!

★200人を超える大懇親会も楽しみです!

 次世代の健康を考えて豊受自然農から安心安全な食材も提供!
 とらこ先生の来賓スピーチも決まっています!

▼詳細・ちらしはコチラ
http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/20140826_1.pdf

★シンポジウムには話題の講師が登壇します★

◆宮脇 昭 (横浜国立大学名誉教授)◆

震災で津波を大きな被害を受けた東北地方の瓦礫の山を広葉樹の
植林により森に変える活動を行っている世界をリードする植林の第一人者。

◆村上和雄 (筑波大学名誉教授)◆

ノーベル賞候補にも何度もノミネートされた日本の遺伝子研究の
第一人者。サムシング・グレート(神)の存在を認め、笑いで病気が改善
する研究も発表。ホリスティックな医学の必要性に関しても言及。

◆山本良一 (東京大学名誉教授)◆

「地球環境の問題を考えることは、これからの次世代のために最も
大切なことである」と環境問題を先駆け、日本の学会に定着させた
環境問題の第一人者。

【豊受、ホメオパシー関連の商品はすべて25%割引付】

お野菜も化粧品も食品も書籍もレメディーやマザーチンクチャーも!
25%割引とお得! 当日ブースでの購入、注文が可能!

CHhom東京ショップでシンポジウム・スペシャル入場券(5000円)
を発売中! 数に限りがあり!先着順です。お早目に!!

また、日本ホメオパシーセンター東京本部では新規にホメオパシー
相談をお申込みの場合に、1回のみ3ケ月以内お申込みの方は
25%OFFとなります。

枚数に限りがありますので、先着順で定員に達し次第。締め切らせて
いただきます。

あらかじめご了承ください。

  ★お得なチャンスです! ご購入をお待ちしています。★

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

インナーチャイルドセラピスト養成コース第1回 9/6公開講座開催!
http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/201210.php

 インナーチャイルドコースは9月から通学コース、11月から
 初のeラーニングコースもスタート!

 ▼紹介映像、資料請求などはコチラから
 http://www.homoeopathy.ac/innerchild/

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

 8/10(日) とらこ先生座談会 「難病とホメオパシー」
 参加者の皆さんに、気づきの多い講演になったようです。

 ▼参加者の感想 
 http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/810.php

※次回座談会は10月5日 東京・用賀の新校舎から
 「鬱、拒食症、過食とホメオパシー」
 http://www.homoeopathy.ac/11reserve/216_1.php

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆
 
        JPHMAホメオパシー新聞から 

2014年8月10日 (日)
「朝日新聞の捏造  慰安捏造記事とホメオパシー捏造記事の共通点」
http://news.jphma.org/2014/08/post-c8f4.html

2014年8月10日 (日)
「コングラチュレーション! 由井寅子会長が
米「インターネット・ジャーナル・オブ・ハーバル・アンド
・プラント・メディスン(IJHPM)」の編集委員に就任!」
http://news.jphma.org/2014/08/post-feee.html

☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………☆

今回もお読み頂き、ありがとうございます。

本メールはCHhomより送信しております。

※このメールはCHhomメルマガ希望の方に配信しております。
CHhomメールマガジンの「新規登録」「配信停止」は
こちらからお願いします。
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?

m=html_dsp&out_html=mailmag_chhom

----------------------------------------------------
■配信元
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシーCHhom
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-30-14
TEL:03-5779-8005 / FAX:03-5779-8006
E-mail:chhom@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/

----------------------------------------------------

2014年8月 8日 (金)

人生相談に登場の福島の阿倍農園から無農薬の桃が届きました

とらこ先生のホメオパシー人生相談にも登場した福島市の阿倍農園から、アクティブプラントを使って無農薬で栽培された桃が届きました。

Img_8519_512

数には限りがありますが、明日からCHhom東京ショップでは即売されます。

Img_18480_512

▼第16回配信 とら子先生の人生相談  

   阿倍農園を訪問した映像も流れています。

「震災から2年。被災地を訪ねて」 12分49秒くらいから

http://www.ustream.tv/recorded/29868213

2014年8月 6日 (水)

ワールドフォーラム 8月3日(日) 統合医学を結ぶ公開講演会参加者アンケート

●安保先生、由井先生、陰山先生、山本先生、白川先生の話を聞かせて頂けたのは本当に感謝です。こんな機会はめったとなく…ラッキーでした。ホメオパシーもはじめてで安保先生もはじめてでよかった。たのしく参加させて頂けた。本を買ってよんでみたいです。ありがとうございました。

Fbjjbbed_512_2
●安保先生のお話を聞きたくて参加しました。すごく分かりやすくおもしろくて、なるほど〜と思うことがたくさんありました。笑いのツボもおさえていてすごく楽しかったです。この様な機会をありがとうございました。白川先生は、対談を着地点に引き戻して下さって、大事なことをたくさんきいて下さってありがたかったです。由井先生のインナーチャイルドに心のもんだいとメンエキの心の影響がつながってすごいなと思いました。
●講演者の方々のそれぞれの方面からの「実践結果」がすごい!その一言に付きました。語っている方ご本人の体験あってこその力強い説得力だと思います。「原因」は原因であって、悪ではないということが、今回感じたことでした。ありがとうございました。
●今日は豪華な顔ぶれで素晴らしい話をたくさん聞けました。ありがとうございました。特に、由井先生のお話が体、心、薬、罪悪感、食事、農業と多方面からの分析、取り組みがあり、さらに心を打つ、素晴らしいお話で大変感動しました。安保先生もとてもチャーミングですっかりファンになりました!!
●今日は本当に夢の競演でしたね♪ 本当に無理してでも行った甲斐がありました。本当に素晴らしい講演会でした。
●未来の医学を見た気がします。今日の発表者の方々がいることであらゆる矛盾が解決できそうです。由井先生の発表すばらしかったです。

