« Hpathy8月号に掲載されたとらこ先生の胃癌へのホメオパシーZENメソッド対処に寄せられた声 | トップページ | イギリスで人気のホメオパシーサイト「Homeopathy Heals Me!」にとらこ先生のインタビュー記事が掲載されました »

2014年9月22日 (月)

第15回JPHMAコングレス開催まで、あと1ケ月となりました

21日 日曜のホメオパス強化学習では、とらこ先生から、様々なお話しがありました。

Youtube_2 【(映像リンク)第15回コングレスへに向けてとらこ先生からのメッセージ】

その中で、とらこ先生の提案もあり、有事、大規模災害時やパンデミックの際などには、世界のホメオパスたちが国境を超えて、情報交換をし、助け合う連携が始まろうとしています。日本でも、ホメオパスたちが協力して、災害時のボランティアをしていくことなどの提案もありました。

そして、いやさかの会では、今回のコングレスに関わる発表もありましたので、その1部を紹介しましょう。

まず、10/8(水)夜 東京都内でコングレスのプレイベントとなる内海聡先生&.由井寅子ライブトークの開催が決定しました! 

Photo 【(映像リンク)内海聡氏の主催するNPO法人 薬害研究会の主催する東大でのシンポジウムでのとらこ先生発表】

詳細はホームページで発表します。
http://jphma.org/congress2014/

また、コングレス両日のコンセプトやプログラム、来賓講演者などの1部が、由井大会長から発表されました。

全体的なコンセプトでいうと、これからの時代に生き残っていくために私たちに必要な「医」「食」「心」「情報」という4つの視点から各分野でホメオパシーが役立っていける内容や、専門家を交え大事な情報を提供する場となります。

もちろん、とらこ先生も、今回も、両日発表します!

●「医」の分野

「医」の分野では、まさに ホメオパシー統合医療

とらこ先生はじめ、JPHMAホメオパスがホメオパシー医学での治癒症例を発表、そして、現代西洋医学とも協力して行われる統合医学の分野では、統合医学の第一人者の白川太郎医師、千島学説、ゲルソン療法などの実践家、酒向猛医師、そして災害時の救急救命医療などを発表する高野弘之医師など、これからの統合医療の時代を担う先生方の登壇・発表が決定しました。

※「食」「心」「情報」の分野の詳細は、またお伝えします。
http://jphma.org/congress2014/

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31