« 2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 3日目 とらこ先生発表と参加者の声 | トップページ | 2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 3日目 コッタヤム研究所内 国立のホメオパシー精神病棟見学 »

2016年12月17日 (土)

2016 CHhomインドスクリーングPHOTO速報 3日目 コッタヤム研究所 ホメオパシー病院ファーマシー、外来診察室見学

スクーリング3日目は、精神医学へのホメオパシーの応用の世界最前線でもある
ケララ州コッタヤムにあるNHRI(国立ホメオパシー中央研究所コッタヤム)を訪問しました。
精神保健衛生の分野において日印のコラボレーションで、心の問題で苦しむ多くの方にホメオパシーの恩恵が行き届くようになるステージへ、歴史的な一歩を踏み出した1日となりました。
写真はマンチャンダ長官の先導で研究所正面玄関へ移動するツアー一行
15442366_1291610274232916_327009040
一日のスケジュールを終えてのとらこ先生から感想
自然の中に町がある美しいケララは最初に国から正式にホメオパシーが認められた町。
初めは小さなホメオパシーの精神病院が皆の研究の結果このような国に認められ皆で喜んでいた。
ここのホメオパシーの大学も精神科ホメオパシー病院の敷地内にできるようだ。
AYUSH省ができあがりインド伝統医学に力を入れているのがよく分かる結果となっている。
ホメオパシーのリサーチ研究と分析に力を入れ、発表者の多くはケースを出すよりホメオパシーのレメディーがよく効くのかということに力を入れていた。
これは国が決定するためには必要なプロセスだろう。
ここに来る外来入院患者は質問票に必ず書きこまねばならない。そうすることで患者の傾向やレメディーの傾向が見えて来る。
ここでは鬱に対するホメオパシーのレメディーの研究を真摯に行っており現代医学より遙かに効果を上げている。
またどこでもそうだが一つのレメディーが魂、精神、体の病気全部に効くと考えるホメオパスが多く、周波数が魂、心、体と違うのでひとつのレメディーではカバーできないというZENホメオパシーが受け入れがたいものであろう。
それでもZENホメオパシーを使って速やかに治って行くDVDを見ると認めざるを得ないのである。
ホメオパシーで酒中毒の研究ではホメオパシーで治療した方が暴力性やイライラが減り、すべてにおいて現代医学よりホメオパシーの方が効果があったという結果はアル中のように心に作用できるホメオパシーは大切な治療法だと思う。
由井寅子
15492430_1291511087576168_3573758_2
ホテルからの研究所への移動する一行のバス
15541967_1291690817558195_530670590
研究所へ到着!
15541535_1291690880891522_124796004
研究所へ玄関へ向かうスクリーング一行
15541140_1291690974224846_468072652

研究所玄関では研究所のスタッフからインド式の大歓迎を受けました

15401106_1291691214224822_780783522
15578806_1291691670891443_297260666

15578549_1291692537558023_736660377

15439771_1291691977558079_503247893


15439890_1291688337558443_7653695_2
15442120_1291616034232340_437126352
15390946_1291692644224679_718597216
精神医学へのホメオパシーの応用の世界最前線でもある
ケララ州コッタヤムにあるNHRI(国立ホメオパシー中央研究所コッタヤム)を訪問しました。まず最初に、精神衛生など心の問題をホメオパシーで対処する国立の精神病院の外来の診療、
部門、そして、精神病棟を見学しました。
1日600名以上の患者さん、年間では10万人を超す方がこの病院の外来を訪れる。

研究所の建物の中で、ホメオパシー病院の外来患者への対応について説明を受ける一行
15541225_1291692434224700_658237010
15380817_1291692777557999_718583237
病院の患者受付スペース、2Fからとったこの写真では見えないが扇風機の下側のスペースが受付、処方の待合になっており、数十脚のイスが並んでいる
15380383_1291695180891092_4440929_2

ホメオパシーのレメディーを調合する病院内のホメオパシー薬局を訪問する
15439738_1291696614224282_646910990
ここではプラシーボ薬も処方され、治療機関として病院であるとともに、リサーチ機関
としての機能も持ちます。

15492305_1291696810890929_889129412
飲みやすいように 錠剤(砂糖玉)だけでなく、顆粒と混ぜて頓服のような処方で出させる
場合なども 詳しく説明を聞くとらこ先生
15380600_1291696674224276_258927784

15542282_1291696510890959_979047639
15541600_1291696567557620_101662436

ファーマシーの見学に続き、ホメオパスが外来患者を診療する診療室を見学
実際の患者さんへもインタビューすると、ホメオパシーのレメディーを使って
精神の不調がずいぶんに楽になったととらこ先生の質問に答えてられました。
そして、ここでは常時5~7人のホメオパスが外来患者の対応に当たっています。
が、これら患者対応にあたるホメオパスも、もちろん国家に登録された
ホメオパスであり、さらにコッタヤムでは、リサーチセンターとしての位置
づけもあるため、ホメオパス自身が研究員を兼ねており、各プロジェクトの
研究に参加している。
15390707_1291784497548827_922303375
各診療室の様子
15391014_1291791017548175_168187553
15390954_1291791237548153_553864645
15390727_1291791457548131_144812761

15492547_1291791630881447_883079143


精神病棟の見学に移る前に、入院患者に、食事を提供する厨房を見学しました。
こういった精神面のケアには、食事・栄養療法も大切な役割を担っており、この面での
入院サポートもますます重要になってくる。
15542244_1291796920880918_797096320

 
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31