Acedhjgg_512_2
●由井先生がつねにおっしゃることを、別のすばらしい先生方が言葉は違えど同じことをおっしゃったことに感動しました。今までもたくさんの先生方の講演に参加させていただきましたが5人もの先生方のたどりつくところが同じだと感じるものはなく、本当になにかの動きがあるんだなあと思います。白川先生が おっしゃっていた、言っているだけでは足りない時期に入って、実際に動く必要性の高さが良くわかりました。陰山先生の食のお話は、由井先生のお話をさらに理解を深めるものになりました。時間が足りなくて、もっと聞きたかったです。由井先生のお話は何度聞いてもきくたびに新しい発見があります。先生方ありがとうございました。今回の講演をセッティングしていただいたスタッフさんたちありがとうございました。

Gihhhdfg_512
●由井先生のご講演は、魅力的でした。おはなしの中に日本人は、自己卑下や罪悪感をもつ人が多いということには、驚きました。
●今日はこんなにも豪華な顔ぶれの、その世界での第一人者の方々のお話を聴けて、本当にしあわせな一日でした。どの先生のお話ももっともっと聴きたかったです。中でも、安保先生のお話、一日中ずーっと聴いていたかったです。(安保先生の体力、氣力がゆるせばですが(笑)...)ぜひぜひ。10月のコングレスで、また夢のようなコラボの実現、トークセッションの実現、期待してます。このような場の実現にご尽力くださいましたみなさま。本当に本当にありがとうございました。
●今日はすばらしい先生方の講演をきくことができて参加できて本当に良かったです。白川先生は、医者としてのほこりと情熱を感じ、たよりになる、すばらしい先生だと思いました。これからのご活躍を心から応援しています!!安保先生、あまりにもおもしろすぎました!!もっとたくさんのお話を、お聞きしたかったです。寅子先生、愛がいっぱいで、たくさん涙が出ました。とてもすばらしかったです!!
●安保先生の講演ははじめてでした。ユーモアたっぷりあり、腰が低い良い人柄が伝わってきました。又、陰山先生の口腔の話はあらためて西洋イガクの大切さを理解するきっかけになりました。山本先生のお話も実践できることなのできいてよかった。白川先生のお話もわかりやすかった。

Wf01
●医療とホメオパス(代替医療)Goalが同じであること。すっと頭に入ってきました。自分で感じる(人に任せない)生活をしたいです。
●有意義な時間をありがとうございました。今まで常識と思っていたものを0に戻し考え直したいと思います。先入観を打ち破るのはむつかしいですが…。
●すばらしい先生方の貴重なお話しが聞けたことに感謝致します。まだまだ現代医学の偽りの話し方に反対してもっと広めていくことを思いました。
●非常に有意義な時間をすごさせていただきました。運営も講演もどちらも非常にスムーズで集中して望むことができました。ありがとうございました。
●とにかく充実したセミナーでした。すばらしいです。とてもとても勉強になりました。腑に落ちる感じでした。また、参加したいと思います。
●非常に楽しい内容たっぷりの講演でした。色々な先生方の話を聞けたのは嬉しかったのですが、一人の先生の話す時間を長くしていただけたら嬉しかったです。(2日連続でやるとか)

Egjifdce_512
●すばらしい先生方のお話をきけて感謝です。どの先生もご自分の熱い活動されているのが伝わってきました。日本の医療にいつも矛盾を感じている中、先生方にお会いできてほんとうにうれしくなりました。また是非このようなチャンスを楽しみにしております。
●医院が恐い、薬が恐い、行きません。ホメオパシー7年目元気です。免えき力UPにし、のんきに暮らし幸せ。由井先生はもちろん安保先生のお話最高!!73才
●どの先生のお話も、大変興味深く楽しく拝聴しました。今の通常医療に疑問を持つ人が、実際に納得できる医療を受けられる場所づくりをしていくことが大切とよくわかりました。
●安保先生の話とても楽しく聞かせて頂きました。謙虚でマイペースな姿に感動しました。益々総合医療が世に広まります様にお祈り申し上げます。
●とても基本的なお話だったがとても意義強かった。改めて自分が自然に感じることや自分と信じることの大切さを感じました。
●大変おせわになりました。白川先生のお話をゆっくりお伺いしたいと思いました。スタッフの方々ありがとうございました。
●盛りだくさんだったので、もう少し、1人の先生の話を、ゆっくり聴ければよかったかなぁ…という気もしました。
●メールをいただいて、関西から急きょ参加させていただきました。感動の一日でした。
●なかなか一同にお目にかかれない先生方のお話がきけて、有意義で楽しい時間を過ごすことができました。
●先生方のお話すごく参考になり、もっとじっくりお聴きしたいです。ありがとうございました。
●素晴らしい先生方ばかりでとても勉強になりました。『ガン』についてのテーマをもっと広めて欲しい
●とても楽しく聞かせていただきました。また参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。
●素晴らしい一日でした。未来の医療に希望を感じられ本日の講演のこと多くの方にお伝えしたいです。
●すばらしいお話ばかりで今後の自分の生活にどんどんと取り入れていこうと思っています。ありがとうございました。
●病気の事がよく理解できました。自分で治すのがいちばんです。
●朝からでしたが、あっという間のためになるお話の数々ありがとうございました。
●大変興味深かったです。ぜひもっと詳しくお話を聞きたいと思いました。
●勉強になりました。ありがとうございました。
●すばらしい会に有難うございました!
●いつもすばらしいお話しありがとうございます。
●参考になる沢山のお話が聞けてよかったです。
●医療の現状と今後の展開についてもっと知りたいと思いました。
●今日は一番いい講演会です!

