日記

2012年4月10日 (火)

中学校入学式終了後に、市から保護者全員に伝えられた内容は・・・

本日は子どもの入学式だったのですが、式終了後、市の職員から連絡があるので保護者全員に残るよう指示がありました。何の連絡かと思ったら、入学一週間以内に行われるはしか(麻疹)と風疹の混合ワクチンの接種の連絡でした。市の職員からは「記載漏れがあると集団接種できませんので漏れなきよう記載ください」ということでした。

20120410

予防接種の一般的リスク(一定の確率でさまざまな健康障害がでること)や熱があったり体調が優れないとき、あるいはアレルギー体質の子どもが予防接種することの危険性などの説明が一切なく、これは問題ではないかと思いました。また予防接種は義務ではないことの説明も全くありませんでした。

そもそも予防接種は義務ではないのですから、最初にそのことをきちんと説明し、またリスクも説明し、親が子どもに予防接種を受けさせる意志があることをきちんと確認するプロセスが必要なはずです。集団接種というあたかも接種が義務であるかのような表現を使い、一律に処理しようとすることは非常に問題があると思います。

先週は娘に子宮けい癌ワクチンの無料接種の案内が届きました。このワクチンは、安全性も確立されておらず、癌を予防するどころか発癌リスクが高まる可能性や子どもが産めなくなるリスクが国内外の識者から指摘され、警告されているものです。

どちらのワクチンにも公費という国民の税金が投入され、行政あげて接種が推奨されています。しかしお金の流れをみるとワクチンメーカーがお金儲けのためにマーケティングの重点対象として推進しているように見えます。国民は賢くならなければならないと思います。とらこ先生も言っておられるように無知は罪であり時に悲しい結果を生むこともあります。

学校で、会社で、皆がやるからと流される前に、「予防接種は義務ではない」こと、案内が来たときにそれだけは思い出していただければと思います。選ぶのはあなた自身です。

★明日は「妊娠できる心と体をつくるホメオパシー」というテーマでとらこ先生が講演します。健やかな子供を産むためには、お母さんが健やかであらねばなりません。心の問題をクリアにして健やかになるための方法をとらこ先生がお教えします。是非ご参加ください!

詳細はこちらから
http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/20120314_levelup.php

2012年1月24日 (火)

今年は、インチャを見つめるため、「感情みだれ日記」つけてみませんか!?

20120124.jpg

インチャ(インナーチャイルド)や、自分自身の心癖を見つめ、それを癒し、克服していくというと、言葉でいうのは簡単ですけど、実際に取り組んでみると、結構難しいものですね。実は、これは、私たちCHhomのスタッフやホメオパスにとっても、同じことなんです。

今年になって、スタッフとのミーティングの際に、とらこ先生から、今年は、インチャを見つめるため、「感情乱れ日記」をみんなでつけましょう!」という提案があり、実は私もかいていますが、書きだすとびっくりするほどいろんなことを毎日感じているんだなぁときうことに気づきます。

「感情乱れ日記」とは、腹が立ったり、悲しいとき、苦しいとき・・自分がどのようなことに感情を乱されたのか、感情が乱れた時、その場ですぐに書き出していくものです。もちろん、その場で書けないことも多いでしょうから、そのときは1日の終わりに振り返って書き出していくことでもかまいません。

書くという作業は、感情を感じる右脳でなく、ロジックが支配する左脳を使うため、頭の中でぐるぐる回っている感情からいったん離れ、自分を客観視することができるのです。感情にとらわれていると自分を見失ってしまいがちなので、その解決の糸口をみつけるためにも、書くことによって自分を客観視できる状態に持っていくことは、とても意味のあることだそうです。

そこから、自分の中にどういうインチャがあって、どういうパターンにはまりがちなのかを見つめていくことが、とらこ先生が、インチャを見つめ、癒していくプロセスではとっても助けになったそうです。

とらこ先生は言います。
「インチャ癒しは、誰かが代わりにやってくれるものではありません。本人が意識してやらなければならないのです。日記をつけるという行為と組み合わせることで、インチャ癒しに積極的に取り組むことができるようになるのです。」

そして、他にもとらこ先生からアドバイスがありました。この日記は、自分の心にあるどろどろとした感情の部分もさらけだしているものなので、家族、知人も含め、誰にも見られないようにすることが肝心であること。

表紙に、「○○さんの感情日記」とか、決して書かないようにした方がいいようですね。もし落とした場合にも、厄介なことにならないように、持ち主の連絡先とか書いておかないようにとか、できれば、文中では固有名詞は暗号で書くとかといった、アドバイスもありました。そして、持ち運びやすく、目立ちにくいので、A5、B6サイズ以下のちっちゃな手帳のようなサイズがよいというアドバイスもありました。

