« 2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 5日目 ニルギリ高山鉄道 そしてCCRHの薬草園見学、合同セミナー | トップページ | 2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 7日目 HMAIでのZENホメオパシー発表 大成功! »

2016年12月18日 (日)

2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 6日目 本日も大移動日です

ニルギリからウーティーへ 高原の空気も氣も素晴らしく 本当にこんな素晴らしいところにも、もう何日間か いたいと感じました。

Dsc05744

またホテルは歴史ある旧館で、様々なエピソードもあり、思い出深いホテルとなりました。

Dsc05391

Dsc05720

→9日目とらこ先生のコメントもご覧ください。

http://blog.homoeopathy.ac/2016/12/post-5910.html

移動日となった6日目 標高2000mのウーティーからコインバツールまで一気に 急な斜面をジグザクに切り開いた区間を含め、3時間近くかけてのバス移動、

Dsc05731_3

途中では多くの野生のサルたちもバスを見送ってくれました。

Img_8711

植生が高地から平野へとどんどん変わっていきました。

Dsc03954

運転手は、すごい腕前で、対向車を避け、切りかえしの道を下りていきました。最新鋭のバスは、サスペンションがよいため逆に船に乗っているような揺れと、エアコンなのですがインドで防犯上窓が開かないタイプのため、リフレッシュメントスプレーなどまきながらの社内でしたが、トイレ休憩ができる場所もなく一気2時間くらい走りましたので、車酔いなどで苦しまれた方もおられ、レメディーなどでも対処ました。

Dsc05789

その後、コンバートル空港から、インド最大の都市ムンバイ(旧ボンベイ)をトランジットで経て

Dsc05980

ジャイプルに到着したのは夜遅くとなりました。

Dsc06011

実は、スケジュール 遅れるとジャイプルまでたどりつけないツアーの中ではもっともシビアな日程ですが、無事みなでたどり着けました。バスの中では、とらこ先生の無事ジャイプールまでみなよく頑張った!というコメントにバス車中では拍手が起きました。

ホテルではお菓子の家がまってました。
Dsc06078

いよいよ明日はHMAI大会でとらこ先生が

発表です。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30