8/3(日)【東京】「統合医学を結ぶ!」公開講演会 立場を越えそれぞれで第一人者の統合医療家たちが手を結ぶ画期的なイベントとなりました。

Wf01_512

ワールドフォーラム主催 「統合医学を結ぶ!」公開講演会に 安保徹先生、白川太郎先生、陰山康成先生、山本敏幸先生と一緒にとらこ先生が招聘され登壇。まさに日本の医療の未来を開くパイオニアの先生方が、免疫学、統合医学、和合医療、食育、ホメオパシー統合医療と、それぞれの立場からお互いを認め、そして手をつないだ感動的なイベントとなりました。参加された皆さんにも癒しと気付きを与えた今回のイベントは大盛況の中、幕を閉じました。 

Edejdiag_512

★まずは、その感動を参加者アンケートからシェアください。★

http://blog.homoeopathy.ac/2014/08/post-8c31.html

Iggjcfjg_512
Dscf1275_512

Hfgejcic_512

 

Dscf1291_512

8月晴天の夏空の下、朝から多くの参加者が詰めかけました。

まず最初に主催者の佐倉(直海氏)より挨拶があり、「免疫学の世界的権威から、統合医学、ホメオパシー、和合医療、食育まで、さまざまなジャンルの巨人たちが、一堂に会して手を結ぶことによって、それまで個々に抱えていた困難を突破して、新たな地平線を発見できる」よう、今日ここに、「統合医学を結ぶ!公開講演会」を開催する旨の主旨説明がありました。

続けて「統合医学を結ぶ本日登壇の5人の講師の紹介があり、

Wf14

とらこ先生は午前の部、1番手として登場、午後の講演と2回に分けての発表となりました。2回の発表を通じて、ホメオパシー統合医療「ZENメソッド」によって、鬱などの心の問題、アトピーや発達障害、子宮頚癌ワクチンの副作用被害までもが劇的に改善していく様子に、会場の方々は時に身を乗り出し、食い入るように画面を見つめ、時にクライアントさんの変容に涙を流して共感していらっしゃいました。また、ホメオパシーのレメディーを使って日本を自然型農業から元氣にしていこうと取り組んでいる日本豊受自然農の活動や、東日本大震災の被災者そしてその復興を支援するとらこ先生の姿勢に共感される方も多かったようです。Bajdjiei

Abhachdi_512

Gidecifi_512

続けて司会をつとめる主催者の佐倉氏から、これから鼎談を行う3人の紹介がありました。

世界的な免疫学の権威であり、免疫学上での発見から医学界の常識を塗り替えられた安保徹先生。

統合医学医師の会の会長で、元京都大学教授で、初めて統合医学のカリキュラムを京都大学医学部に導入し、統合医学の人材を育ててこられた白川太郎先生。

そして、様々な化学物質によって汚された地球、そしてその結果、難病に苦しむお子様たち、またそのお母様に寄り添って臨床を続け、また統合医療の人材育成にもつとめるとらこ先生という初顔合わせの対談が実現したことが佐倉氏から紹介されたのち、マイクがバトンタッチされた白川太郎先生が鼎談の進行役をつとめてくださいました。

白川先生のウィットに富む絶妙な進行に鼎談は大いに盛り上がり、現在の医療の問題点、統合医学に求められる国民のニーズ、日本での統合医学教育の在り方、統合医療を推進する先生方と国民双方に求められる態度など。日本の統合医学の普及についての本質的なテーマにまで話しが及び、まさに、「統合医学を結ぶ」大変深い内容のトークとなりました。

Acedhjgg_512

Dscf1333_512 

Bgdahifa_512

Ajeajbje_512

Aahciedj_512_2

Dscf1334_512 

休憩時間など出展ブースのコーナーも大盛況、山本敏幸先生推奨の「ガイアの水135」試飲や書籍販売も好評でした。

Fbjjbbed_512

Fcjihbhc_512

Jibjacbf_512

Dscf1375_512

とらこ先生の「インナーチャイルド」関連書籍が昼休みで売切 急きょ取り寄せるなど本販売も人気!

Hheaddfd_512 自然農の農家がつくる石油由来無添加の化粧品など 自然志向の商品などにも注目

Dscf1341_512

午後の一番の講演には、統合医学医師の会の会長をされており、また、今回の公開講演会でも協力団体として参加されている統合医学健康増進会の代表もつとめておられ、療法家だけでなく、統合医学を求める患者さん側のニーズにも熱心に応える活動を実践されている白川太郎先生が登壇されました。

京都大学医学部において日本で初めて統合医学の医師向けの総合的な教育プログラムを実践された先生でもあります。また、末期がん治癒でも6割以上の治癒有効性を確立された先生でもあります。発表では、統合医学とは何か、また統合医学に求められるニーズは何かを客席に問う。対話型の講演からスタートしました。発表では、統合医学への国民のニーズ応えるために、統合医学、そして医療に携わる側は何を提供しなければならないのか。医師としての姿勢を真摯に問いかける内容となりました。

