世界が注目 寅子先生 ZENメソッド

2021年4月23日 (金)

朗報!! 世界に先駆けて、新型コロナワクチン用サポートレメディー供給可能に!!

世界に先駆け、日本で、新型コロナワクチン用サポートレメディーの供給が可能になりました。
日本でも、既に医療従事者、高齢者から遺伝子(mRNA)ワクチンの接種がスタートしており、同調圧力から打たなければならないと悩んでおられる医療従事者、ご家族が打ってしまった人からの問い合わせなどが相次ぎ、接種してしまった人からの体調不良の相談なども寄せられています。

そんな中、大きな大きな朗報です!!
寅子先生が公表していた、新型コロナワクチンの副作用や被害者の特徴から導き出した、レメディーとマザーチンクチャーの組み合わせ(新型コロナワクチンサポートレメディー)が、実用化されました!!
新型コロナワクチンサポートレメディーの中核となるレメディーは、F-Coron-V.というワクチンレメディーになります。

今週からプルービング(実証実験)もスタートしています。


このことがいかにすごいことか少し説明します。

緊急に寅子先生チャンネルや講演会を通じて情報公開されているように、新型コロナ遺伝子ワクチン、これまでのワクチンと比べ物にならないほど重篤な健康被害がでています。それも従来注射と1ケタ2ケタ違うというトンデモレベルで起こっています。まっとうに考えれば、新型コロナワクチンは未だ実用化できる安全レベルに達していないことは中高生でもわかります。

mRNAワクチンの問題
●体内で抗原となるウイルスタンパク質を合成するため、細胞が消耗する。
●このmRNAは自然に分解されることなく、細胞内に半永久的に存在し続ける。
 → 抗原となるウイルスタンパク質を合成し続ける。
●ランダムに全ての細胞に取り込まれるが、血流豊富な筋肉への注射なので、
 血流にのって全身の細胞に取り込まれる。→全身の細胞でウイルスタンパク質が合成される。
 → 免疫細胞が、血管細胞をはじめ、全身の細胞を攻撃するようになる。
●含有するポリエチレングリコールは重篤なアレルギーを引き起こす。
●動物実験では、ワクチン接種した後、コロナに感染すると、全て死亡した。

残念ながらまだ同調圧力が強い日本。まだTVに依存している人たちも多い日本。
ぜひこのGW期間、寅子先生も参加のイベントに是非ご参加頂き、ことの重大性を認識していただくことが大切かと思います。

このような背景もよくご存じの皆様が、この大事な情報を多くの人に伝えていくことはとても重要です。多くの方々が救われるがどうか、皆様が如何に多くの人に伝えるかにかかっています。

4月29日は心デイ(インチャの会)、5月1日は、ホームキットの会(コロナ対策)、5月3日はホメオパシーDAY、5月5日はとようけDAYに参加可能です。
さらにYouTube オンライン再配信、スマホアプリとようけTVなどでご自宅でもインターネット、WIFI環境あれば、様々なコンテンツをご覧になれます。

特にGW中のイベントでは、文書ではなかなか伝えられない、新型コロナ騒ぎの下で様々な問題や、ワクチン問題への対処法、さらに今、世界はトンデモおかしなことだらけで政府やマスメディアの情報は全くといっていいほどあてになりません。世界の最新情報を伝える機会にもなりますので、会員の皆様はもちろん、お知り合いの方々にもお誘いあわせのうえ、ご参加ください。

 

新型コロナ感染症へのホメオパシー的対処 ホメオパシー大国インドの現状

MODI首相自身もホメオパシーを含めた伝統医学AYUSHを積極推進し、13億人の国民の半数以上がホメオパシーを利用するインド。
インドでは政府が旗振りをして 新型コロナ感染症へのホメオパシー、レメディーの有効性が検証されました。そして今月ハーネマンの誕生日4/10から2日間をワールドホメオパシーとして、自らもホメオパスでもあるナイク国防大臣を主賓にAYUSH(伝統医学)省主催で学術大会が開かれました
https://www.facebook.com/CCRHAYUSH

そこではArs.30Cが新型コロナに有効な対策だったことが大々的に発表されました。
「Ars.30Cがコロちゃん対策に有効だったこと」この証明が国をあげて開催された最新最大の学術成果だったのです。

これはこれですごいことなんですが、皆様がホームキットで持っているArs.30Cの有効性だけでは、新型コロナが引き起こす様々な問題、ましてや新型コロナ遺伝子ワクチンの健康被害にはとても太刀打ちできません。ホメオパシー大国インドでもまだこの対策のレベルなんです。今回の朗報は、これから世界に向けて日本から発信されます。

