« 2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 4日目 コッタヤムからコインバートルへ | トップページ | 2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 6日目 本日も大移動日です »

2016年12月18日 (日)

2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 5日目 ニルギリ高山鉄道 そしてCCRHの薬草園見学、合同セミナー

CCRHニルギりの薬草園見学は、翌日ウーティーの新聞TVでも大きく報道されました。

Dsc04603

また、夜の合同セミナーも素晴らしい内容でした。オーガニックとホメオパシーを結びつくことで、未来の人類、そして生きとし生けるものへの光明を感じさせる内容となりました。

そして、世界遺産ニルギリの高山鉄道の旅も最高でした!

インドスクーリング5日目 ニルギリ山岳鉄道
本日はニルギリ山岳鉄道でコインバトールから標高2300を超える山岳地方ウーティーの町へと移動しました。
ユネスコ世界遺産に登録されているインド最古の山岳鉄道のひとつニルギリ鉄道の旅。
車窓から眺めるインドの山岳地帯の風景やユーカリの木やユーパトリウムなどの高山植物が咲き、とても良いプラーナが流れる旅でした。
朝は霧が立ち込めていましたが電車に乗る頃には空は晴れ渡り素晴らしい景色が広がり、とらこ先生も学生さんも一同楽しい時間を過ごせました。15542205_1293971393996804_136927925

インドスクーリング5日目 薬用植物調査センター訪問

午後はホメオパシー薬用植物調査センターを訪問。日本からとらこ先生とホメオパシーを学ぶ学生さんが来るということで現地のTV局のクルーが取材に駅から出迎えて来られました。この様子は後日TV番組で放送されるようです。

チャイナ、ストロモニウム、シネラリアなどさまざまなハーブ、薬草を見学しました。現地のパッションあふれるガイドさんの説明を聞きながら目でみて鼻でかいで楽しんで学ぶことができました。掛け声は「3、2、1 ホメオパシー」での記念撮影、インドでも流行りそうです。

15578853_1293983740662236_765570746

インドスクーリング5日目
薬草園見学後にホテルに戻り、
夜にはCCRH研究官、科学者たちが集まり、お互いの情報交換の会が行われました。

そこでとらこ先生は日本での薬草リサーチ植物園の発展をテーマに発表しました。
ここでの講演はDrマンチャンダCCRH長官より
「ウーティーのCCRHの薬草園の関係者にも
とらこ先生の日本での農場での土地作りや薬草の知識を教えてほしい」という
要望のもと実現しました。

とらこ先生は豊受自然農の活動と意義について
洞爺でのハーブ園や豊受の六次産業化の映像を見せながら
プレゼンを行いました。

とらこ先生は食と農業は種が大事であり、NON GMOを推進し
土を自然型に戻すことで人々の健康は農業から変えていくことが重要と皆さんに伝えました。

とらこ先生の動画を使った発表はCCRHの方々にとても訴えるものがあり
豊受の多様な幅広い活動に客席から驚きの声が沸き起こり
子供たちが自然とたわむれる映像には笑い声があがり
皆さんとても魅了されているようでした。

終了後、CCRHの方々からとらこ先生と豊受の活動に賛辞の言葉をいただきました。
「エクセレント!ものすごい奇麗なハーブガーデンに感動しました!」
「みんながとても楽しそうだったのが一番良くすごく刺激を受けました」
「とらこ先生がやっていることをインドでもやりたい!」
とらこ先生の活動へ感動された方からの感想をいただきました。

終了後はDeccan Chronicle 新聞社によるとらこ先生へのインタビューが行われ
インドと日本のホメオパシー事情と課題から
とらこ先生が答える難病へのホメオパシーや食と薬草でのアプローチ、
日本の発酵食品についてまでとらこ先生の多岐にわたる知識が発揮された
素晴らしいインタビュー内容は明後日の記事になるようです。