どうでしょうか。「感情みだれ日記」にあなたも取り組んでみませんか。

いろんな感情がわきあがってきた時には、レメディーやフラワーエッセンスなども助けになるかもしれませんね。もし、誰かパートナーと一緒にシェアしながら越えたいという場合は、ホメオパスの先生と2人3脚で取り組んでみみるのもいいかもしれませんね。

とらこ先生の人生相談は、過去の番組も見られるようになっています。他の人の相談なども参考になるかもしれませんので、まだ見られていない方はぜひご覧ください。
http://www.ustream.tv/channel/homoeopathy-life

1年つけてみて、振り返ってみると、今とは、大きく違っている自分に会えるかもしれませんよ。

2011年11月10日 (木)

思い出の北海道講演会

今から10年近く前、初めて由井先生が北海道で講演会を開いてくださったとき、
友人の紹介でその講演を知り、私はその会場にいました。

ご自身の体験を交えながら、基本となるレメディーを説明してくださるとらこ先生。
こんなに興味深く!面白く!もっと知りたい!と思うセミナーは
正直、私にとって、はじめてで、
私の胸は、すっかりとらこ先生からのホメオパシーの矢に
うち抜かれてしまい、もう驚きと感動でいっぱいでした。

当時のセミナーは2日間開催でした。

初日のお話を聞いてすぐにレメディーキットを購入。
家に帰って、さっそく気になるレメディー(Nux-v.)をとってみたところ、
翌朝には、目が赤く腫れており、あらびっくり。

翌日のセミナーで
「先生、こんな目になっちゃいましたよ」と駆け寄り訴えると、
ホメオパシーの話を1日聞いただけでは、まだまだしっかりと理解できておらず、
自分の身体に何が起こったのか、不安だらけの私に、先生の回答はたった一言。

「症状はありがたい!」

とにっこり笑顔。

それから、家族でホメオパシーを使うようになりました。
今では、縁あってスタッフとして入社しています。

今回の札幌講演は、「とらこ先生が人生の窮地のときにとったレメディーたち」

11/23(水・祝) とらこ先生講演会 in 札幌
「とらこ先生が人生の窮地のときにとったレメディーたち」のセミナーの様子はこちら

私が初めて聞いた講演のように、由井先生ご自身のレメディー体験がふんだんに
盛り込まれたセミナーになるのではないかと、とても楽しみです。
ぜひホメオパシーをまだあまり知らない方など、ご友人も誘っておこしください。

CHhom札幌 スタッフ

2011年11月 9日 (水)

2011年度UKスクーリング5日目 驚きのフラワーエッセンス

UK滞在中は時差ぼけに悩まされていましたが
時差ぼけが治らないまま帰国したので
日本では割と元気に生活できています。

そんなわけで、UK滞在中は時差ぼけ+授業+仕事で
日記どころじゃなかったので
少し時間が空いてしまいましたが、UKのことを伝えたいと思います。

帰国後出社したら、スタッフの間で1番話題になっていたのが
5日目のカローラ・ロイ先生のフラワーエッセンスの講義でした。

学生からも、HPに掲載されているアンケートを読んで
「エッセンスをすぐにでも購入したい!」と問い合わせもあった程です。

カローラ先生は、おだやかで清らかで
まるで妖精や少女といったイメージの女性。

そんなカローラ先生が最初に紹介してくれたのが
「ハートチャクラ・エッセンス」です。

説明を聞いているだけで、とってみたくなっていたところに
先生からみんなで試してみようと嬉しい提案が。

すぐに涙を流す人、過去の記憶が蘇った人など
みんな様々なヒーリング体験をして、とても驚かされました。

その後も素晴らしいエッセンスを続々と紹介していただき
授業が終わった後は、レジに学生がずらりと並び
売り切れてしまうエッセンスも出る程でした。

私は今までフラワーエッセンスの授業を受けたことがなかったので
なんとなく気休め程度のものだと思っていたんです。

ですが、しっかり説明を聞いてみると
レメディーが問題を解消するのであれば
フラワーエッセンスは自分をパワーアップして問題をはねのけるらしいのです。

講義の中では、カローラ先生から
レメディーをとっても、少し改善しただけだった方が
フラワーエッセンスをあわせてとることで、病気になる前よりも元気になるというケースが
いくつも紹介されました。

レメディーだけでうまくいかないときは
フラワーエッセンスもあわせて使うことも視野にいれておきたいですね。

素晴らしいフラワーエッセンスの効果に本当に驚かされた講義となりました。

日本でも早くカローラ先生のフラワーエッセンスを
販売してほしいですね。

5日目カローラ先生の講義の様子はこちら
スクーリング 動画一覧はこちら

2011年11月末まで入学金半額!
UKスクーリングが体験できるCHhomプロフェッショナルホメオパス4年制コース詳細はこちら
「フラワーエッセンス療法士」資格取得コース詳細はこちら

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28