このように世界のトップを切って、寅子先生の最先端のZENホメオパシー的サポートで、この未曾有の遺伝子組換えトンデモ注射の災いに対処できるようになったことは、日本の縁ある皆様にとっては本当に大きな大きな朗報なんです。

実は、遺伝子ワクチンの技術は、子宮頸がん予ワクチンと宣伝された日本でも少女たちを中心に大きな健康被害を出したHPVワクチンでも使われました。

そして、今回海外で起きているのと同じような不随意な痙攣など、同じような様々な重篤な健康被害が相次ぎました。今回の新型コロナでの健康被害の方の動画をみると、子宮頸がんワクチン被害の方の症状によく似ています。

当時、試行錯誤も重ねZENホメオパシーの理論に基づきトートパシーのレメディーを使って寅子先生が健康した結果、現代西洋医学では十分な対処法がないとされる子宮頸がんワクチン健康被害でもほぼ半分の人には大きな改善がみられました。

打ってしまった人には希望が見出せなかった新型コロナワクチン健康被害にも光が見えました。このように少しでも救済の可能性がある対策がとれるようになったことは大変な朗報だと思います。

さらに、寅子先生が、血栓や5爺、サイトカインストームの問題なども含めてZENホメオパシー的にあらゆる観点から検討し、新型コロナワクチンへの対策が可能になるレメディーやチンクチャーのコンビネーションも発表されており、これらを応用したサポートが使えることは、ホメオパシー的予防も含め、今回の問題を乗り越えるには大きな味方となります。


スタッフなどを中心にプルービングが始まったばかりですが、これまで皆様が打ってきた様々な予防接種マヤズムもカバーできる可能性まででてきました。

そして、日本政府がいまだ推奨しているマスクがほとんど対策として有効でないことやPCR検査での判定がインチキレベルなことが世界では明らかになってきています。多くの人が嘘に気づき始めたので世界が変わり始めています。

一方で、ビタミンDを豊富に含む食品や海草などに含まれるフコダインや味噌など発酵食品など日本の伝統食が新型コロナ対策には有効なことがわかってきています。

なんといってもオーガニックな食へ変えていく腸内細菌環境の腸活、食を正すことが新型コロナ感染症対策にはとても有効なんです。腸内善玉菌を破壊するGMOや輸入小麦などに含まれるグリホサートも今の時期できるだけ避けねばなりません。豊受自然農さんが供給しているような安全な食に気を配ることは最優先でしょう。特に、最近では、国がトマトのゲノム編集と流通を承認し、野菜まで遺伝子が不自然にいじくられ安全性が疑わしい食が供給されようとしており、ビル・ゲイツは正体と安全性のわからない人工肉を世界の市民に食べさせようなどという話までありますので、安全な食を確保することは今後、日本にとって死活問題になります。タネ、土、水、農業はとても大事になります。

 

安全性が保証されていない新型コロナワクチンはとにかく打たないに越したことはない

特に日本のマスメディアは新型コロナワクチンについてはほとんどポジティブな情報しか報道せず、健康被害お情報はごくわずかしか報道しません。実際、日本でも大きな問題となっているのが情報格差です。


政府、新聞、TVなどオールドメディアに情報を依存している方と、インターネットで積極的に情報を調べる方との間で大きな情報の溝ができています。この溝がその方や家族の健康と幸せ、運命までも左右する重大な時期に今さしかかっています。

海外の健康被害などの最新情報はCHhomスタッフブログ「ほめ日記」で、連続で紹介していますのでご覧ください。
http://blog.homoeopathy.ac/2021/04/post-7edf09.html

 

このような背景もよくご存じの皆様が、この大事な情報を多くの人に伝えていくことはとても重要です。多くの方々が救われるがどうか、皆様が如何に多くの人に伝えるかにかかっています。4月29日は心デイ(インチャの会)、5月1日は、ホームキットの会(コロナ対策)、5月3日はホメオパシーDAY、5月5日はとようけDAYに参加可能です。さらにYouTube オンライン再配信、スマホアプリとようけTVなどでご自宅でもインターネット、WIFI環境あれば、様々なコンテンツをご覧になれます

特にGW中のイベントでは、文書ではなかなか伝えられない、新型コロナ騒ぎや規制下の様々な問題や、新型コロナワクチンへの対処法に加え、今、世界はトンデモおかしなことだらけでの状態です。政府やマスメディアの情報は全くといっていいほどあてになりません。世界の最新情報を知る貴重な機会にもなりますので、会員の皆様はもちろん、お知り合いの方々にもお誘いあわせのうえ、ご参加・ご視聴ください。


今回のオススメ情報!

