« 「SPIRIT NATURE HEALING(霊魂、自然、癒し)シンポジウム」が始まりました! | トップページ | 「SPIRIT NATURE HEALING(霊魂、自然、癒し)シンポジウム」2日目の様子 »

2017年10月23日 (月)

ドイツシンポジウム とらこ先生2日目の発表でもZENホメオパシーに大きな反響

ヨーロッパスクーリング3日は、ドイツでの「SPIRIT NATURE HEALING(霊魂、自然、癒し)シンポジウム」2日目です。

本日のシンポジウムでは、初っ端は、ロジーナ先生の発表、人生を救うホメオパシーを実践されているロジーナさんの発表は感動的で、自身の難病を克服されたエピソードをされ、また絵画療法とホメオパシーを組み合わせて取り組まれたいくつかのケース発表には、多くの参加者の皆さんが涙をされていました、引き続き、午前の部の締めとなる学術発表を昨日に続いて由井学長が行いました。
Img_4515
まず最初にドイツの参加者側より「由井学長の実践している自然農の活動を教えてほしい」
というリクエストがあったため、急きょ主催側で特別に発表時間を追加、全体スケジュールを調整いただきまして、由井学長が行っておられる豊受自然農の幅広い活動や独特でユニークな土壌づくりを映像で紹介いたしました。
Dsc01169
その画期的な農業の実践はドイツの皆様にとってとても新鮮だったようです。
驚きの声や笑いが起こり最後には大きな拍手をいただきました。
さて本テーマの「霊性の話 インナーチャイルドと心の病気の関係性」に入ります。
本日は心臓病のケースの数々を紹介し、心臓の問題を引き起こす霊的な視点や、
子供の心臓病に関係する母親のインナーチャイルドへのZENホメオパシーのアプローチを解説されました。
Img_4594
由井学長がこれまで見て来た心房中隔欠損、ファロー四徴症などの難治の心臓病の問題を患っている方には共通して、地獄のような壮絶な人生を生きてきた方が多かったようです。
由井学長の相談会ケースが上映されましたが、傷ついたインナーチャイルドを抱えたクライアントの心に寄り添った由井学長の魂の通ったケーステイクは見守る参加者の心に強く響いたようです。

Img_4578
日本人だけでなく、ドイツ人ホメオパスもまた何人もの男性ホメオパスも皆涙を拭いながら真剣な表情で相談会の様子を見守っていらっしゃいました。
由井学長がクライアントと向き合い、母と子、そして家系全体の問題の中核に迫り、その心臓部を癒していく、由井学長の奇跡のケーステイクがこのドイツで紹介されたことは大変意義のある出来事と言えます。
クライアントのインナーチャイルドを癒すことで真の治癒に導かれること、そのためにもホメオパス自身が自分自身の心を見つめ霊的に成長していくこと、優秀でないだめな自分でも許し、受け入れ、愛すること。
日本のZENホメオパシーの奥深さ、そしてそこには深い愛が基盤にあることを目の当たりにし皆様非常に感動されていました。
会場全員からの拍手は由井学長が壇上を降りた後もいつまでも拍手は鳴り止むことなく続いていました。
Img_4693
終了後は本日もドイツのホメオパスが感激のあまり由井学長のもとに駆け寄り、握手やハグを求めては、それぞれ溢れる思いを感想を伝えていました。
Img_4747
由井学長はドイツ人ホメオパスの方々からハーネマンが言わんとしたことを深く理解し、インナーチャイルド癒しと統合させて真の治癒に導くことを可能にしたという点で高く評価されていました。
販売ブースでは本日も由井学長のインナーチャイルド関連の書籍やDVDを買い求めに、たくさんの人だかりでごった返していました。
なお、昼食をはさんで、午後には2名が、由井会長の発表にもつながる内容で、意欲的な学術発表を行いました。シンポジウムは、最後に、ロジーナさんから希望のあったホメオパスの歌を皆で歌い、参加者全員での記念撮影を行って締めくくられました。
Wdsc01350
会長講演後のブースでの参加者からのフィードバックや、アンケートでの反響からも、今回の由井学長の発表はドイツからヨーロッパ全域へと日本のZENホメオパシーが広がって行く大きな一歩になった実感がありました。
ドイツでの発表は大成功で終了し、一同は明日ドイツを後にしルーマニアに移動します。