Cdaeaeef_512

日本の統合医学は既に啓蒙の段階は終え、結果を出さねばならない時期にあり、実際にそれぞれの分野で有効な実践を行われている先生方が手をとり合って統合医学を実践するシステムや場をつくっていかなければならないことを言及。そうでなければ統合医学を推進する医師たちも国民に見放されるとも語られました。そして、医師の立場からも、戦後の日本の医療において、これだけ大量な医療費、研究費を投入してもがんなど多くの疾病への有効な改善がみられていない点を真摯に反省し、議論ではなく統合医学の実践で結果を出していく責任と決意を語られました。

Dscf1347_512

Hejgdigf_512_2

続いては、和合医療を実践する高輪クリニックの陰山康成先生が、日本の伝統医学と現代医学をつなぐ「和合医療」の取り組みをわかりやすく発表されました。出演され大きな反響を読んだTV番組の映像を交えながら、これからあるべき国民のニーズに応える統合医療の形についてご提案されました。高輪クリニックで行われているように、医師がもっと国民のニーズに合った求められる医療を提供する必要性を国際和合医療学会のトップとして語られました。またご専門の歯科治療についても、今の歯科治療の問題点をあげ、求められる、これからのあるべき歯科治療の姿を提示され、頼もしく、迫力があり、元氣を与える発表となりました。

Wf03

Dscf1353_512

その後に登壇された山本敏幸先生は、自らも難病を克服され経験から、この10年で2000回を超える「食育セミナー」を開催され、「1ヵ月で血液をキレイにする健康法」の著書なども出されている先生です。今回の発表では精神病からアトピー、癌まで、「夫婦でうつらない病気は、すべて個人で予防、治療ができる」というユニークな視点からお話をされました。そして。日本人の健康には、神棚にも供えられる水、玄米、お塩についての本当の健康常識を知ることがいかに大切であるかなど大変興味深い発表をされました。

Wf04

Dscf1362_512   

そして、山本敏幸先生の発表が終わった後に、主宰者の呼びかけにより、今回登壇の安保徹先生、白川太郎先生、陰山康成先生、山本敏幸先生、とらこ先生と5人の先生方が同時に舞台に上り、今回の公開講演会の意義を一言ずつ語られました。

陰山康成先生は、和合医療の基本の考え方を話され、「腸内環境」「口腔内環境」の重要性を述べられました。

Dscf1364_512

山本敏幸先生は、陰山先生の発表を引き継ぎ、「口腔内環境」、噛みあわせや金属を入れないことなどの重要性と、ゆっくりと噛むことと感謝して食べることできれいな血液で健康になれると話されました。

とらこ先生は、「病気はあなたの自然に生きている姿が不自然になったから起こるお知らせでありますので、病気はありがたい。今まで自分の欲で心も体も突き動かしてきて病気になったのだから、自然体に生きることが最も大事である。喜びを感じながら生きてほしい」と話しました。

安保徹先生は、「病気にならない生き方を研究しているが、今日は他の先生方の発表を聞いて大変参考になった」と話されました。

Ibighcjh_512 

そして、白川太郎先生は、まず研究者は食わず嫌いせず試してみることの重要性、医者の側としては国民の信頼を得られるように努力が必要であること、そして、もっと若い医師がこういった場に参加してほしい、自分たちが受けてきた医学教育を振り返り、これからを担う若い医師たちが医療にもっと統合医学を含めた医療改革に参加してほしいこと、国民の側からも、統合医学に対する声をもっとあげてほしいことなどを話されました。

Dscf1371_512

Bfcichba_512

Eeijhgbd_512

Gdbgceaa_512

最後に司会をつとめた佐倉氏が、「こうして5人の先生がたが一堂に会して考え話し合って、これはこうだよね、そりゃそうだよねと確認しあえるだけで、医学会の常識なんて変え得るんだという実感を、会場にご参集された皆さまも実感されたのではないかと思います。そしてみんながそれを当然のことのように実感した瞬間に意識が変わり、この世の中は素晴らしいスピードで変わり得るのだと信じています。」と締めくくられました。

そして佐倉氏からの提案で、横一列に並び5人が手をつないだ瞬間は、日本の統合医学の各分野のパイオニアがお互いを尊重し結ばれた新しい時代を開く印象的なシーンとなりました。多くの参加者の皆さんがこの様子を写真に収められていました。

Wf01_512_2

Bcchbajj_512

午後のとらこ先生の講演では、重度の発達障害で苦しむお子様のケースが発表されました。とらこ先生の健康相談会を経るごとに、レメディーで劇的に改善していった重度の発達障害の時系列の映像は特に印象的でした。会場では涙を流して共感されている方も多くいらっしゃいました。日本豊受自然農の活動や、東日本大震災の被災者そしてその復興を支援するとらこ先生の姿勢には胸をうつものがありました。

Dscf1381_512   

日々のホメオパシー健康相談での実践の1つ1つの積み重ねこそが本当に尊いことだと教えてくれる発表でもありました。実際、フォーラム終了後に行われた懇親会でもとらこ先生のこの発達障害のケースの話題が度々上るなど、参加者に与えたインパクトの大きさを伺い知ることができました。 Gieidffc_512