●いよいよ明日4月24日(土) 寅子先生10回講座 第9回、第10回ダブル再配信!
 ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/21418/

再配信要望の多かった コロナを越えてタブーを越えて時代を生き抜く10の講座
第9回、第10回の再配信を10:00-23:59 

巻き戻し早送り可能な状態で特別料金 どちらも各500円で行います。

0424760px-3


その衝撃だった内容・・・

・第9回「経済」参加者アンケート

https://toyouke.com/tokyo2021/report/thoughts-am/

https://toyouke.com/tokyo2021/report/thoughts-pm/

・第10回「教育」参加者アンケート
 ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/class-scene/20957/


●GWのイベント決定 申し込み始まりました 参加費すべて無料に!

・4/29 心Day (無料)

インチャの会 体験発表会 とらこ先生も発表
 ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/21377/

429760px1-1

・5/1 ホームキットDay (無料)
(ホームキットなど体験談の会 + コロナ対策) 
  高宮ホメオパスをコーディネーター役に開催!
 ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/21373/
51760px-2
 重要な内容を伝えるため参加費無料に変更になりました!

・5/3 ホメオパシーDAY (無料)
 ZENホメオパシー症例発表会ミニコングレスとなります(無料)
 ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/20843/

53760px-1

・5/5 とようけDAY (無料)
 子どもの日家族で楽しめる特別イベント(とようけ会員無料)
 ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/20852/

55760px-1


※ライブ・中継会場でのオリジナルハーブ入り石鹸づくりなどの実習は材料代など
実費をいただきます



以下の寅子先生チャンネルのYouTube動画をご覧になっていない方はぜひどうぞ。


●YouTube動画 好評公開中!

まだ見ていない人はぜひご覧ください またぜひ拡散ください。

・コロチャントンデモ注射を打ってはいけない!?
 ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=Gqxj5zJw3_Q

・新型コロちゃんトンデモ注射とは!?
 ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=2ZS4NEjnZco


●4月10日にハーネマンの誕生日に、寅子先生と高野先生が、新型コロナワクチンについて講演し、菊田ホメオパス、寺澤ホメオパスなどがグリーンメディスン(植物の癒し)について講演した最新内容も近日中に寅子先生チャンネルにアップされます

当日のレポート、アンケートリンクはこちら

・ワールドホメオパシーデイ「日本の発酵食品はグリーン・メディスンだ!」
レポート&参加者感想 
   ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/class-scene/21264/

●同じく評判だった4/17は美食同源のセミナー、寅子先生がとても大切な内容を約1時間講演しています。こちらのプログラムも今後、なにがしかの形で情報共有される予定です。


レポート・アンケートとリンクはこちら
   ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/class-scene/21453/

●第7回〈コロナ問題を含め2020年を振り返る〉 新春豊受トークも、寅子先生チャンネルでYouTube動画にあわせてご覧ください。

・12/26 第7回
(プランデミック・グレートリセット・監視社会へのロードマップなど)
   ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=_TbKiXbGvrE

・1/4 寅子先生新春豊受トーク
   ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=1lWBx5ii1Vc 


●スマホアプリ「とようけTV」で好評公開中!
既に第1回~7回は、スマホアプリ「とようけTV」で視聴可能です。
5月末まで特別キャンペーン価格で好評公開中!

今後、10回講座 第8、9、10回もアップ予定です。

 

スマホアプリ「とようけTV」(アプリは無料でダウロードできます!)
   ↓↓↓(詳細)

https://toyouke.com/app

なお、一部のスマホアプリで視聴できない場合等もございます。GW明け、5月中旬ぐらいには、その問題も解決する見込みです。うまく視聴できなかった方には個別対応しています。
info@toyouke.comまで連絡ください。


なお、以下プログラムも4月末まで24時間好評再配信中です

・10回講座 第1回講座「自然な地震、人工地震 気象操作」(【有料】再配信)
   ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/21180/

・2/23 小名木先生 三橋先生講演会(【有料】再配信)
   ↓↓↓
https://ec.homoeopathy.ac/product/2326

・3/7 5Gと健康問題勉強会(4月30日まで【無料】再配信)
   ↓↓↓
https://www.homoeopathy.ac/event/21171/

2018年9月22日 (土)

