« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

1月13日 コングレスで舞われる勝海登先生の能楽 「羽衣」について

1月13日(土)、14(日)に開催される日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)の設立20周年記念の第18回JPHMAコングレス(http://jphma.org/congress2017/)の初日には、重要無形文化財総合指定保持者の観世流能楽師 勝海 登先生に、今回のコングレスでのテーマである「美」に関する 「能舞「羽衣」 ―天女の祈り―」を舞っていただきます。

Katsumi_02_1
能舞の中には、勝海先生のfacebookから拝見させていただきました「慰霊」という大切なテーマがあります。
勝海先生は、ウズベキスタンをはじめ海外の多くの国で能舞の講演をされていますが、その目的には「慰霊」という大切な役割があるそうです。今年10月にウズベキスタンでの公演は、ナボイ劇場での3度目の公演だそうです。ナボイ劇場とは、戦後、満州や樺太、北方領土からも、ソ連によりシベリア抑留として知られますが多くの日本人が強制労働者として奥地に送られ、多くの方が日本の地を再び踏むこともなく、亡くなられました。ナボイ劇場はシベリアではありませんが、多くの日本人労働者の強制労働により建設された劇場だそうです。劇場建設の中、多くの日本人が再び故郷の日本に戻ることもなく、無念の死を遂げられたそうです。この映像は、ナボイ劇場での公演の映像で、日本へ帰国する望みが叶えられなく彷徨っている御霊様に、日本の象徴である桜と富士山を背景に舞われたものです。当日は、ウズベキスタンの慰霊の際にも背景にプロジェクターで映し出された富士山と桜と五重塔の写真を含む富士山の写真を何枚もスライドショーで送りながら、20分弱の能舞を披露していあだきます。能も目に見えないものをテーマにした日本が誇る素晴らしい伝統文化です。この機会に、日本伝統の能の魅力にぜひ触れていただければと思います。富士山というと木の花の咲くや姫という「美」の神様をいただく霊山でもあり、今回のコングレスに相応しい舞台になると思います。勝海先生は今年は多く日本人が亡くなられたサハリンでも2018年に慰霊を公演をされるそうです。なお、能の面や衣装をつけておりますので、勝海先生は舞われるだけで、ご自身では、能の楽曲「高砂」の説明ができませんので、その後引き続き、古事記に見る日本の美について講演をいただく国史研究家の小名木善行先生から舞台転換の時間を利用して、能舞の解説をいただきます。
https://www.youtube.com/watch?v=hFYWayR5cd0
ウズベキスタン「慰霊 能楽公演」能舞「ナボイの祈り」ナボイ劇場にて。(2017年10月17日)
勝海先生のオフィシャルサイトは以下
http://www.waseda-gallery.com/
GINZA6 観世能楽堂でも 勝海先生の舞台がみられます。また、先日 東京でビッグサイトで開かれたロボット展では、今伝承されている勝海先生の能の舞いの技術を、そのままセンサーをつけて3次元で記録してロボットに舞わせることで、その技術がロボットにより未来へ伝承させるテクノロジーがブースで披露され、なんと名だたる600のロボット技術の企業がブース出展する中、もっとも話題になったベスト3のブースの1つにも選ばれたそうです。
今回は、ジェモセラピーや花粉療法など自然療法の先進国ルーマニアからマリナ博士を招き、両日講演をいただき、1月15日には来日特別講演をCHhom5校を同時中継で結び講演いただき、15日には講演後、モンサントが供給する遺伝子組換え大豆の一大生産拠点だったルーマニアが、市民、農民、政府をあげて、NON GMOへ取り組み、いまやドナウの奇跡、NON GMO大豆のヨーロッパでの大供給国へと生まれ変わったドキュメンタリー映画「Uターン」の上映会を行います。ローマ文化の伝統を継ぎオペラやクラシックなどの芸術大国でもあるルーマニア(ローマニア)ですが、勝海先生は1人で海外公演は回られますので、ルーマニアでも今回のコングレスの出演がきっかけになって、能楽の公演が実現すればいいなと話されていましたが、こんなことも実現すればいいですね。

2017年12月23日 (土)

環境農業新聞2017年12月15日号にJPHMAコングレス特集が掲載されました

▼第18回JPHMAコングレス 特設サイト

http://jphma.org/congress2017/
【掲載記事】
拡大して読める形ではJPHMAホームページ
メディア紹介のページで紹介されます。
20171215
20171215_2
20171215_3
20171215_4

2017年12月 9日 (土)