日本で今、問題なのは、世界10億人以上が利用するホメオパシーにしても、また他の先生方が発表された有効な統合医療にしても、国レベルでは統合医療の普及がなかなか進んでいかない現状です。特に、推進に抵抗している方々の中で、科学的に証明されたデータがないとその療法は信じられないと EBM(エビデンスに基づく医療)に固執する方々が目立ちます。しかし現代西洋医学でも治療法が確立されていない難病が多い一方で、これらの難病が様々な統合医療の組み合わせで治癒している事実が多くあります。そしてその1つ1つの治癒の症例、すなわち治ったという事実の重みを考えた時、EBMで証明されていないから非科学的と杓子定規に決めつける態度の中に療法家の側に愛はあるのでしょうか。EBM至上主義に固執し、統合医療の導入を先送りにしている一部の方々の態度にこそ、今ここで病気に苦しんでいる人々の統合医療への切羽詰まったニーズをないがしろにしているのではないでしょうか。結果的に患者が求めている統合医療での治癒へのニーズが、先送りにされたり、EBMがある部分に限って統合医療を認めようなどと、ホメオパシーのような安全な療法でも、データがそろっているケースに使用範囲が限定されたり、本末顛倒、その恩恵が国民に行き渡らない事態を招いています。

一方で今回実現したように、ホメオパシー統合医療をはじめ、今回発表された統合医療での成功症例を多く持つ療法家同志が、また国民と一体になって、健康へのニーズに垣根を越えて取り組むことで、日本でも統合医学の未来を開ける!希望を感じさせてくれました。

引き続き、安保徹先生の発表が行われました。

Wf07

Hffheaie_512 

Dscf1383_512

Ehdfajag_512   

まさに免疫学の大家で皆さんお待ちかね、そして期待にそぐわぬ素晴しい発表となりました。安保先生が2010年に辿り着いた健康であるための極意、生命エネルギーアップで病気を克服するため知っておかなければならない大切なことなどもわかりやすくお話されました。会場全体が皆大笑いしながら安保先生の講演に魅了されていました。安保先生の持つ素晴しいキャラクターも相まって、安保先生の講演を聞くこと自体で参加者の皆さまが心まで癒されて免疫力をあげて健康になっていく、そういった最高の発表で今回の公開講演会は締めくくられました。

Dagafddb_512

Fdejafij_512

Bbhcbcaa_512

【その他 当日のトピックス、エピソードを少し・・・】
当日、とらこ先生の発表を観た安保先生より感動のメッセージがありました。
「ホメオパシーで治癒したケースやインナーチャイルドを癒したケースを観て、思わず涙が出そうになりました...とても感動しました!」と。Gcjcbdfc_512

実は安保先生と、とらこ先生は、今回が初対面。安保先生にとらこ先生との対談を主催者から提案した際に、安保先生からは「対談だけでなく、とらこ先生の講演から聞きたい!」と予定を調整され、午前11時のとらこ先生の講演の初めから、安保先生は参加してくださいました。

また、お昼は日本豊受自然農のお野菜を使った料理、豊受自然農の味噌で煮込んでつくったサバ味噌煮など海の幸も入った「豊受弁当」が登場。安保先生、白川先生、山本先生、ワールドフォーラムのスタッフの方がとらこ先生と一緒にお昼に召し上がられました。2年前から市民農園での農業を実践されている安保先生からは「豊受自然農の野菜はとてもおいしい!」とコメントをいただきました。他の先生方も、豊受の野菜を「素晴らしい!」とおっしゃっておられ、なかでも「豊受のシソジュースはうまい!」とおかわりして飲んでおられました。

Dscf1280_512

懇親会では、雑誌「豊受」でも紹介されているエリック・クラプトンさんと、とらこ先生とのエピソードなども話題となりました。

Gacicaia_512

ブースで即売された豊受の自然農の野菜も評判で、山本先生の「食育」の発表も当日行われ、ホメオパシー療法に加え、統合医療の中での「食」や「農」とのつながりやその重要性を意識できた1日となりました。

そして、アースデイ東京2014に続き、「日本ホメオパシー医学協会の【エンジョイ・ホメオパシープロジェクト】」も活躍。子宮けいがんワクチン被害者の家族を支援するための缶バッチチャリティー販売も行われました。

Dscf1377_512

Dscf1298_512

Dscf1292_512

Dscf1297_512

Dscf1296_512

今回、全国子宮けいがんワクチン被害者連絡会の事務局長もその場を訪れバッチを購入されました。事務局長からは被害者支援に感謝の気持ちを伝えられ、サプライズとなった交流の場もありました。また子宮けいがんワクチン被害者家族の方が経済的にも苦しい方が多いとその窮状を聞かれたとらこ先生が胸を痛められ、ワクチン被害者の方へのホメオパシー健康相談を1年間は無料で行おうという提案をおこなっており、今回、とらこ先生と被害者家族を支援する会の事務局長との初めて面会の場も実現しました。

病気に苦しむ患者さんと療法家をつなぐ出逢いなどもあり、まさに「統合医学を結ぶ」講演会となりました。

世界でもとらこ先生の難病を治癒に導くホメオパシーZENメソッドがホメオパシー療法家の間ではブームのような状況なっていますが、日本でも、統合医学の扉が開き、その中で、とらこ先生のホメオパシー統合医療もさらに世に出ていき、統合医療として手を結ぶ時代に入りました!

★第15回JPHMAコングレス開催★
10月18日(土)、19日(日)には、皇居に臨む二重橋の東商ホールで、第15回日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレスが開催されます。今回のテーマは「有事にそなえる 心、体、命 すべてにホメオパシー」。全国で活躍するホメオパシーの仲間たちが、これからの有事や災害の時代にも、ホメオパシーを使って力強く生き抜いていくための体験発表やホメオパシーの治癒ケースを発表します。とらこ先生や、これから災害などをホメオパシーで乗り越えてきた様々な体験者の発表も予定されております。また、統合医学を結ぶとらこ先生、そして来賓の講演も予定されており、間もなくホームページで発表となります。大変お得な特早割は8月16日までとなっております。年間最大のホメオパシーのお祭り、イベントにぜひお集まりください。

20140720paper_1a_512

http://jphma.org/activity/20140720.html

★日本人の叡智を結集して地球を救おう!★
        「次世代のためのシンポジウム2014」
   8月26日(火)午後 東京ベルサール汐留に集まれ!
           とらこ先生も緊急参加へ

                千人シンポジウムで、とらこ先生も発表決定!