11月11日(日) ZENホメオパシーで「治った!楽になった!」 体験談発表会

「zen.pdf」をダウンロード

Zen
Zen_2
Zen_3

2014年7月12日 (土)

インドでも由井学長のZENホメオパシーの紹介の動きが とらこ先生の書籍やジャーナルへの掲載から始まっています

ドイツだけでなくインドのホメオパシー出版界でも とらこ先生の書籍が話題になっています。

インドでの200年のホメオパシーの歴史の中で、国の隅々までのホメオパシーが普及していく過程で書籍が大きな役割を果たしました、

その中でも大きな役割を果たした世界最大のホメオパシー出版社でもあるインドのBJainパブリッシャーカタログでも 2014年版では、とらこ先生の著作が紹介されています。

Bjain3

その32ページのカタログには表紙、学術ジャーナル紹介に続き、4ページ目に、とらこ先生の11冊の書籍が画像入りで紹介されています。

Bjain2

インドでは、昨年10月にJPHMAがインドのホメオパシー団体と共同開催した、日印ホメオパシージョイントカンファレンスが話題になりました。

Conf_top_04

▼開催の様子

http://www.youtube.com/watch?v=eWEubth09dg

▼映像レポート_400

http://jointconference2013.org/?no=44&Pc

ホメオパシー学術ジャーナル”Heriteage”などインドの複数の学術ジャーナルで相次いで とらこ先生のケースやインタビューが掲載されました。

Heritage295_m

Interview_b_m 

▼詳細 日本語訳はこちらからご覧になれます。

http://jphma.org/About_homoe/20130807.html

インドのホメオパシー療法家や、利用者の間でも、時代の要請に応え、難病の分野を含め、ホメオパシーの新しい可能性を広げ、治癒率を向上させる とらこ先生のホメオパシーZENメソッドへの関心が高まってきたことはインドのホメオパシーの今後の飛躍と革新の予感を感じさせます

Manchanda

昨年12月に明治神宮会館で行われたJPHMAコングレスで「ホメオパシー界におけるインドの戦略的立場 & インドと日本の協力(Strategic Position of India in the Homeopathic World & Indo-Japan co-operation)」を発表したインドホメオパシー中央研究評議会のマンチャンダ長官

昨年にJPHMAコングレスでも講演されたインド政府のマンチャンダ長官は、ホメオパシーを応用した自然農にも強い関心を示されていました。国が第一医学としてホメオパシーを認め、ホメオパスという療法家が職業として尊敬されているということは素晴らしいことです。(写真▼は今年3月に由井会長がインド大使館を訪問した際にインド大使と)

http://news.jphma.org/2014/03/post-f84b.html

0324160206dscf7419_400

JPHMAでは、来年2月に、インド政府とも協力して、ニューデリーで、アジアのホメオパシー団体を集めた第1回のホメオパシー・アジアンリーグ・カンファレンスを開催するプロジェクトが進んでいます。いよいよホメオパシーもオール・アジアの時代へ!

なお、CHhomのスクーリングとして実施されている恒例の海外ツアーは、このニューデリーでのカンファレンス参加を含め、インド第二の都市コルコタ、そしてブータン王国をめぐるコースでの実施が予定されています。

コルコタはカルカッタという名称で親しまれてきた都市で、バナジー・プロトコロルにより、世界のホメオパシーにおける癌治療を革新したバナジー父子が三代にわたり、クリニックの活動をしてきた場所でもあります。そして今回のツアーでは、国王を含め王室がホメオパシーで健康ケアを行う神秘の国ブータンへのオプショナルツアーも検討中です。詳細の発表は、いましばらくお待ちください。

【トピックス】

現在発売されているVeggy 7月号でもインド特集の中でホメオパシーのインドの現状と、とらこ先生インドとの活動が2Pにわたって特集されています。CHhomショップ各店でもご覧いただけます。こちらもぜひお読みください。

Veggy1

2014年7月11日 (金)

ドイツでも とらこ先生のZENメソッドが注目されてます。

ドイツの自然療法などの出版大手NARAYANA社にはとらこ先生のコーナーがホームページ上にあります。

Narayana_2
http://www.narayana-verlag.com/Torako-Yui/a1968

ドイツ語訳され話題を呼んでいるとらこ先生の「予防接種トンデモ論」や、2010年ドイツで行われた子どもをテーマにしたホメオパシーシンポジウム(とらこ先生も発表)のDVDが販売されていたり、英語やドイツ語でのとらこ先生の書籍やDVDも購入できます。海外の方がとらこ先生のZENホメオパシー ひろがるのが早いかもしれません。

