« 義捐活動 熊本地震 | トップページ | 熊本地震対策のホメオパシー マテリアメディカ&レパートリー »

2016年4月17日 (日)

PTSDサポートレメディーのマテリアメディカ

「ホメオパシー的災害対策」(ホメオパシー出版刊由井寅子著)P129~130よりPTSDサポートレメディーのマテリアメディカ
この本には、東日本大震災を教訓に、災害、緊急時に、生命を守るレメディーや救急救命のレメディー、PTSD対策のレメディーについて、特にセレクトされた重要なレメディーのマテリアメディアがわかりやすく解説されています。ぜひお手元に1冊、常備ください。災害対策のレメディーやホームキットの携帯や常備もお勧めしています。
「ホメオパシー的災害対策」(ホメオパシー出版刊)の前書き、目次は以下の電子BOOKから読めます。
Image_pa031a_1
★ PTSDサポートのレメディー
Aconite + Arnica + Arsenicum
Acon.(アコナイト/ヨウシュトリカブト) 
Arn.(アーニカ/ウサギギク) 
Ars.(アーセニカム/三酸化ヒ素) 
テーマ:PTSD、心の不安
精 神:
・死への恐怖
・不幸に遭遇するのではないかという恐れ
・驚きやすい
・現在と未来に対する不安
・もうどうにもならないので死ぬしかないと思う
・人生に絶望、人生には価値がないと思う
解 説:
PTSDのサポートには、アコナイト、アーニカ、アーセニカムという、Aで
名前が始まる3つのレメディーを組み合わせて使うといいでしょう。
東日本大震災の直後、私たちは被災者の方々にこのコンビネーションレメデ
ィーをとっていただき、その後の変化を調査しました。その結果、PTSDに関
する症状が「改善した」という方が62%、「排出して改善した」という方が25
%、計87%の方に改善が見られました(⇒p.145※後掲)
具体的には「気持ちが落ち着いた」、「気力が回復した」、「感情を解放できた」、
「眠れるようになった」、「体の症状が改善した」という感想が寄せられていました。
非常に即効性があるレメディーといえます。
ショックな出来事があったときに、すぐにとることで、後に引きずらないで
いられるでしょう。
アコナイトの特徴は、死への恐怖です。不幸に遭遇するのではないかという
恐れ、窒息しそうなほどの不安、何に対しても驚きやすく、わずかな物音にも
耐えられないというのも特徴です。震えているうちに急に発熱する炎症性の熱
や、紫色の湿疹にもアコナイトです。
アーニカは、現在と未来に対して非常に不安を抱え、いつも憂いている人に
合います。例えば、自分は殴られるのではないかと思い込んでいたりするよう
な人です。被災地のがれきの山を歩いているときに、何かが落ちて来てけがを
するのではないかという不安に襲われる場合に使うといいレメディーです。そ
ういう不安を抱えていることが災害を招くこともありますので、あまり先々の
ことを気にしないようにしなければなりません。また、身体的な疲労や切り
傷、打撲にもいいレメディーです。胸を打ったとか、精巣や卵巣を打ったとい
うときに使います。
アーセニカムは、どうにもならないから死ぬしかないと思う人や、人生に絶
望し、人生には価値がないと思う人に合います。福島の農家では、多くの方が
そう思ったでしょう。そういうときにアーセニカムをとれば、自殺をくい止め
ることができます。被災者にはとても大事なレメディーとなります。近親者に
悪いことが起こるのではないかと心配したり、死の不安にとらわれたり、とに
かく不安をかき立てられるというのもアーセニカムの特徴です。また、アーセ
ニカムの人はその不安が胃腸にきます。ですから嘔吐や下痢をします。
心の不安に対して、これら3つのレメディーを組み合わせたPTSDサポート
は、実に素晴らしいものです。ぜひ使ってみてください。
<参照ページP145(↓)>
PTSDに対するレメディー
東日本大震災ではPTSDも大きな問題になりましたが、第1章や第2章で紹
介したPTSDサポートのレメディー(⇒p.25,129)が実際に活躍しました。
ある人は震災から1週間、眠れない日が続いていたのですが、PTSDサポート
のレメディーを使用したところ気持ちがすっきりして、ぐっすりと眠ることが
できたそうです。そういうアンケートをいただきました。不眠にはポースティ
ーラとコフィアもいいレメディーです。ポースティーラが合うのは、真夜中に
考えごとが頭から離れず、落ち着いて眠れない人です。コフィアは心身ともに
興奮して目がさえてしまう場合に使います。
津波を目の前で見た子どもが夜中に突然叫んで目を覚ましてしまうという話
も多く聞きました。津波が子どもたちに与えた影響は相当なものだと思いま
す。津波のトラウマで水が怖い場合は、マーキュリアス、ベラドーナ、ストラ
モニュームを使います。マーキュリアスを使うのは、水が流れていないのに流
れが見えるとき、溺死や洪水の夢を見るとき、恐ろしい映像が頭に浮かんで眠
れないようなときです。ベラドーナは、津波が来るという不安で落ち着けず、
逃げ出したくなるような場合に。ストラモニュームは、光や鏡、水を見ると恐
ろしい痙攣を起こすような場合に使います。
そのほかにPTSDでよくあるのはいら立ちですが、これにはカモミラ、スタ
フィサグリア、ナックスボミカ、コフィアがいいでしょう。カモミラが合うの
は、不機嫌で、不平ばかり言い、何をしてもらっても満足しない人です。スタ
フィサグリアは、非常に腹を立てやすくて、手に取るものすべてを投げ捨てた
くなるときに使います。ナックスボミカは、立腹してけんか腰になる人。コフ
ィアは、音やにおいに敏感で、興奮しやすい傾向の人に合うレメディーです。
地震のトラウマから揺れを怖がる人にはボーラックスです。恐怖で叫び声を
あげる人には、ベラドーナ、ストラモニューム、ハイオサイマスなどのナス科
のレメディーを使いましょう。
<参考ページ>
CHhomマテリア・メディカ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31