       CHhom東京校でチケットご購入の方限定の
     【豊受&ホメオパシー関連の商品はすべて25%割引付き】

        シンポジウム・スペシャル入場券(5000円)
           CHhom東京校で発売します!
          ※電話受付もあり(TEL03-5779-8005)

Photo

Photo_3

★ワールドフォーラムとは・・・★

日本航空勤務時代から、34年前に故佐宗邦皇代表が開始された勉強会で、「真実が未来を拓く!」をテーマに様々な方を講師に呼び、各界にリーダーを輩出してきた伝統あるフォーラムです。佐宗代表は2009年8月8日ワールドフォーラム講演中に倒れ翌朝急逝されましたが、その後も、これからは医療の改革は重要と話されていた代表の遺志を継ぎ有志の方々がこの活動を続けておられます。

2010年8月下旬 日本学術会議の会長談話が発表されホメオパシー・バッシングの真っ最中であったにも関わらず、バッシング前から決まっていた2010年10月のワールドフォーラム創立30周年記念の記念講演にはとらこ先生が招聘され講演しました。国民が真実のホメオパシーを知ることが未来の日本の医療改革には必要であり、とらこ先生のホメオパシーは本物であるという主宰者の確信からだったそうです。とらこ先生と共演候補の講師(医師)がバッシングの中、次々と出演を断られる中、ホメオパシーを実践する医師として、陰山康成先生が由井会長と一緒に当日、講演をされました。そして今回はその時以来のとらこ先生のワールドフォーラム登壇となりました。

今も「故佐宗邦皇氏を永久代表とする、ワールドフォーラム」主宰の佐倉氏は、安保徹先生が特別顧問をされている「統合医学医師の会」を支える「NPO統合医学健康増進会」の理事。仲間と共に安保先生や統合医学医師らのワールドフォーラム連携企画講演会を重ねてきました。また、陰山先生らが立ち上げた「(社)国際和合医療学会」発足時の代表発起人のひとりに名を連ねたご縁により、ワールドフォーラム創立30周年記念講演に、陰山先生にとらこ先生と共に登壇をお願いする運びにとなったとのこと。

2010年10月は折悪しく日時が折り合わないながら「いつでもワールドフォーラムで講演しますよ」と約束頂いていた安保徹先生のワールドフォーラム登壇が決まってすぐ、とらこ先生と陰山先生に登壇打診をされたのは、「縁の成就」を何より大切にする佐倉氏の思いがあったとのことです。

(▼2010年10月のワールドフォーラム創立30周年記念講演会 当日の模様)
http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/20101009_worldforum.php

ワールドフォーラム、今年6月の例会では、昨年のJPHMAコングレスに登壇された内海聡先生が講演。9月21日(日)のワールドフォーラム講演では「薬を飲まない薬剤師の実践塾」として、発売2ケ月で10万部のベストセラーになっている薬剤師で国際感食協会理事長の宇田川久美子先生(NPO法人統合医学健康増進会 理事)の講演が行われます。尚、9月28日(日)NPO法人統合医療増進会の講演では JPHMA提携池尻クリニックの医師でCHhomで由井学長の下、ホメオパシーを学んだ高野弘之医師(統合医学医師の会副会長)のと自然育児を提唱する小児科医の真弓貞夫医師が「医者いらずの子育て家庭学」の講演を行います。このように、日本も統合医学とホメオパシーがつながり、新しい医療の時代の扉が開かれる時期に入りました。

★出展ブースのにぎわいも公開講演会に花を添えました★

Dscf1301_512

ロビーでは、日本人を元氣にするため本フォーラムや今回発表された先生方をサポートする各種団体のブースで大にぎわいとなりました。ワールドフォーラム(過去の人気勉強会のDVDを会場限定で特別価格で販売)、NPO法人統合医学健康増進会(代表 白川太郎先生/活動紹介)、日本ホメオパシー医学協会 エンジョイ・ホメオパシープロジェクト(子宮けいがんワクチン被害者の家族の支援チャリティー)、(社)国際和合医療学会/高輪クリニック(和合医療関連の資料配布/検査割引チケット配布)、日本豊受自然農(自然農お野菜や化粧品の即売)、EGAWO/ ホリスティック ヒーリング(小林びんせい先生の自然療法/体験)、ホメオパシー出版株式会社(とらこ先生の書籍販売)、有限会社ビビアン(山本敏幸先生推奨の「ガイアの水135」/体験と書籍販売)、精神薬の薬害などの問題を啓発する市民の時人権擁護の会(とらこ先生との対談がDVDで「数字で見る日本の精神医学の現状」として発売されている小倉謙さんが薬害啓発のDVDを参加者に特別に無料で配布されました)、CHhom、(スクール紹介、ホメオパシー健康相談割引受付)、株式会社 丼新堂(温熱治療器/セラミック熱盤温灸器「On-Q」のご紹介)、ホメオパシージャパン(レメディーの販売やマザーチンクチャー、フラワーエッセンスの紹介)