とらこ先生から洞爺のハーブの種のプレゼントがCCRH 薬草園に贈られました。
近いうちインドに豊受の種が育つことになるかもしれません。

15590376_1294033867323890_350844588

<インドCCRH側科学者の感想とスクーリング参加者の感想>

●Its good,except Dr.Rajan and Dr.Torako Yui, remaining persentations are boring and I am having the chewed,chewing, chewing matter, no laters. Invention and are not well planned. Hats up to all the Japan deligates for the hard work and special thanks to Dr.S.Rajan for the invitation. Paceplanning and prepear well mannered presentation is  form the great epeakers. All the best

良いセミナーだった。Dr.ラジャンと、Dr. 由井が良かった。日本人の参加者の仕事ぶりには頭が下がった。Dr. ラジャンには招待して頂き感謝している。ペースも準備もプレゼンテーションも良かった。ご多幸をお祈りします。


●Interesting and very motivated me for homeopathy more. Also provide valuable information about Toya farm and thus cultivation techniques and their uses. (Satish Patel Assistant of research officer)

面白かったです。ホメオパシ―に対して大変やる気を起こさせるものでした。そして洞爺農場での農業、技術や道具について、色々と貴重な情報を私達に与えてくださいました。


●I got information on medical plants grown in Japan and could found few or more.

日本の薬草についての情報が得られました。もう少し、もっと知りたかったです。


●Today's event is very good & informative. If we worked together it became highly system.

本日のイベントは大変良いもので、有益なものでした。もし、共に活動したら、より高いシステムになるでしょう。


●Good. Informative & an opportunities to learn about homoeopathy to developing Japan.

良かったです。多くの情報を得る事ができ、日本でホメオパシーが発展している事を知る良い機会でした。


●Very interesting, informative & mutual meet to be that was held today and

in future again such meetings should be doned. Thank you.

本日開かれたセミナーは、大変関心深く、情報豊富で、相互理解が深まるものでした。将来も、このような会合が開催されるべきです。ありがとうございました。


● 1. This programe is very useful to my future homeopathy studies

2. I really hope that Indo-Japanese meet to conservation of medicinal plants.

3. I saw to Organic medicinal plant in Japan. Useful to produce medicine and food, fertilizer also

4. Thank you for giving opportunity. 

1.このプログラムは、私の将来のホメオパシー研究に大変有効なものです

2.インドと日本が、薬用植物の保存の為に触れ合う事を心より願っています。

3.日本でオーガニックの薬用植物をみました。レメディ―、食品、肥料の生産も有益でした。

4.この機会を与えて下さり、ありがとうございました。


●本日は早朝出発でサイクロンの影響もありましたが無事にニルギリ薬草栽培まで到着出来て良かったです。

道中は電車に来るまでのカーブは雨の影響で道がけわしく時間までに到着できるのかドキドキしましたが無事にニルギル鉄道にも無事乗車できすばらしい景観を観光することが出来、車窓からの景色は心をなごませ、ほのかに香るユーカリの香りに心洗われる気持でした。

到着後は現地の皆さんからまたまた心温まる歓迎を頂き、とても充実した1日でした。


●ウーティーのみなさんが温かく迎えてくださったことに心から感謝しています。

とらこ先生の功績のおかげです。

今日、見学した薬草園が30年かかって成しとげたことをとらこ先生は、1人で立ち上げ、短い期間でこんなにも大きくしたことに改めて感動しています。


●植物園の見学、ありがとうございました。

様々な植物が植えられていてすごいことだと思いました。

ハーネマンがホメオパシーを始めるきっかけとなったChin.キナの木は始めて見たのでとても強く印象に残りました。

夜のセミナーではインドの取り組みを聞いて、ハーブを育てる土や水を大切にしていること、そのハーブを高い基準の元、MTやレメディーにしていること、今後、レメディーの原料を全てインド国内で作っていこうとしていること、これからのインドホメオパシーの発展がとても楽しみに思いました。素晴らしいことだと思います。

今日は1日、とても貴重な時間をありがとうございました。


●画像、音楽と共に紹介するシステムは本当に心に訴える力があるかと思います。


●植物園は豊受を見てしまうと見劣りしてしまいますね。

一生懸命説明してくださるお姿が感動的でした。(Dr.RAJAN)

鉄道は大感激!