12/24(日)とらこ先生の『Zenホメオパシーによるホメオパシー的予防』

12月8日(金)送付のメルマガより
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃
┃◆┃ヨーロッパ4か国 ZENホメオパシー発表 大成功記念
┃ ┃
┃ ┃『Zenホメオパシーによるホメオパシー的予防』
┃ ┃
┃ ┃~感染症は自分自身が引き寄せていた!!~
┃ ┃
┃ ┃12月24日(日) 10:00~12:30
┃ ┃
┃ ┃由井寅子 CHhom学長
┃ ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
20171224
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃
┃ ┃
┃ ┃『Zenホメオパシーによるホメオパシー的予防』
┃ ┃
┃ ┃ ~感染症は自分自身が引き寄せていた!!~
┃ ┃
┃ ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回の講演では、とら子先生が極めた魂・心・体を三位一体で治癒に導く「ZENホメオパシーの神髄」を一般の人にもわかりやすく解説。
とてもお勧めのライブとなります。
今年10月、欧州4か国の団体からZENホメオパシーをテーマに招聘され、とらこ先生は各国で学術発表を行いました。
そしてその先進のメソッドは、各国での参加者に大きなセンセーションを巻き起こすとともに、しっかりと受け入れられたようでした。
医原病、食原病、環境病、インナーチャイルド病など、現代の様々な難病を根本治癒するためには「ZENホメオパシー」でのアプローチはもちろんのこと、インナーチャイルドの癒しが不可欠であります。さらに治療家の側にも霊性の高さが求められます。
特に、日本で「ZENホメオパシー」が誕生した背景には、今の日本人の状況があります。 すなわち、信仰心を失い、道徳に縛られ、 感情を抑圧し、自己否定が強く、毒物に曝され、魂・心・体がボロボロになっています。
その中でも特にマヤズムと関係の深い感染症とインナーチャイルドとの関係について深く学びます。
■実は、病原体が感情を持ってた!?
病原体が感情を持っていることによって、あなたが同じ感情を持っているとその病原体を引き寄せます。あなたがその病気にかかろうとしても、病原体と同種の考えを持ってない限りはその病気に感染する事はありません。あなたが病原体を「非自己」と出来ず、引き入れてしまったから病気にかかるのです。
どうしてインフルエンザにかかるのでしょうか?
親から「いらん子」と言われ、「自分はクズだ」と思えば思うほど、その同種の感情を持った病原体があなたの中に広がってしまうのです。しかし、この病原体が広がってくれる事は あなたにそのような考える癖があるという事を教えてくれているのです。
■予防接種は悪くない!?
なんのために予防接種の会社が存在しているのかと考えた時に、やはりこれは同種療法として、自分の治癒力を信じず、病気を恐れたためにこのようになっているのではないか。 本来、病気は恐れるものではなく、神様からもらって、それも体をきれいにするためにもらっている。「生き方、考え方が間違っているよ」と教えてくれている病気ですから。病気はありがたいものです。たとえ医原病といえども、運命としてもらったものを予防接種が悪いからこうなったんだよと外にだけ原因を求めている以上、根本的な解決はないと思います。
このように今回の講演は、とらこ先生が最新の研究成果を語る渾身の2時間ライブとなります。
ホメオパシー利用者にも、療法家にも今回は必聴の内容となります。
12月クリスマス、1年の締めくくりとなるこの時期に人生が楽に生きられるように、皆様の気づきにつながればとても有難いことと思います。
ぜひ12月24日はお連れ様もお誘い合わせの上、CHhom各校へお集まりください。
【詳細&お申込み】
・日時
12月24日(日)10:00~12:30
・講師
由井寅子 CHhom学長
・会場
CHhom東京校(ライブ会場)
札幌 名古屋 大阪 福岡(中継)
≪参加費≫
●一般: 3,000円
●とらのこ会員: 2,000円
●CHhom学生・JPHMA会員・認定ファミリーホメオパス・認定インチャセラピスト: 1,500円
 
≪詳細&申し込み≫
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20171224_1.php
☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
▼今後のイベント案内
……………★★ ホメオパシー的予防 実践編 ★★……………
◆年末年始の役に立つ、家庭でできる
 『ホメオパシー的予防 実践編』◆
 
【午後】2017年12月24日(日)14:00~16:00
 新城英一JPHMA認定ホメオパス
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20171224_2.php
特典:12/24(日)午前中の「とらこ先生講演会」に参加の方は、当セミナーは 1,000円(一律) でご参加いただけます。
……………★★ 新春はホメオパシーから! ★★………………
◆新春ホメオパシートーク(参加費:無料/要予約)◆
2018年1月6日(土) 11:00~13:00終了予定
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2018newyear.php
……………★★ホメオパシーには可能性がある!★★……………
◆第18回JPHMAコングレス◆
2018年1月13日(土) 10:30~18:30
2018年1月14日(日) 10:00~17:00
≪特早割 12月17日(日)までにお申し込みの方≫※延長しました!
http://jphma.org/congress2017/
……………★★ジェモセラピー(植物蕾療法)★★………………
◆ジェモセラピー(植物蕾療法)の概要と実践◆
2018年1月15日(月) 10:00~17:00 (昼休み 1時間含む)
海外ホメオパス招聘
マリナ・シウマス・リンブ博士(ルーマニア) 特別講演会
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20180115_1.php
………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………………
◆CHhomオープンキャンパスのご案内(1年コース、4年コース)
CHhomでは、入学希望者を対象にオープンキャンパス(公開講座)を実施致しております。
≪早期割引特典あり!≫
・2017年1月末までに入学手続きが完了された場合、入学金30%OFF
http://www.homoeopathy.ac/2012/invitation/open-campus.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
本メールはCHhomより送信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールはCHhomメルマガ希望の方に配信しております。
CHhomメールマガジンの「新規登録」「配信停止」は
こちらからお願いします。
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=html_dsp&out_html=mailmag_chhom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆_____________________
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー
〒158-0096 東京都世田谷区玉川台2-2-3 矢藤第三ビル
TEL:03-5797-3250 FAX:03-5797-3251
E-mail:chhom@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/
_____________________★☆

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30