« 2020年7月 | トップページ

2020年9月

2020年9月 6日 (日)

【シェア拡散歓迎】とらこ先生から皆様へ メッセージ 9/12(土)自宅受講再配信! 人生を幸せに生きるためのコツ-暗闇に光を-

とらこ先生から皆様へ メッセージをいただきました。
今回の講座「人生を幸せに生きるためのコツ」の講演は、私がこれまでの人生を通して培った生き方の哲学の集大成です。
生き辛さを抱え、苦しんでいる方々が私の相談会に来ますが、その苦しみの背景には「負けることができない」という心の問題があるように思います。
できない自分を愛せずに「負けるもんか」「自分はできるんだ」として、等身大の自分を見ようとしていない方がとても多いと感じています。
この講演では、底辺の自分、ダメな自分、ぼんくらな自分を受け入れて初めて自分自身を受け入れることができるようになれる、ということを私の体験やケースを通して伝えたいと思います。
ぼんくらな自分を認められれば、自分よりぼんくらな人を責める必要がなくなり、相手を誹謗中傷することもなくなり、「ぼんくらだからもっと努力しろ」と言うこともなくなるでしょう。
相手を責めなくなることから、争いが起こらなくなることに繋がるでしょう。
これは人が生きる上でとても大事なコツなのです。
皆できていないし、ダメなのです。
皆もっと誉めてもらいたいのでしょう。賞賛がほしいという気持ちもあるでしょう。
しかし自分がダメだという事実を見ずにそっぽを向いてばかりはいられないのです。
この事実に向き合うことが出発点になるからです。
ここを見つめて認めない以上、霊性も上がりませんし、幸せにもなれません。
多くの苦しんでいる患者さんがこの講演を聴くことで気づきを得て、苦しみから脱却できることを心から祈っております。
どうぞ9/12(土)「人生を幸せに生きるためのコツ -暗闇に光を-」再配信をご覧ください。
▼8/8ライブのレポートの参加者の感想
上記リンクより

とらこ先生納涼講演
「人生を幸せに生きるためのコツ-暗闇に光を-」が開催されました。

最初にとらこ先生が熊野の神様に呼ばれ、7月大雨が降る中に熊野古道を歩き、神様と感応する峯入りをした映像が上映されました。
古代の人達が行ったように山を越えて行った苦しい峯入りの中で、そこに存在する様々なものに神様を感じ、先祖の方々の信仰の深さを感じ入るとらこ先生の様子を見せていただきました。

峯入りの中でとらこ先生がご自身の辛い人生を振り返り気づいたことを語られました。

―いらん子として生まれ、「寅子お前は、生まれて来る必要はなかったんだ」と母やばあちゃんからいつも言われていました。
母は5人の男にレイプされたり、私の目の前で、押し入り強盗に刺された。母ちゃんを助けられなかった自分。一杯騙され、お金も名誉も取られた。こんな生き馬の目を抜くような所に生きたくないと思うようになったのです-

とらこ先生が苦しかった時期に読んだ道元の修証義には、なぜこのような苦しい人生をいただくことになったのか、という理(ことわり)について書かれてあり、この理を理解することで苦しみを肯定的に受けとって行くことができるようになったとのことでした。

様々な苦しい人生を生き、母親から愛されなかったとらこ先生が、それでも、
「生まれ変わるなら、もう一度この母親のもとに生まれたいと思う」
と最後に語られたことは皆様の心にとても深く響き、感動の声を多くいただきました。
親への感謝に至るまでのとらこ先生の変遷は私達に多くの気づきと学びをもたらしました。

そして人生の暗闇に光を灯す大切な2つの灯火、自分自身を頼りとする「自灯明」と真理を頼りとする「法灯明」の教えをとらこ先生の体験談や相談会のケースを交えてお話されました。
壮絶な家庭環境の中、虚無の世界にいた方が人生に希望を見出し、全てに感謝を感じられるようになったケースもとても感動的な内容でした。

ご参加の皆様の人生を幸せに生きるためのコツを掴むことができたことを願っています。
とらこ先生ありがとうございました。

終了後は豊受夏祭りを開催。
東京校では焼きそば、ヨーヨー釣り、線香花火などを皆で楽しみました。

ご参加の皆様、本日はありがとうございました。
来週8/15には「とらこ先生のコロナを越えてタブーを越えて、この時代を生き抜く10の講座」
<第3回>「歴史」―歴史の事実を知り、これからの生き方を考える―が行われます。
皆様のお越しをお待ちしております。

【参加者アンケート】

●お盆を前に、寅子先生の霊性を高める講義をいただき、ありがとうございました。自灯明、法灯明とも初めて耳にする言葉に大変興味深く、人として生きる本当に大切なことをあらためて気づかせていただきました。また、体、心、魂の成長に必要なあらゆることが、自分を育てるのだということ、苦しみも悲しみも全てのおかげで、それに気づくことができるのだということ、この縁に感謝できるよう、いつも自分をみつめてゆきたいと思いました。本当に、この大自然は、その場でいつもそっと静かに私たち人間に多くのことを与えてくれています。そして、それに気づくこと、感謝、謙虚、利他の信仰の心をもつことを教えてくださる寅子先生に心より感謝いたします。

●母に苦しみ苦しみ抜いて、苦しみを超えて、その母の元に来世また生まれたい、そして母に尽くしたい、と語られた寅子先生の言葉に感動しました。暗いんだよ、重いんだよ、あたかも居ないように・・・そんな体験は私もぶ厚く記憶にあって、本音をなかなか言わない、気難しく、すぐ否定と捉えるところも、取り組んで来てはいるけれど、なかなか、負ける、ができないなぁと見返す切っかけになりました。その場をしのいで物を与える、についても、家庭の中で、夫と私の考え方の相違に悩んでいました。私は与えすぎと思っている、それに対して、子供のうちはそんなものだよ、と夫、私は自分が不幸な家庭で、夫は幸せだったと思い込んでいるから、そうなのかと聞いて葛藤していましたが、きちんと向き合って伝えなければと思いました。