Impfungensinnoderunsinntorakoyui_09

               ドイツ語版の『予防接種トンデモ論』

Kinderhomoeopathiekongress20106dv_2

2010年ドイツで開催された子どもをテーマにしたホメオパシーシンポジウムのDVD

2012年4月29日 (日)

知らなければ、あなたはうつ病にさせられるかもしれない

4月26日に小倉謙さんからいただいたメール、「危険な労働安全衛生法改正案阻止のためにご協力ください!」を「ほめ日記」に掲載いたしましたが、小倉謙さんからお礼のメールが届きましたのでここで紹介させていただきます。

【転載開始】

「早速にご対応いただき、心から感謝申し上げます。

この法案の基本的思想は「優生学」に基づくものです。
この思想に基づく基準は 「一般的でない…」「普通でない…」というものでしかなく、個人の「人格」、「思考の方向性」、「意図」、「決断」、「身体的特徴」、などを勝手な支配層にとって都合のよい不当な評価に基づいて診断が 下され、「病気」「劣等種」のレッテルが貼られていきます。
ナチスドイツ、共産主義ソビエト、アパルトヘイト下の南アフリカ、ボスニア内戦時のユーゴスラビアなどでは、この手法を用いて、思想弾圧、強制連行、強制収容、強制労働、断種、強制不妊、粛清などが正当化されました。そしてこれを陰で主導していたのが精神医学信奉者(=精神科医)たちです。

「うつ病」という病名を科学的に証明できる精神科医はこの世に一人としていません。
「うつ病」の病名がついたところで、その人自身が本当にうつ病なのかどうかを評価する、客観的で再現性のある診断方法などない中で、精神科医や心療内科医の”主観”一つで病人に仕立て上げられ、麻薬同等品の薬物を投与され廃人化させられていきます。
一度この薬を口にしたら、なかなか抜け出せなくなることを彼らは知っています。
半永久的に自分の顧客を創りだせることを知っています。
治さない、殺さない … これが精神科医の治療であり、そこに新規顧客を結びつけるための施策が今回の法案です。

5月5日の講演ではこうしたこともお話の中に加えていきたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願いします。」

【転載終了】

聞けば聞くほど恐ろしい話です。実は私も何度か精神科に通ったことはありますが、なぜこの人たちに私のことを決めてもらわなければならないのだろう、こんな短いカウンセリングで、私の何がわかるのだろう、とだんだん行くのが嫌になり、結局やめてしまいました。今思えば、潜在意識でこの精神科の危険性を察知し、ぎりぎり危ないところで回避したということだったのですね。その後、私はホメオパシーに出会ったことで、精神科のお世話になることなく、そのときの問題を少しずつ解決していくことができました。

いまこの問題が大きくなりつつあり、あのマスコミでさえも、精神科での処方の問題をとりあげるようになってきたようです。TBS報道特集「精神薬大量処方の暗部」、昨日放送があったようですが私は見逃してしまったので、4月30日月曜日午前11時からの再放送はチェックしたいと思います。ネット上で当日見られた方の感想がアップされていますが、当初不眠で精神科に通ったところ、4種類の処方から通院を続けるうち17種類に増え、最終的には500錠をオーバードースしてしまい亡くなられたそうです。人間の弱さをカバーするために対処療法的に薬を処方、それがエスカレートして大量処方へとつながっていく・・お医者さんのされることですから、きっと現代医学では正しい手法なのでしょうが、わたしたちは、真に健康に生きるために、その手法とその結果を知っておく必要があると思います。

様々な闇が暴かれる時代になり、本当にすばらしいことだと思います。そのような活動をされていらっしゃる方々に心から敬意を表したいと思います。 無知は罪。知らなければ、あなたもいつの間にかうつ病にさせられているかもしれません。5月5日の小倉謙さんの講演では、皆が知っておくべき大切な内容をお話ししていただきます。ぜひご参加ください。

そして、その先。知った上でどのようにして生きていくか。それにはホメオパシーが答えてくれます。午前中にはとらこ先生の講演がありますので、そちらもあわせてご参加ください。今回は子育てがテーマ。お子様をお持ちのお母様必聴の講演です!!

▼5月5日の講演案内はこちら
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20120505.php

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31