●Very instructive and interesting. I enjoyed lively presentation with video. Very impressed by the many activities of Ms. Torako Yui,Her sense of humor.She is authentic for me incredible what she created in Japan (agriculture, cosmetics, remedies.)
I wish her all the best and lot of success in further development.
とても示唆に富み、興味深かった。ビデオと活き活きした発表は、楽しかったです。由井寅子先生のなした多くの業績、そして彼女のユーモアも印象的だった(農業、化粧品、レメディーなど)彼女が日本で創造したことは私たちにとって、オーセンティック本物であり、今後もますます進展された成功されますように、

●Your presentation has shown the practical of homoeopathy for the next step in the healing of mankind. I wish god bless you!
あなたのプレゼンテーションは、人類の癒しのホメオパシーの実用性の次のステップを示しています。神の御加護を!

●Very interesting lecture! Especially about food! What a great idea! We can learn a lot for us, here in Germany Fast-food in consumed by a lot of people..Although biological food is the normal way of life, it was
become the exception. phone. Thank you for inspiring us!
とても興味深い講義でした、特に食について!とてもすごいアイデアだ! 私たちも多くも学ぶことができる。ドイツでは大量にファーストフードが消費されていて、有機の農産物が普通であるべきなのに、例外になってしまっています。私たちを触発してくれてありがとうございました!

●Very impressive. Touching my heart.
とても印象的でした。心に響きました。

●As I was not here on Sunday morning, I had wished to hear more about your work on Saterday evening...
but that's my problem. It was very impressed to meet you and your group,May God bless you! Best regards Susine Neff.
日曜の午前、私はこの会場にいれなかったので、もっと土曜の夜の由井先生の講演についてもっと知りたかった。しかしこれは私の側の問題です。あなたとあなたのグループに会えたことはとても印象的でした。神によるご加護がありますように。敬具

●Thank you for all!
すべてにありがとう。

●Learned so much from you about I did. Thank you please come again and bring you wonderful doing. Thank you and Homoepathy & Farming.
私がこれまで行って来たことに対し、多くを学ばせていただいた。また来ていただき、素敵な功績をもってきていただきたい。ホメオパシーと農業に感謝。

●It was very interesting. Specialy the story from the mother with her child, their problems from 8th generation back to her child. Unbelievable! Thank you very much!
とても興味深かった。特にお母さんとその子のストーリー。この問題は8第前の先祖から子どもに。信じられない!ありがとう。

●Thank you very much.
本当にありがとう

●The lecture was so interesting and hopeful. She will wake may work better and more creative. Thank you!
講義はとても興味深く、希望溢れるモノだった。 彼女は多くの業績をのこした。さらにクリエイティブでもある。ありがとう。

●I have learned a lot! Thank you! I feel honored to have heard and soon you, I am a homoeopathy student. I am deeply impressed on how you combine a holistic view with homoeopaty and that it is important to honor live.
多くを学べました。ありがとう お返事いただけると光栄です。私はホメオパシーを学ぶ学生です。とても印象的だったのは、ホリスティックな見解とホメオパシーを結びつけたということと、命を慈しむことが大切ということ。

●Super!! 最高 

●Danke!ありがとう

●今日の講演会は、とても内容が深く、ティッシュが離せませんでした。ロジーナさんの講演を聴講して、セラピーの1つにお茶を患者さんに飲んでもらうケースでお茶の味が青臭さというお茶を飲む文化のない人達が、緑茶の知識に興味を持ち、それぞれが楽しみをお茶を通して見つけ出す話を聞いて、絵を描くことや詩を書くことが段々と心が癒される糸口となり、自分が長年茶道をたしなんでいても、本当に心から楽しんでいなかった。親から無理矢理習わされて、辞めると言い出せずに続けていた自分のインチャに気づきました。自分が心の底から好きではなかったことが思い出され、泣けてきました。外国の人に茶道を広めるのにたずさわる機会があるのですが、いつでも言い訳を見つけては参加したくない原因が分かってきました。茶道を通しての人間関係が嫌で、心の底が好きでやっていなかったのです。寅子先生の発表されたケース、それぞれに自分の過去にも共通する点がありすぎて、腹の底が痛くて苦しかったです。ただ涙・涙でした。インチャコースを受けても私はまだまだインチャを癒せていなくて、まだまだ山盛りインチャにどこから手を付けていったらいいのかわかりません。いつも先生方がおっしゃるように、玉ねぎの皮を一枚一枚剥いでいくしかないですね。