●今日の講演を聴いて、人生とは戦いなのだと思いました。最初、いろいろな障害や不幸が、外側からやってきて、いろいろかき乱していくのですが、実は、それらは自分が選んで生まれてきているのです。それに気が付いた時点で、次に自分との戦いが始まり、いろいろ葛藤したり悩んだり、病気になったりして、悟ったり、新しい人生を踏み出したりするのだなと思いました。クライアントさんが、VTRで話されているのをとら子先生が聞きながら、微笑んでおられるのが印象的でした。大変なご苦労の多い人生を選んで生まれてきて、多くの人々の法灯明として生きられるようになった先生に感謝です。ありがとうございました。トマトもキュウリもおいしくいただきました。

●先日オンラインで講演を聞き、今回直接お話が聞けてよかったです。私の息子が先生と同じ潰瘍性大腸炎になり、4年が経ちます。色々なところへ行き、先生にたどり着きました。信仰心、カルマ、トラウマに向き合いながら迷いがあったので今日のお話はとても参考になりました。謙虚に利他の心で離婚したこともあり、それでも元パートナーの依存症など気になっていましたが、息子にとっては同じカルマにならないように祈りを深めたいと思います。農業に対しても思うことがあり、これからも学ばせていただけたら嬉しく思います。

●久し振りに拝聴させて頂きました。ありがとうございました。これまでの先生の教えの総まとめというか、1つ1つ思い出し自分にとって大切な部分、メモしながら聴いておりました。理論として自分は大分理解できているように感じてはおります。最後の男性の方、素晴らしいですね。自分と似たようなところありました。色々、新しい発見もありました。先生には本当によくして頂き、またその他の人生の中で出会った人への感謝の気持ち、して頂いたことを思い出し、素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。寅子先生は信用できます。人を全然信用できない僕も、寅子先生は信用できます。

●行きの時にタクシーのおじいちゃんが、ずっとコロナの話をしてきて、やっぱりやめた方がよかったかなと思ったけど、会場に着いて、とらこ先生のお話をライブで聴けて良かったと思った。活けてあった百合のお花がきれいだった。白い百合の花ととらこ先生があっていた。1年前の夏の講演は、申し込んだけど、体が動かなくて死にそうで行けなかったけど、それから、ホメオパシー相談受けて、インチャのコースを受講して、今日は会場に来てお話を聴けて感謝です。ケーススタディの男性と同じ、インチャ8期で、お会いしたことないですが、1年たって元気になられて嬉しいです。すべてに感謝し、全てを愛することを実践していられるんだなと思いました。私はまだ全てを愛することは、まだちょっとできていないです。

●冒頭の熊野詣にはビックリしました。命のキケンを感じました。よく流されずにお告げを貫徹されましたね。ホメオパシーやインチャに出会って3年ですが、自戒の念からまだ脱出できません。先祖供養や万物に感謝する心は日々成長してきたと思います。ケースの中の男性が、苦しみは全て自身で企画してきたのか・・・と先生に問う場面がありましたが、部分的に納得できました。「同じ母のもとに生まれたい」という先生の気持ちを理解するのは少し時間が必要です。母を看取った際「あの世でも来世でも絶対に会いたくない。お互いに辛いから・・・」と枕元で言いました。まだその気持ちは変わりません。でも、これまで育ててもらった事は、年を経るごとに強くなっています。「そこから逃げない」を自分の道しるべとして、自分を愛せるよう信仰心を育てていきたいと思います。

●壮絶な人生を生きてこられたとらこ先生だからこそ、語る事が出来る内容だったと思います。負けを認めること、謙虚さ、自分を責めない事、他にもたくさん「ああそうだな」と思う事を学べました。学校では生き方を教えてくれず、大人になっても誰も教えてくれず、何が正しいかも分からない世の中で、真理だと思いました。とても興味深い3時間でした。いただいたお野菜もとてもおいしかったです。ありがとうございました。

●今日寅子先生に聞いたお話に近いことを親から教わってきていたが、自分の中で?と思うこと、例えば自分を認めてあげることと責めることと、逃げたりなまけたりすることと、卑下することは何が違うのかよく分からないことがいくつかあったので、そのもやもやが紐解けた感じがした。それと共に自分は素晴らしい考えを教わっていて、今楽しく生きていられることに改めて大きな感謝をしたいと思った。

●本日はありがとうございました。ふとしたきっかけで参加させていただくことになり、これもご縁だったのだな・・・とありがたく思いました。感謝、利他、謙虚、何度も聞いて大事だと(頭では)わかっているのに、本当にできないのは、ダメな自分、等身大の自分を全然見られてないし、受け入れられてないからだなと思いました。ケースの男性は1年数か月であれほど変わられていて、びっくりしました。真理を求める力、信仰心、その辺の力が本当にすごいと思いました。自分はすごく恵まれた環境にいるはずなのに全然生かしきれていなくて、自分を省みたり、受け入れたりする部分のほか、なぜできないかといえば、信仰心、信じる力も足りないのかなと思った。もっと信じて、勇気をもって取り組んでいきたいです。ありがとうございました。

●今日はありがとうございました。人に嫌な思いをさせ、傷つけてしまってきた自分に最近気が付き、もがいていました。気をつけていても、そうさせてしまう自分の存在が恥ずかしく、どうしたらいいのかと考えていたところ、本日の講演会でした。自分の事ばかり考えて生きてきた自分を責めていました。こんなダメダメな自分に向き合い、受け止める努力を使用と思いました。タイムリーな内容でした。耐える力を養い、強さを身に着け、謙虚さを身に着けていきたいと思いました。どうもありがとうございました。ごちそうさまでした。

●7月上旬に、上司に退職希望の申し入れをし、10月15日付で退職の流れとなりました。このコロナ禍(特に3月~6月の3か月)や、父が暮らす長崎も含め、九州地区を襲った水害をかえりみた時に、一番大切にしたい人、物、事が何なのかを痛切に考えさせられ、この結論に至りました。2年前に母を亡くした事も大きく深くつき動かした一因です。この先、どうするかをキッチリハッキリ決めて、動き出したのではなく、今のままではいられないという思いがとても強かったのです。今回初めて、お目にかかりましたが、何を一番大切にすべきか、今後、どうするか、私の中にある答え合わせができて、しかも間違いでない事が確信できました。ありがとうございました!

