« 速報 素晴らしい発表となりました! とらこ先生ドイツ初日と参加者の反響 | トップページ | 「SPIRIT NATURE HEALING(霊魂、自然、癒し)シンポジウム」が始まりました! »

2017年10月22日 (日)

2日目 世界遺産のマウルブロン修道院見学 昼食会そしてシンポジウムへ

今回は写真報告で

朝から とらこ先生も合流し宿泊したホテルのお庭でニールフェンののどかなシーナリーを背景に皆で記念撮影を行いました。
00img_3429
その後、バスで世界遺産のマウルブロン修道院へ移動のタイミングを利用して、とらこ先生からスクーリング第一声の挨拶がありました。
とらこ先生からは、CHhomでの海外スクーリングも、RAH時代を含めて15回目。今回は、ヨーロッパの人たちが呼んでくれたおかげで、4ケ国での学術発表が行えることになり、こうやってCHhomのスクーリングができてよかったこと。ドイツ、ルーマニアのカンファレンスでは、主催者の依頼から、スピリチュアルな部分にも深く焦点を当てたZENのホメオパシーの発表になること。一方、オランダでは、予防におけるホメオパシー医学の国際学会であり、ホメオパシーにおいても論理的ロジカルな発表になること。また英国ではスピリチュアル・論理的バランスのとれた発表になるといった違った視点からの学術発表になることに触れました。さらに、ドイツのようにホメオパシーが政府は国民に認められている国々の人と交流したり、そのハーネマンに関する展示コレクションであるドイツのボッシュ・ホメオパシー・ミュージアムを訪問することなどに触れ、今回のスクーリングでヨーロッパのホメオパシーに触れることで、「ヨーロッパのホメオパシーを皆さんでエンジョイしてください。」と締めくくりました。
00img_3397
ニーフェルンの緑豊かな環境
00img_3382
Dsc00829
Dsc00835
バスで移動 アレンジいただいたステファンさん
00img_3443
車窓からは黄金色に輝く菜種畑なども見えました
Img_3484
Dsc00975
街並みもきれいです
Dsc00932
Dsc00935
Dsc00936
Dsc00931
世界遺産のマウルブロン修道院へ
マウルブロン修道院は830年以上の歴史を誇る旧シトー会修道院で、アルプス以北に残るヨーロッパの修道院の中ではb付属する設備も含めてもっとも保存状態がよく、規模なども大きい修道院、今回はドイツの皆さんのご厚意で、修道院内の日本語音声ガイドを無料で参加者全員に提供いただき 世界遺産の修道院を深く知る見学となりました。
またしゃれたお店も中に何か所もあり、ショッピングも楽しみました。また中庭ではウェディングも行わえていました。
Dsc00847
Dsc00860_2
Dsc00851
Dsc00865
Dsc00869
Dsc09547
Dsc00916
Dsc09566
Dsc09575
Dsc09571
Dsc00904
Img_3521
Img_3536
Dsc09644
そして昼食は、ドイツの緑色野菜いっぱいのホテルでの昼食、初顔合わせ 自己紹介も含め他昼食会となりました。
Img_3675
Img_3621
Img_3614
Img_3610
Img_3634
今回 シンポジウム開催へご苦労をいただきましたステファン夫妻に贈り物
Img_3546
Img_3543
Img_3552
Img_3556
Img_3594
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31