●朝一番のロジーナさんの講演、とにかく感動的でした。ここで今日きけたこととてもありがたく思います。彼女の患者さんへの数々のアプローチはすべて本当の自分を自分の力で見つけていくということ素晴らしいやり方だと思います。「薬をとることは誰でもできること 自分の治療で治っていくには自分でそうなるように選択してやっていかなければならない」という言葉に感動しました。そしてこれは他のかたの講演に通じるテーマでもありました。寅子先生の講演でお母さんのインチャ癒しの場面での先生の声かけに号泣してしまい指で涙を拭っていたところに隣の席のドイツ人の男性がさりげなくティッシュを渡してくれて嬉しかったです。寅子先生は「この講演を全部で4回も聞く事になるんだ、君らしんどいだろう」と冗談交じりにおっしゃっていましたが これあと3回も見られるの!?すごいラッキー!という心境です。素晴らしいドイツのカンファレンスでした。通訳の方々にも深く感謝します。

●会場も2日目で慣れたせいかとてもリラックスして充実した一日でした。由井先生の母と子のケースが現代医学ではまず理解されない本当のこと だなあと思えてホメオパシーの力を見ました。先生の最後のあいさつのことは 「ドイツも日本も愛しています!」とう言霊のパワーがすごくて地球に響くような気がしました。すべての発表は素晴らしいものでしたが共通していることはインチャ(自己卑下や劣等感)を病の原因としていました。思い込みのこと 間違った価値観と習ったこと改めて気持ち考え方を自分で正すべきであるか ヒーラー セラピストはその手伝いができるべき人であらねばならないと思いました。ありがとうございました。

●寅子先生の発表は、すばらしかったです。ケースでほとんど自分とだぶってしまい、涙が止まりませんでした。インナーチャイルドは、癒せば癒すほど苦しくなっていくけど、変わっていく自分も実感できることが生きていく自信につながっていく。自分という人間がどんどん広がっていく。あきらめないでインチャ癒しをがんばっている自分を改めて抱きしめてあげようと思いました。ドイツが大好きになりました。ヨーロッパスクーリングに参加できてよかったです。ルーマニアでも楽しみにしています。

●ドイツと日本 このようにお互いに一緒になり発表をする事が一番大切な事だと身をもって感じました。霊性を見る時代になってきたことをとてもうれしく思いました。由井先生の発表もとても良かったです。自分の過去世を感じました。参加できて良かったです。ありがとうございました。ドイツでも寅子先生のように魂心の問題 意識することなどに注目されるようになっているのは嬉しいことだと思いました。チュウカク欠損の母の思いに共通した思い それぞれにとても辛い思いが子供にいってしまうことは意識みることの受容性をとても感じました。意識と健康の関係性がもっと認識される世の中になればいいなーと心から思います。会場を歩いてであった人と「アー」は楽しかったです。

●ホメオパシーは、自分自身だけでなく、その周りの人々も治癒し、健康にさせてゆく。病気の人を直接治すのではなく、周りの人々を治していく事ができる。生きるのに辛いときは、全てフタをして、無感覚で生きている人が多い。自分自身を生きたい。私を生きたいと思いました。JPHMAの多様性と深さがよく解りました。ここで学べることは素晴らしい!

●2日間すばらしい経験をさせていただいてありがとうございます。ごはんもとても美味でした。

●あらゆる自然な療法があり、人それぞれに合ったものがきっとあると思います。何より大切なのは、愛を持って、苦しんでいる人と接するということですね。とても楽しい一日でした。ありがとうございました。

●シンポジウム全体を通して、改めて、心と魂が重要であることがわかりました。ありがとうございました。

●自分の潜在の部分に気づかされた。人生最高の講演でした。感謝です。

●ドイツも日本と同様の問題があると認識したことが驚きでした。この問題を明るく取り上げ、未来に向けて、解決する点がとても素晴らしいと感じました。このカンファレンスに参加できたことにとても感謝しています。ありがとうございました。

●今日の由井先生の講演のケース3つとも重い病気でした。私の親類にも心臓に穴がありました。もう亡くなりましたが、この場合も母親にすごい絶望があったということですね。この母親がインチャ癒しができなかったら、どうなるのでしょう?ロジーナさんの自己表現することの大切さは、とても納得です。芸術は、自分の魂を輝かせるものです。私も表現していきたいです。

●ドイツと日本の共通点が多くあることがわかりました。心の問題は、世界共通で、取り組まなければならないものなのですね。由井先生のプレゼンテーションの素晴らしさが、ダントツでした。シンポジウムは、様々な先生の発表があり、学ぶもので多かったです。