●今日も大切な内容のお話をありがとうございました。毎日の子供に対する接し方をまた改めて反省しました。インチャ癒しをするにつれて両親への感謝の気持ちも(今はまだなのですが)もう少しでわいてくるかも知れないという感じがします。これまでは「両親には感謝するべき」というゴールだけ示されることは多くありましたが、そうなれるまでのプロセスを教えて下さる方はいませんでした。今日も内容も大切なことがたくさんで入りきらないので本やDVDになってくれると嬉しいです。ありがとうございました。

●謙虚に生きることは、負けを認める事というお話し。自分では足りないと思います。そうなろうと頭では思っていても、できていなかったと思いました。最低の自分を認めること。がんばります。もう一度生まれ変わった時、お母様のところに生まれたいとのお話し、びっくりしました。先生、本当にすごいですね。

●8月8日という特別な日に寅子先生の講座で会場に聞くことが出来て本当に良かったと思いました。寅子先生のエネルギーを直接感じることが出来ました。やはり全然違うなと思いました。きゅうりとおみそ、トマト、ハーブティとても美味しくて心と身体が癒されました。浄化されました!!!本当にありがとうございました。たくさん吸収することが出来ました。

●お話の内容は復習になる部分が多かったですが、また違った方向からの解説もあって理解が深まりました。ケース見学させて頂いてた方の1回目の様子や処方も分かって、クライアントさんの状態の変化がすごいなあと改めて思いました。修証義についてもう少し解説があってもよかったのかなと思いますが、資料を頂けたので自分で読んだり調べたりしてみたいと思います。どこもお祭りを中止している中、楽しいイベントやきゅうりやトマトもとても美味しく、こうして皆で食べられるって素敵だなと思いました。ありがとうございました!

●自灯明と法灯明の話、とてもよかったです。駄目な自分を認め、許し、愛する。自己肯定の光。謙虚になる。自分自身を灯として生きる自灯明。真理を灯として生きる法灯明。暗闇に光を灯す!このコツを学び、この夏を乗り切っていきたいと思います。豊受きゅうりとお味噌、トマトのコンポート、とても美味しかったです。本日、講演会に来ることができて、良かったです。ありがとうございました。

●生きていく上で大切な事を教えていただきました。私たちには計り知れないほど辛く大変な人生を送ってこられたとらこ先生が、最後にまた母親のもとに生まれてきたいと言った言葉にには、胸が熱くなりました。今日教えていただいた自灯明、法灯明を心に刻んで、これからの人生を生きていきたいと思います。ありがとうございました。

●琴線に触れる講演会をありがとうございました。負けること、できていないなぁと実感する機会をいただけました。勝ち、負けではないですが、負けるが勝ちだと思います。言うのは簡単ですが。感謝、謙虚さも、私にとってとても必要なことだと思っています。たくさんの気づきをいただくことができました。ありがとうございます。

●49歳男性の相談ケースは特に印象が強く衝撃的でした。決して特殊なケースということではなく誰もが多かれ少なかれ持っている悩み、苦しみに共通するものもあると思います。レメディーやマザーチンクチャーの威力だけでなく般若心経、祝詞によって魂が研ぎ澄まされていく過程が感じられ共感できました。全体として非常に深いお話だったと思います。ありがとうございました。

●食の大切さを知りました。自灯明の大切さを知りました。ダメな自分を認め、許し、愛するという考え方は素晴らしいと思いました。負けることの大切さ、勉強になりました。「感謝、謙虚、利他」心に持ち続けたいと思います。最低の自分を認めることから始めたいと思います。

●自分を否定されることが苦手なので今日のお話を聞いてハッとしました。否定してくれる相手に感謝なのですね。忍耐が足りないことにも気づかされます。子育てにおいても存在してくれていることに感謝し多く求めすぎずたくさん愛情を注いでいけたらいいなと思います。

●6月に大切な友人が亡くなり、それからいつも命や生き方を考えていました。これから私のすること、やるべきこと、見たい世界、友人も見たかったであろうこれからの世界、とらこ先生のお話しの中にたくさんんおヒント、光を見つけました。今日からまた この気づきを少しずつ私の中で育てていこうと思います。

●とても衝撃的なお話ばかりで自分の子育ては大丈夫なのかととても不安にもなりました。法灯明があれば自灯明が育つと今日聞いたので子供を信じて真理を教えて大事にしていきたいなと思います。いつも悩みに合ったお話が聞けて気づきが多いです。ありがとうございます。

●まだ全部理解はできていないけど、そのうち理解できるといいです。できない、人より劣る自分を認めて、いたわりたいです。どうもありがとうございました。等身大の自分を認めるというのが残りました。そこから始まるというのも。

●自灯明、法灯明のお話しは、とても腑に落ちました。「大事なものは目に見えない」星の王子さま。何度も読みましたが、また読みたくなりました。色々な今回のお話しは、本当に魂に響くものでした。有難うございました。

●今日はありがとうございました。とらこ先生が今度生まれ変わってもまたお母さんのもとに生まれてきたいとお話してくださったことに、真の愛を教えていただいたと思いました。謝ること、愛すること、感謝することを教えてくださり、ありがとうございました。

●自分を許すこと、負けること、なかなかできずにいます。最近まで、人に依頼して生きていたので、それに気付いた時にとても驚きました。今日のお話からもう少し自分を許せるようになり、真理を灯して生きていけそうに思いました。ありがとうございました。