Dscf1306_512a

ロビーでは市民の人権擁護の会による薬物乱用・薬害などを啓発DVDの配布も行われました。

Wf13

ロビーでは統合医学のイベントにふさわしく治癒症例のパネル展示も行われました

Wf12

受付はじめ当日のイベント運営は30名以上のボランティアスタッフが、主催のワールドフォーラム、協力団体の統合医学健康増進会、山本敏幸先生関連の有限会社ビビアンや協賛のホメオパシー関連の団体などから参加。ボランティアの皆さんの協力により当日はスムーズなイベント運営がはかられました。

会場に備え付けのプレゼン機材がなかったため、プロジェクター、DVD上映システムなどプレゼンテーション機材一式、オペレーターおよび、午前の部の会場はCHhomが提供・協力しました。

講義の感想

●安保先生、由井先生、陰山先生、山本先生、白川先生の話を聞かせて頂けたのは本当に感謝です。こんな機会はめったとなく…ラッキーでした。ホメオパシーもはじめてで安保先生もはじめてでよかった。たのしく参加させて頂けた。本を買ってよんでみたいです。ありがとうございました。
●安保先生のお話を聞きたくて参加しました。すごく分かりやすくおもしろくて、なるほど〜と思うことがたくさんありました。笑いのツボもおさえていてすごく楽しかったです。この様な機会をありがとうございました。白川先生は、対談を着地点に引き戻して下さって、大事なことをたくさんきいて下さってありがたかったです。由井先生のインナーチャイルドに心のもんだいとメンエキの心の影響がつながってすごいなと思いました。
●講演者の方々のそれぞれの方面からの「実践結果」がすごい!その一言に付きました。語っている方ご本人の体験あってこその力強い説得力だと思います。「原因」は原因であって、悪ではないということが、今回感じたことでした。ありがとうございました。
●今日は豪華な顔ぶれで素晴らしい話をたくさん聞けました。ありがとうございました。特に、由井先生のお話が体、心、薬、罪悪感、食事、農業と多方面からの分析、取り組みがあり、さらに心を打つ、素晴らしいお話で大変感動しました。安保先生もとてもチャーミングですっかりファンになりました!!
●今日は本当に夢の競演でしたね♪ 本当に無理してでも行った甲斐がありました。本当に素晴らしい講演会でした。
●未来の医学を見た気がします。今日の発表者の方々がいることであらゆる矛盾が解決できそうです。由井先生の発表すばらしかったです。
●由井先生がつねにおっしゃることを、別のすばらしい先生方が言葉は違えど同じことをおっしゃったことに感動しました。今までもたくさんの先生方の講演に参加させていただきましたが5人もの先生方のたどりつくところが同じだと感じるものはなく、本当になにかの動きがあるんだなあと思います。白川先生が おっしゃっていた、言っているだけでは足りない時期に入って、実際に動く必要性の高さが良くわかりました。陰山先生の食のお話は、由井先生のお話をさらに理解を深めるものになりました。時間が足りなくて、もっと聞きたかったです。由井先生のお話は何度聞いてもきくたびに新しい発見があります。先生方ありがとうございました。今回の講演をセッティングしていただいたスタッフさんたちありがとうございました。
●由井先生のご講演は、魅力的でした。おはなしの中に日本人は、自己卑下や罪悪感をもつ人が多いということには、驚きました。
●今日はこんなにも豪華な顔ぶれの、その世界での第一人者の方々のお話を聴けて、本当にしあわせな一日でした。どの先生のお話ももっともっと聴きたかったです。中でも、安保先生のお話、一日中ずーっと聴いていたかったです。(安保先生の体力、氣力がゆるせばですが(笑)...)ぜひぜひ。10月のコングレスで、また夢のようなコラボの実現、トークセッションの実現、期待してます。このような場の実現にご尽力くださいましたみなさま。本当に本当にありがとうございました。
●今日はすばらしい先生方の講演をきくことができて参加できて本当に良かったです。白川先生は、医者としてのほこりと情熱を感じ、たよりになる、すばらしい先生だと思いました。これからのご活躍を心から応援しています!!安保先生、あまりにもおもしろすぎました!!もっとたくさんのお話を、お聞きしたかったです。寅子先生、愛がいっぱいで、たくさん涙が出ました。とてもすばらしかったです!!
●安保先生の講演ははじめてでした。ユーモアたっぷりあり、腰が低い良い人柄が伝わってきました。又、陰山先生の口腔の話はあらためて西洋イガクの大切さを理解するきっかけになりました。山本先生のお話も実践できることなのできいてよかった。白川先生のお話もわかりやすかった。
●医療とホメオパス(代替医療)Goalが同じであること。すっと頭に入ってきました。自分で感じる(人に任せない)生活をしたいです。
●有意義な時間をありがとうございました。今まで常識と思っていたものを0に戻し考え直したいと思います。先入観を打ち破るのはむつかしいですが…。
●すばらしい先生方の貴重なお話しが聞けたことに感謝致します。まだまだ現代医学の偽りの話し方に反対してもっと広めていくことを思いました。
●非常に有意義な時間をすごさせていただきました。運営も講演もどちらも非常にスムーズで集中して望むことができました。ありがとうございました。
●とにかく充実したセミナーでした。すばらしいです。とてもとても勉強になりました。腑に落ちる感じでした。また、参加したいと思います。
●非常に楽しい内容たっぷりの講演でした。色々な先生方の話を聞けたのは嬉しかったのですが、一人の先生の話す時間を長くしていただけたら嬉しかったです。(2日連続でやるとか)
●すばらしい先生方のお話をきけて感謝です。どの先生もご自分の熱い活動されているのが伝わってきました。日本の医療にいつも矛盾を感じている中、先生方にお会いできてほんとうにうれしくなりました。また是非このようなチャンスを楽しみにしております。
●医院が恐い、薬が恐い、行きません。ホメオパシー7年目元気です。免えき力UPにし、のんきに暮らし幸せ。由井先生はもちろん安保先生のお話最高!!73才
●どの先生のお話も、大変興味深く楽しく拝聴しました。今の通常医療に疑問を持つ人が、実際に納得できる医療を受けられる場所づくりをしていくことが大切とよくわかりました。
●安保先生の話とても楽しく聞かせて頂きました。謙虚でマイペースな姿に感動しました。益々総合医療が世に広まります様にお祈り申し上げます。
●とても基本的なお話だったがとても意義強かった。改めて自分が自然に感じることや自分と信じることの大切さを感じました。
●大変おせわになりました。白川先生のお話をゆっくりお伺いしたいと思いました。スタッフの方々ありがとうございました。
●盛りだくさんだったので、もう少し、1人の先生の話を、ゆっくり聴ければよかったかなぁ…という気もしました。
●メールをいただいて、関西から急きょ参加させていただきました。感動の一日でした。
●なかなか一同にお目にかかれない先生方のお話がきけて、有意義で楽しい時間を過ごすことができました。
●先生方のお話すごく参考になり、もっとじっくりお聴きしたいです。ありがとうございました。
●素晴らしい先生方ばかりでとても勉強になりました。『ガン』についてのテーマをもっと広めて欲しい
●とても楽しく聞かせていただきました。また参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。
●素晴らしい一日でした。未来の医療に希望を感じられ本日の講演のこと多くの方にお伝えしたいです。
●すばらしいお話ばかりで今後の自分の生活にどんどんと取り入れていこうと思っています。ありがとうございました。
●病気の事がよく理解できました。自分で治すのがいちばんです。
●朝からでしたが、あっという間のためになるお話の数々ありがとうございました。
●大変興味深かったです。ぜひもっと詳しくお話を聞きたいと思いました。
●勉強になりました。ありがとうございました。
●すばらしい会に有難うございました!
●いつもすばらしいお話しありがとうございます。
●参考になる沢山のお話が聞けてよかったです。
●医療の現状と今後の展開についてもっと知りたいと思いました。
●今日は一番いい講演会です!