●日本とドイツ、同じことを追求していたのだと思いましたが・・・由井先生のスピリットの治療の方が上でした。すばらしい体験をありがとうございます。初めて由井先生の相談会(1999.8.27)から、今ここにいる自分の魂の進化に喜びを感じ、我ながら自分をほめたいと思いましたが、ここまでホメオパシーに関わり、学びをいただいたおかげだと思いました。

●ガーヒ・シェルクさんの講演は、とてもパワフルで今まで習ったことの枝葉となる話が多くあり、とても学びになりました。ロジーナさんの講演は、寅子先生を考えの類荷が多く、より強い説得力が生まれたような感じを受けました。寅子先生の講演でくぬぎに竹粉をいれることを初めて知り、驚きました。ハラルドさんの講演の初めに、新たな交流方法に戸惑いましたが、楽しかったです。ありがとうございました。

●本日、講演をしてくださった先生方、皆明るく、優しく、ホメオパシーと心を愛する人たちは素晴らしいと思えました。自分を変えるためには、まず普段と違うことに挑戦すること、それを実行するための勇気や人との関わりをお互いにやり合えるような明るい人間を目指します。Gabiさん、なんて可愛いの!!

●昨日に引き続き、今日一日全てがとても良い講演でした。常々、私たちが学んでいる 心・魂・体 三位一体の治療、考え方、生き方の見直し、インナーチャイルド癒しなど。真の治癒を導くために、全てドイツでも同様に考えられていること、実践されていることがわかり、嬉しく、また様々な感動がたくさんで感無量の一日でした。

●インチャを癒すことの素晴らしく、感激しました。本当にありがとうございました。

●楽器を演奏するように自分の感情・心を調律して下さい。自分で自分を良くすることが大切、自分が自分を良くするように努力することが大切、自分の持っている力を引き出すことが一番大切ですということ、本当にそう思いました。今日は、たくさんの愛のエネルギーをいただき、愛のエネルギーの交流をドイツの人々を交流できましたこと。本当に嬉しく、幸せな一日でした。ドイツの方々と親しくなれましたこと、嬉しいです。ドイツが平和であり、みんなが幸せでありますように

●鶏と一緒に育ったワシのお話がとてもわかりやすかったです。由井先生以外にも魂が健康と大きく関わるという考えの方たちがたくさんいらっしゃるというのが新鮮であり、嬉しかったです。自分の限界は、自分が勝手に決めてしまっているんだなぁと改めて思いました。食事もとてもおいしく、身体が喜んでいました!ありがとうございました。

●寅子先生はもちろん、今日は色々な方の講演を聞く事が出来 とても勉強になりました。ハナルビ クナウス会長の力強い講演は本当に楽しいSpiritの面からの深いお話が聞けて感動です。楽しい有意義なドイツ2日間でした。感謝

●他の講演者の人にも同じことを別の表現で言っている気がする。普通のものが多くある。

●ドイツのホメオパスの方たちも魂 心 体のバランスの崩れによって病気になる。魂をいやしてあげなければ病気が治らない。という共通の認識をもっていることがわかった。

●色んな人の視線から「同じこと」の違う説明が聞けたのが良かったです。根本的に感じていること大切なことは共通しているなという実感を得られました。

●ドイツのSymposiumとても良かったです。愛にあふれてる雰囲気ありがとうございます。もう大満足です。参加して心から良かったと思います。最先端の治療家としての道だと思います。ありがとうございます。

●ホメオパスとして大事なことは霊性の高さが求められるのは日ごろ由井学長がおっしゃっていました。今回の講演ではここドイツでも霊的見解が大事であることが改めて感じました。とても興味深いとても面白い講演でした。参加できてまた新たに仕事に活かしていきたいと感じました。ありがとうございました。

●ロジーナ先生の必ず治療に創造的自己表現を求めるという部分に考え方の大切さを感じてすごく共感しました。また寅子先生の講演にも大変感動したのですがドイツの方にどのように伝わっているのか気になっていたのですが昼食の時間に話してくださってとても嬉しく感じました。貴重なシンポジウムに参加できたことがとても幸せです。ありがとうございました

●ガービさんのジェスチャーたっぷりの発表がとてもたのしかったです。たくさんのインスピレーションをもらいました。ロジーナさんは初めてお会いしましたが、ニコニコしていてあったかい人でした。自己表現を治療に取り入れているのがすごく新鮮でした。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31