●どうもダメを認めたくない親子になってしまって今日までエスカレートしてしまったようですが、「だめな自分を認める」ことが多少親子でわかってまいりました。先生のお話しとても興味深く感じました。至らぬ娘と親ですが、どうぞよろしくお願い致します。

●久しぶりのライブ会場で参加しました。先生の姿を拝見し生き生きとしたプラーナを感じ、ライブもいいものだなと思いました。おもてなしもいただくことができとても美味しかったです。ありがとうございました。

●昔から物事を深く考えることが苦手で自分を見つめるということが難しいかも知れませんが、少しずつ自分を見つめて受け入れていこうと思います。最低な自分を受け入れたら家族や他人も受け入れられ、優しくできると思います。

●法灯明、自灯明の大変大切な教えをいただきましてありがとうございます。心に沁みいるようなお話でした。講演会に参加する機会を与えていただき、学ぶ機会を増やしていただきありがとうございます。感謝!です。

●トラちゃん先生、いつもありがとうございます。言葉一つ一つを心において、明日から気持ちをととのえて土の上に立ち、感謝や感動を忘れずに畑仕事をします。救われない人々や動物にも光がとどくよう祈りを込めて野菜を育てます。

●自灯明、法灯明。すごく大事なモノの考え方だと思いました。こうしてわかりやすく整理して話して頂けて、本当にありがたいと思っております。

●正しいやり方を信じて続けてやって行くと、人生は変わるのだ。特に魂の向上に…素晴らしいナと思いました。物事に対する見方が変わっていくことも。。。インチャが出て来て泣いてしまいました。隠れていたインチャがいたらしいです。ありがとうございました。

●負けることは本当に苦しいです。相手にも弱さがある事は頭で分かっていても心が納得せず、こらえきれません。今回の講演で耐えることが必要と学びました。草取りを通して忍耐力をきたえ、負けることをしていきたいです。

●信仰心をもつことは、自分を大切に生かすこと。そして、自分とかかわるすべての人や物に感謝することが生まれる。全てが、巡り巡っていることがわかる。ありがとうございました。

●私も負けることが難しいけれど、いつかできるといいと思いました。日々頑張りたいと思っています。症例の方と共通する点があり、おどろいています。まずは自灯明です。

●2ケース目の方の最初の状態を考えると、あの被害者意識が強かったのが、本当に心から感謝する様子が見られて精神状態が変わることで、本当に良くなってこの方も自殺することがなくて良かったと思いました。

●幸せに生きるためには、どうしたらよいのか・・・このようなことを教えていただけるスクールがあるということは本当にすばらしいことだと思います。ありがとうございました。

●「自灯明」という言葉、以前、先生から聞いたことがありましたが、すっかり忘れていました。真理を見ていけるよう、自分の足で立てるよう、少しずつ前に進んでいきたいです。

●とらこ先生、ありがとうございました。体・心・魂の栄養についてのお話がとてもよかったです。自灯明・法灯明については今まで自分や真理をそこまで頼りにしていなかったように思い、これから心がけたいと思いました。

●とらこ先生のパワーをいただき、元気をもらえた気がします。自灯明をともすこと、いろいろ探ってみたいと思いました。とても勉強になりました。ありがとうございました。

●娘のすすめで初めて講演会にお参加しました。先生の人生のおはなしに感銘を受けました。「感謝、謙虚、利他」本当に大切なことだと感じました。自分の身近な人にその気持ちを持って接したいと思います。

●神霊先祖への感謝が自分を守護して下さるということを改めて強く感じました。そりの合わない母を私が選んだのだという教えは少なからず驚きでしたが、そのように考えれば少しは気持ちも落ち着きます。

●今日もすばらしいお話とケースが聞けてよかったです。きゅうりやトマトもおいしかったです。ありがとうございました。

●いつも自分の中にある何かの答えをとらこ先生のお話しの中で得ているのですが、今回は、ドストライクなお話し、お言葉を得ました。まだまだ子供です。。。

●とらこ先生、今日も有難うございます。又、気付きに深みが増してきました。ありがとうございました。

●心に沁みる内容でした。とら子先生のような方が存在して下さって感謝しかありません。

●どうもありがとうございました。「自灯明」と「法灯明」のお話が心にとまりました。

●今回のセミナーは内容が具体的でわかりやすかった。実践していこうと思います。

●楽しかった。最近の講演会の中では特に良かったと思う。症例が素晴らしい。

●全てのものに感謝することがふにおちた。

【自宅視聴者アンケート】

●本日もありがとうございました。法灯明の元に、自灯明の世界を日々、心がけて過ごしたいと思います。

●今回、直前まで迷っていましたが…やっぱり受けて良かったです。インチャコースもe-ラーニングでそろそろ終わりに近いのですが、インチャ癒しのヒントになることがたくさんあって、感激でした。最後の相談者の事ですが…私もクリスチャンの家庭で育ってきたので、祝詞、般若心経を良いとは頭で分かっていても、なかなか長年の癖は取れず、なんとなく自分で唱えることは出来ず聞くだけでした。それでも所々は覚えていて口から出ることはあります。そのことをなかなか受け入れられなかったのか、朝から唱えるということが実行できずにいましたが、最後の相談者の話を聞いて、やってみようと思いました。それと、とらこ先生の…まずは歌うようにやってみて…後から信仰心はついてくるから…というお言葉に背中を押されました。インチャコースをもう卒業間近になってやっとです。インチャコースでインチャ癒しをしようという気持ちになれたのも、1期からずっとでやっと8期でしたので…歩みの遅い私ですが、私なりの速度でインチャ癒しを進めていけることに感謝しながら…今日の講演会の感想にしたいと思います。ありがとうございました。

●大変なカルマを背負って生まれた男性の回復した姿を見て、人ってこんなにも変われるんだな、と驚きと感動の思いでした。人にはもともと霊性が備わっていて、それを目覚めさせれば、どんな暗闇にも光が灯るのだなと思いました。本日もありがとうございました。