----------------------------------------------------

主催者よりお礼の言葉がありました。

午後からの開催予定だったワールドフォーラム「統合医学を結ぶ!公開講演会」を急遽、午前からのスタートに繰り上げることになったのは、開催日のわずか1週間ほど前のこと。

遠方より朝からお運びいただく先生方のご都合や舞台装置や運営の段取りなど、ギリギリまでまで眠れない日々でしたが、お陰さまで当日の素晴らしい成功を得たのは、今回各方面から、受付や出展ブースを素晴らしい熱意で盛り上げてくださった皆々さま、NPO統合医学健康増進会の理事メンバーや、社員総出でサポートいただいた有限会社ビビアン、ホメオパシー関連、日本豊受自然農の皆々さまのお陰と深く感謝しております。

みんなで創り上げた8月3日(日)の「統合医学を結ぶ!公開講演会」、本当にお疲れ様でした!

どうか皆さまにくれぐれも宜しくお伝えください。

2014年8月 1日 (金)

英国ホメオパシー医学協会(HMA)認定試験がCHhom東京校で開催されました

2014年7月30日(水)、31日(目) 2日にわたって、RAH英国本校と、CHhom東京校を、インターネットTV同時中継で結び、今年で15年目となるJPHMAでのHMAホメオパス認定試験が行われました。写真のようにRAH英国本校にはHMA認定試験官お通訳が座り、東京校側では受験生が画面を通じて、インタビューを受ける形式で認定試験が行われました。

Dscf9077_512

このHMA認定試験は、1998年設立当時は、ホメオパスの職業保険が運用されてなかったため、とらこ先生が名誉会員でありホメオパシーの歴史の深い英国のHMA。そのHMAが、ロイヤル・アカデミー・オブ・RAHの卒業生の認定試験を行っていました。
英国のプロフェッショナルホメオパスの職業団体が、日本のRAHの卒業生をプロフェッショナルホメオパスとして認め、日本でのJPHMAの認定ホメオパスとしての活動がスタートしたのです。

1997年4月にロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)を設立、1期生が卒業しての初めての認定試験は、2000年に東京の英国大使館に、英国ホメオパシー医学協会(HMA)の試験官を招いて行われました。

そして、国際的にもプロのホメオパスの職業団体と認められるためには職業保険を持っているかどうかですが、2005年にJPHMAにてホメオパス職業保険の運用が始まったことをもってJPHMAが独自のホメオパスの認定を行うJPHMA認定ホメオパス、JPHMA認定アニマルホメオパスの試験・認定の制度が始まりました。

また、現在ではCHhomを卒業すると、日本でJPHMAが認定試験をおこなわれていますが、さらに海外会員を取得したいと考えるメンバーが、HMAを受験しており、インターネットテレビ中継で8時間の時差も感じさせない、認定試験が開催されています。

20140720paper_1a_640

そして、日本での認定試験とともに、年次学術大会である。JPHMAコングレスも今年で15回目、つまり、15年目の開催となります。今年は、皇居に臨む二重橋の東商ホールで、10月18日(土)、19日(日)に「今こそ、有事にそなえる 食、心、命 すべてにホメオパシー」をテーマに開催されます。お得な特早割は8月16日まで、是非お早目にエントリーください!

▼第15回 JPHMAコングレス 特早割お申込みはコチラ

http://jphma.org/activity/20140720.html

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28