ありがとうございました。


●今日もインド政府のみな様に御心遣い頂きまして本当にありがとうございました。感謝しています。

日本にない薬草を見ることができましたし、またプレゼンテーションもとてもすばらしかったです。

本日は本当にありがとうございました。


●インドの薬草やレメディーが標準化され、しっかり作られているのがよくわかりました。同様に様々な研究も行われていてすばらしいと思いました。


●インドでの研究やホメオパシーの認知度は大変日本よりも高いが、由井先生の日本での活動は大変質の濃いものだなとVTRやみなさんの発表をきいて感じました。


●薬用植物を見学し、その後説明を聞けたのは良かったです。

(レメディー)ホメオパシーに使用する植物を基準化することは興味深いと思います。

日本の豊受の発表は感動的でした。 とてもわかりやすく、よく作られていました。


●鉄道の旅は一時間くらいでしたが、南国の背の高い木々から背の低いかんぼくまで様々な植物や木々を見てとても特殊な土地であると思いました。

ニルギリが青い山とのことで、その植物を見てみたいと思いました。

建物の色遣いなどちょっとスイスに共通する丁寧さと感じました。薬用植物園もとてもよかったです。


●由井学長の発表が素晴らしかった。どこに行っても歓迎していただいて感激しています。

今日は何と言っても鉄道の中 バスの中がストレスフルでバスの中では耳をふさぎました。観光も楽しめず気力を失いました。 インドに来てこれは本当に心からしんどかったです。 大声での暴言 攻撃に耐えるのに必死でした。私もまだまだ修行が必要です。


●今日はニルギリ鉄道、植物園見学 その後の発表など盛りだくさんでした。インドのホスピタルティにはびっくりです。 末永くインドと日本のよい関係が続くことを願います。


●薬草研究所で 実際に栽培されているレメディのもととなる植物を見せていただいたことは、大変貴重な機会でした。

手厚い歓迎も大変うれしかったです。CCRHの科学者の皆様のプレゼンテーションの内容レメディにおいてアカデミックな内容は 初めてでしたのでとても興味深く拝聴しました。有難うございました。


●実り多い日でした。疲労が残念です。函南のDVDをDrの方がワクワクしながら見ているのがとても印象的でした。

先生は函南を数年でされ、この規模の農場をホメオパスでありながらされてるということに改めて感動いたしました。

先生から直接お話しを聞けたり同じときに生きているということだけでも私の誇りです。幸運なことだと思います。

先生の偉大さの再確認の時間でした。


●ニルギリ鉄道は最高でした。ユーカリ などの植物の香りに満ちた風に吹かれて今までに感じたことのないくらいフレッシュな気分を味わいました。

薬草植物園は洞爺を思い出しセミナーにおいて洞爺を紹介できたことはとてもよかったと思います。

豊受のご飯が早速食べたくなりました。CCRHの方々の親しみを感じる。講演おもてなしも素敵でした。ボタニックガーデンは

もっとたくさん見たかったです。自然にあふれたプラーナをたくさんいただいたすばらしい すばらしい一日でした。


●夜セミナーで発表されたインドの土壌学者は、土のことを母なる大地と呼び、オーガニックに、土を大切にすること、さらに人間にとっても大切な薬草やハーブをホメオパシー農業で育てている日本の取組みを高く評価されていた。日本でもインドでも種から自然にこだわる自然型農業、食からのオーガニックな試みに目覚める人が増え、もっと多くの人に、オーガニックなホメオパシー農業、またホリスティックなホメオパシー統合医療が広がっていけばよい、これからの世代も土も元氣になるのにと思いました。

 

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31