●本日は、寅子先生、本当にありがとうございました。霊性を高めるべく、今までよりさらに信仰を大切にし祝詞般若心経をしっかりと行い、良いものを食べ、自灯明、法灯明を大切にし、感謝、謙虚、利他を大切にして生きていこうと思います。出来る限り、自然に親しむ時間を増やそうと思います。神社にいくこともしようと思います。自己卑下は、えらそうな自分がいることだとよくわかりました。ほんとうにありがとうございました。

●自己卑下が、ダメな自分を認めたくない怒りの感情であること。「偉そうであること」が、すごく身に沁みました。確かに私もそうです。これに全然気付けなくて、短絡的な喜怒哀楽のうちどれだろう。。。と、そこにばかり時間を費やしていました。謙虚な振りをして人を見下しています。言語化できない無意識下の中で、私もやっています。自分では気付かなくても、態度に出ているとも思います。今日とらこ先生から聞けて良かったです。同じことを親に他者に指摘されていたら耐えられず臍が曲がっていました。まだまだメンタルが揺さぶられることが多くて未熟の塊ですが、先生から教わったことが付け焼刃にならないように、自己観察気を付けます。先生の生きた歴史や誇り、貫禄が非常にありがたいです。またよろしくお願いいたします。

●本日も貴重なお話しありがとうございました。先生の衣装、今日も素敵でした。翁格子⁈の帯もばっちり決まってました。マイクをセットしながら目配り気配り、菊田先生に手伝って貰い少し汗ばむところがまた魅力的でした。体が無くなっても、トラは無くても皮を残すように連綿と受け継がれると思うと、この世で綺麗に精算していかねばと…改めて自分を見直す良い機会になりました(笑い)。再度ありがとうございました。感謝感激。長時間ありがとうございました。追加お支払いしないといけません(笑い)。

●ここずっと周りも疲れが続いていたり、テレビなどでも誰かを叩くようなことを多く目にすることが日々あり本当に心身が疲弊するような中で、今日の講演会を視聴することが出来て、救われる気持ちになりました。信仰心がなぜ必要なのか、自灯明、法灯明とは何かとか、インチャ癒しの重要性を再認識することができました。最初のケースも最後のケースも何かすごく心に残りました。自分でもちょっと内観してみようと思います。ありがとうございました。

●寅子先生のこれまでのご苦労の話は、これまで何度となく伺っていますが、今回初めて聞くお話もあり、改めて胸を打たれました。また、2つのクライアントの事例では、ご自身のカルマ・先祖のカルマが今世での経験に大きく関わっていること、そして気づき、自分自身を認め、癒し、より前を向いて生きていこうと決意されて明るくなられたご本人を見せていただき、私自身も元気をもらいました。
そして、星の王子様とバラの関係・最後のメッセージは心に響きました。
今後の人生へに光を与える気づきを与えて下さり、ありがとうございました。

●植物の種子にも、霊性の高い低いがあると考えたことがなかったので、本日の講演を聞いて、驚きました。また、遺伝子組み換えの肥料を施した土地は、霊性が下がってしまうと分かり、日本の農地・農産物・子どもたちの健康は大丈夫かと、将来が心配になりました。寅子先生は、助けてくれる人もいない上に人種差別もあるイギリスでの生活の中で、ホメオパシーを猛勉強して持って帰ってきて下さったのですね。また、患者さんを救うことができず、6ヶ月自分を責め、ホメオパシーができなくなったことがあったと知りました。ホメオパスとしての寅子先生の苦悩を知り、ますます寅子先生のお人柄に魅力を感じました。

●寅子先生の進まれた道が良く分かりました。自分や家族、子どもたち、両親に起きていたことがよく分かりました。私の実家も曹洞宗です。ずっと関心を持ちながら、今日は資料を頂き有難うございました。今日の講演会で、インナーチャイルドのセラピストコースに入るきっかけを作って頂き有難うございます。家族や自分のインチャを癒し、一からまた出直します。思えばRAHに入学して14年経ちましたが、あっという間の時間でした。岡山の皆さんに、いつまでホメオパシーをご紹介できるか分かりませんが(レメディ・ショップ)まだしばらく元気で地域を元気にしていきたいと思っています。今日のご講演 誠に有難うございました。祝詞と般若心経のCDがあると聞きました。購入させて下さい。

●黒米のマザーチンクチャーが仲間外れ、孤立、独りぼっちになることの恐れと悲しみを緩和させることが印象に残りました。私は小学校や習い事などで独りぼっちになることが多かったです。そのようなときに必要だったのかなぁと思います。今回思いきって商品をたくさん購入しました。心と体と魂を健康にします。

●凄く良かったです 熊野古道本宮大社大好きですなんどいっても素晴らしい神社です寅子先生歩いて凄いです

●トラコ先生、夏のお着物、淡い紫色もぴったりで、とても素敵でした。浴衣を1人で着ることもできない私は、今朝は何時から先生は髪を結ってお化粧して着付けして整え、その前には原稿を準備して。いつものことでしょうから慣れた手順があるのでしょうが、思いを持って積み重ねて1つ1つ行動していく、その実際を今日も見せていただきました。これから横浜の実家へ行きます。畑のジャガイモ掘りが残っていて、明日は暑くならないうちに早起きして掘る予定です。80代も後半の両親は生きながら30年後には、こうなるよ!と人生の先輩として示してくれています。この肉体を使って生きる有限の時間、何をする人ですが。コロナはそのことを考えざるを得ない状況を作ってくれました。生きる喜び、おしゃれも大事ですね!

●本日も素晴しいお話をありがとうございました。由井先生の涼し気な浴衣姿がとても素敵でした。長年、由井先生のお話をお聞きしておりますが、最初の方の頃と内容やお話のされ方もずいぶん変化されているのを感じます。どんどん、神様仏様の方にお近くなられていることを感じます。由井先生の霊性にはとてもとても、私など及ぶべくもありません。それでもこうして、今世で由井先生のお話を伺えるだけの善行を、私は過去世で行えたのかなということをつくづく感じた今回の講座でした。以前はよく人間関係その他で「自分なんか」と落ち込んだりもしていました。そして周囲を見ては「みな、優れている」「みな、幸せそうだ」として「そのようになろう」としても現状を見たときにさらに「こんなダメな自分」ということでさらに自己卑下したりしていました。自分を照らす「自灯明」すらないと思っていた時期だったと思います。ホメオパシーを知ってもなお、辛い時期は長くありました。両親とのことで悩んだ時期もやはり長く、今現在も決して良好とは言えませんし由井先生の到達された心境に至る日が私にもやってくるかもわかりません。それでも以前よりはずっと親に対して(とくに母ですね)穏やかな気持ちでいられるようになりましたのは相談会ももちろんですが、やはり地道にインナーチャイルドを癒していったおかげかな、と思います。感謝・謙虚・利他の精神をもてるようになれたらいいけれど、自分は本当にまだまだなものですから、いつか由井先生のような心持に近づけたらなと思っております。今回も本当に、ありがとうございました。

●お盆入りのこのタイミングに先祖・霊性・自然のお話を聞くことができ、当たり前のようにしていたお盆の準備を心をこめてできそうです。とら子先生の新春の書初めの抱負がお話の中にもあり 点と点が繋がりました。毎年、どのようにして抱負を考えていらっしゃるのだろうと実は不思議だったんです…もちろん、学生時代の授業の中でも抱負と同じような言葉はありましたがホメオパシーだけでなく人として生きるための術を学ぶ 正にハイルクインストに学べた事に感謝です。

●今日はありがとうございました。自宅受講は初めてで、色々お問合せしまいすみませんでした。ご対応ありがとうございました。自灯明とはどういうものなのかを知りたくて参加させていただきました。霊性が高く求められていると、どうしても人生の始めに闇を体験させられますね。そこから自分を大事にする事を学び、やっと人助け出来るのは人生の後半かな…と思います。私はそこまで至っていませんが…。いじめにあってしまった高校生の方、私もそうでした。体と心のバランスを保ちながら、どう現状に立ち向かうのか…、大変な事と思います。私は寅子先生と同じく母親から嫌われてましたから、誰にも助けを求める事も出来ずに、どうしていいか分からずに、心を病み、逃げという選択をしました。それはそれで自分をさらに追い込み、高校中退という学歴コンプレックスを自分に貼り付け、自己否定の人生を歩んでいきました。5年程前でしょうか、寅子先生と出会い、インナーチャイルドの癒しを学び、持病を乗り越えたつもりでいます。ここ2年程は風邪さえも引かなくなりました。寅子先生のご指示通り、腎臓の為に無農薬野菜を続けているからでしょうか?。インナーチャイルドの癒しだけでなく、食べ物も大事だなぁと感じています。病気はカルマやインナーチャイルドとセットだなぁと思います。病気だけを取り去っても駄目、やはりそこに学ぶべき事があるんだなぁと思います。自灯明、難しい事なのかも知れません。自分を否定してしまう方が簡単で楽なんだと思います。周りすべてから否定されても、自分の弱点を受け入れ、駄目な自分を許すというのは、苦しく忍耐力も必要ですね。霊性を上げる為にこの作業が必要なんですね。地球は、怒り、悲しみ、憎しみ、争い、競争などがある野蛮な星(笑)と聞いた事があります。自らが選び、修行の為の人生と割り切れると楽なのかもと思います。今はこんな状況なので、自宅配信を選びました。また会場で参加出来る日を願います。今日はありがとうございました。

●2つのケースが、素晴らしかったです。コロナ渦の中、自殺は特に大きな社会問題になってくるかと思います。今までホメオパシーやインナーチャイルド癒しが発達障害や不登校の方達にとって、大きな助けとなってきましたたが、これからは、コロナ渦の中で、自殺という心の闇の渦から魂に一筋の灯りをともし、魂に気付きを与えてくれるものになるのではないかなと思いました。ありがとうございました。

●今自分が置かれている環境は全て自分自身が選んできたこと、自分自身の宿題に向き合うためのこと。だから、現状から逃げ出すことなく受け入れていかなければ前に進まない。とら子先生が、いつも言われる「受け入れる」ということをより深く考えさせられたお話でした。無理して頑張ることはダメな自分を認めることから逃げているという言葉にはハッとさせられました。頑張ることを善とした考え方の奥にはそういう深層心理があったのだと、ありのままの自分を受け入れていなかったのだと気づきました。最後の「星の王子さま」のお話はまさに私と息子のようで、目に見えていることや表れていることではなく目に見えていないこと、存在そのものが大事なのだと教えられました。私も中学生くらいの時に読んだのですが、もう一度読んでみようと思いました。とら子先生、ありがとうございました。お着物姿、とても素敵でした。

●とらこ先生の幼少期のお話は幾度となく聞かせていただきましたが、今回の自灯明で、より理解できました。「自分自身を灯りとしていきなさい」ダメな自分を認め愛しなさい。これも幾度となく聞いてきました。
けど、人と比べて自分は幸せでないとか考えている自分に気づきました。自分を癒し、認め、労わる。なかなかできないことですが、折に触れ先生のお話を聞かせていただけ、それを思い出すことができてありがとうございます。今年は新型コロナの影響で自宅で視聴ができ、とても感謝しております。会場へ行けば、先生のパワーをいただけるのはわかっているのですが、これだけ暑いと外へ出る勇気が持てません。また電車に乗ればマスクをしろとアナウンスがあり、自宅で視聴できることは本当に感謝です。2つのケースもとても勉強になりました。先生のクライアント様へ対するお話のしかた共感され、一緒に涙をするお姿に感動いたしました。ありがとうございました。

●寅子先生、本日も素晴らしいお話をありがとうございました。この苦しみの多い人生の中にあっても自灯明という明かりと共に生きることができれば、どんな苦境の中でも一歩一歩進んでいけるという事を教えていただけたことが大きかったです。否定されることに弱いと言うことが、自分自身の直面している課題だと感じていたので、人からの否定がないと魂の成長はできないとお話がとても響きました。負けるということ、否定を受け入れるということは、その渦中は苦しいけれど、慈悲心を学び利他の心で生きる、より朗らかな人生につながっていると信じて勇気を持って取り組んで行こう思います。本当にありがとうございました。

●霊性を高めることが、魂、心、体を癒すということ。宗教観があいまいだといわれる日本人でありますが、日ごろから私たちの生活にも、先人の知恵者の教えを取り入れていくことが必要であると教えられました。私自身、祝詞・般若心経をなかなか唱えることも難しいという弱さがありますが、謙虚さと感謝を忘れず、日々を過ごしたいとわが身を振り返りました。今回は、霊性・信仰心がテーマとなる大切な夏の講義。なかなか、ライブ講義にも伺えないなか、このような貴重な講義を自宅配信をしていただいたこと、本当にありがたく、いつもながらに、由井先生の魂の講義、スタッフの皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

●自灯明、法灯明のお話しを以前にも教わりましたがやっと自分で納得したような気がします。

●人としての生き方在り方について、ありがたいお言葉の数々を頂き、感謝いたします。改めてこういうお話を聞くことも、考えてみればなかなかない機会で、かつては日本人のなかに教わらずとも身に付いていた美徳のようなものが、ここ何十年かで急速に失われているなあ、と昭和の時代を懐かしくを振り返りつつ拝聴いたしました。ケースでの改善例も、たいへん貴重な内容でした。先祖のカルマに子孫が苦闘する実例を見て、野放図に生きてはいけないのだな、と背筋が伸びる思いがしました。般若心経に不増不減とあるように、過去の行いの作用は世代をまたいでも消滅することなく存在し続け、反作用で打ち消されるまでキッチリ保存されるのかと思うと、何事も「なかったことに」はできないのだ、何気ない行いの一つ一つにまで最善を行き渡らせて生きるのが人としての道なのだな、などと考え、考えるそばからゴールの遠さにめまいするような心持ちです。出来る範囲で精進したいと思いました。

●とらこ先生 本日は深いお話を ありがとうございました。20年前、病気をきっかけに 生き方を変えなくてはならなくなりました。月日ばかりが過ぎてゆき 生きる希望も治る気配ももう無いとなったとき ホメオパシーに巡り会い とらこ先生の前に座っていました。発症から6年でした。ホメオパシーと正しい食べ物と正しい生き方をとらこ先生にずーっと教えて頂きました。動けるようになり 出来るだけとらこ先生のライブを聞きに行き その時の私に必要な生きるヒントを頂き 目の前の困難な扉を開ける勇気にかえて来ました。一昨日の朝 友人が旅立ちました。30歳で難病に 昨年、肺癌に。明るく頑張っていた彼女は 私が病気になってからの お手本でした。今日のライブの最後の写真でとらこ先生が立っておられた 両サイドの石柱に「杓底一残水」とありました。私が元気だった頃 世界平和を願っておられる特攻隊員だった裏千家鵬雲斎大宗匠の書かれた そのお軸は全国の裏千家青年部で催すお茶会のリレーバトンとして日本中を巡りました。当時の事を 思いだしとても嬉しかったです。修証義の永平寺なんですね。石柱を見たい!の目標を作りました。今日のとらこ先生のお話を聞けて しっかりと彼女に御礼を言ってお別れをしてこようと思いました。ありがとうございました。ライブ配信をして頂き自宅で聞く事が出来ました。大変 有り難かったです。

●「生きるための哲学」、食、土壌、カルマ、インチャ癒し、クンダリーニと、幅広い内容でとても勉強になりました。寅子先生素晴らしい講演会をどうもありがとうございました。いのちを繋げてくれた御先祖さまに、そして大事なものは目に見えない、見えないものに守られていることに今日も感謝します。

●小さい子供たちの育児から束の間離れ、オンラインにて拝聴させていただきました。本当に幸せなひとときでした。今回も、涙してしまいました。あたまではわかっている偉そうな自分、自己卑下する癖、裏に潜み続けている怒り、、日常の瞬間、瞬間にひどい自分に遭遇しても止めることが出来ずさらに苦しむループです、そんなわたしに熱く、優しく語りかけてくださる寅子先生、いくらできなくてもいいんだ、寅子先生に縁をすることができたこと、それだけでも感謝、それだけで良いんだとさえ感じました。寅子先生が説かれているzenホメオパシーは、コロナで苦しむ全世界の鬱の波にのまれるなよ!という、力強いひとすじの光のようです。ありがとうございました。

●今回の講演会を自宅で拝見しました。いつも由井学長の話を聞いて思うのは、普段いかにこの世的価値観で生きてしまっているかということ。お話を聞いてはその都度自分を裁くことなく許し認めながら生きていこうと思うのですが、また元の自分に戻ってしまっている。自分の中にあるこの世的価値観の根深さに愕然とします。
でも、そんな自分も許し価値観のリセットにまたトライし、真理を拠り所として生きていきたいと思いました。インチャがありすぐには自灯明な生き方ができるとはいかないのですが、自分にダメ出しばかりすることなく、どんな自分にも優しくできる選択を日々していきたいと思いました。由井学長が熊野道を大変な思いで登られているお姿と自然に感謝を伝えられているお姿に心打たれ、私もホメオパシーの勉強、がんばろうとやる気が出てきました。(これはインチャではなく、自然に湧いてきた気持ちです。)由井学長、本当にありがとうございました。由井学長と出会えたことに感謝感謝です。

●初めて参加しました。乳がんの手術をして今日でちょうど3ヶ月経過。とらこ先生のお話がとても心に染みました。休日に家族に時間を割いてもらって参加することは容易ではないのですが、今日はお話をお聞きできて良かったです。ありがとうございました。

●自宅受講でしたが、とらこ先生の圧倒的なパワーと愛が画面越しからでも伝わってきました。人生において大切なことをたくさん教えていただき、心が細胞が優しい気持ちでいっぱいになりました。一つめのケースの方には涙してしまいましたし、二つめのケースの方を見て「人は変わることができる」という素晴らしさを感じました。本日は有意義で素敵な時間を本当にありがとうございました。

●心に残った言葉前世・今世・来世の3世に渡って平等ということ自灯明・法灯明

●いつも寅子先生の講演会では、気付きがあります。今回もそうでした。ありがとうございました。

●「・負けることを認めるということ ・等身大の自分とは ・自分を許すということ」今まではどれも言っている事は分かるけれど自分が自分に対して思っていることが漠然としていました。今日の講演会ではとらこ先生の具体的な話を混ぜながら色々な言葉で表現して下さり「あ!これだ」と思える説明に出会えました。今後更に自分に対して思いを深めて行けると思います。とてもいいお盆休みになりました。ありがとうございました。

●とらこ先生ありがとうございました。大雨の中の熊野古道参拝に始まり、とても深い症例まで、興味深く聴かせて頂きました。とらこ先生のお話を聴くと心が洗われ、ハッと気付かされる事が多いです。15日も楽しみにしています。

●とらこ先生の数々のお言葉が深くしみました。忍耐力…、なかなか無いです。私は一回ずつ唱えるのが精一杯です。以前、5回ずつ唱えようとしましたが、今、何回目か、何を唱えているのかがわからなくなることが多く、やめてしまいました。つい、唱えている間にも「〜をしなきゃ。」と思ってしまいます。こうして書いていても、「今から〜回唱えます。」と言えません。私も「働かざる者食うべからず」という信念を持っています。インチャ癒しをする中で少しずつブレーキの部分を外しています。今回、とらこ先生が「働かなくても食べていける人」とおっしゃった言葉に思い出しました。小学生の頃、親が始めたお店に立っていました。「偉いね」と言って買ってくださるお客さんがたくさんいました。夜になり、呑んだ父は「お前がかわいそうだから、お情けで買ってくれたんだ!」と言って何度も暴れました。働くことへのブロックはいろんな形であると癒してきましたが、今回もまたインチャちゃんに氣付けました。何度も、丁寧に聞いていこうと思います。とらこ先生のセミナーまでに自分ができるだけのことをして迎えています。すると、それまでの数日の行動の意味が先生のセミナーで紐解かれるので感動しています。でも、これはようく見ると他の先生の時にもありました。毎日、自分にできることをして、目を開けて見て、感じる。その素晴らしさを教えていただき本当に感謝しています。セールの案内を前日にしていただき、心づもりが出来て助かりました。遅い時間のメールに用意していただく方にも頭が下がります。コロナちゃんの騒動で学校がなくなった福岡でもライブで聴けて、皆様のご配慮に感謝しています。

●今までは過去や現在の感情を感じきることをやってきましたが、体、心がいまひとつ改善しませんでした。それを恐れずに外に出していくことがまだできていなかったからだと気づき、ちょうど取り組んでいるところでしたので、今回のお話でその理解を深めることができました外に出すということは、負けること、だったんですね。だからこそ、抵抗もしたり恐れもするのだと。自己肯定の光をささげる。自分に光を与える。とてもありがたいお言葉でした。今まで頑張ってきた自分をほめたいと思いましたし、これからはこの世的価値観にそうようにがんばらないようにしようと改めて思いました。そして優しい言葉をかけていこうと思います。今日はありがとうございました。

●30年程前の友人との対話を思い出していました。友人は「暗い夜道をどうやって歩いて行く?」と質問して来ました。私が答えるたびに、「じゃあ、それがなかったら」と問いて来てそれを10回くらい続けました。
私は復帰前の田舎の祖母の家付近を思い出していて、そこには殆ど街灯もなく、バス停で待っていると漆黒の闇の中から遠くバスのヘッドライトが光って次第に近づいて来る風景。それなので友人には「バスのヘッドライト」と答えると、「じゃあ、それがなかったら?」以下はその問答です。→所々に立っている街灯(じゃあ、それがなかったら?)→懐中電灯(じゃあ、それがなかったら?)→提灯(じゃあ、それがなかったら?→ロウソクの灯(じゃあ、それがなかったら?)→ライターの火(じゃあ、それがなかったら?)→マッチの火(じゃあ、それがなかったら?)→家同志はポツンポツンとしかないけれど、その家から漏れてくる光(じゃあ、それがなかったら?)→草むらのホタルの光(じゃあ、それがなかったら?)→月の光(じゃあ、それがなかったら?)→星の光(じゃあ、それがなかったら?)星の光がなかったら・・・・考えてももう私には持ち出す光がなく、他に何かなかったけと無言になって考え込んでしまいました、かなり長く。もう出てこないと諦めがついてやっと友人に「じゃあ、何の光で照らして道を歩いて行くの?」と質問しました。(友人も私との問答に時間をたっぷり使ってくれました)。友人曰く「自分の光、自分の心の、魂の灯だよ」と答えてくれました。長い問答からたどり着いたこの答えは、私に静かな沈黙と感動を持って来ました。寅子先生の言う自灯明だったと言う事です。そして今日は法灯明についても知りました。この2つを明かり、灯を大事に灯しながら歩んで行きたいと思います。

●納涼講演をありがとうございました。ホメオパシーを知ってから20数年になります。ホメオパシーには子育ての時から本当に助けられてきて、最近は寅子先生から生き方を学ばせていただいております。社会の最小単位の家族との関係からうまくいかなかったり色々な悩みがありましたが、外に原因を求めるのではなくまずは自分を心身から整えていきたいです。最近は朝と晩に般若心経を唱えることを始めました。寅子先生の水のレメディーの講座にも参加することができ、これからが楽しみです。レメディーの水を採取した神社や場所にも行ってみたいです。

« 2020年7月 | トップページ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30