2018年1月19日 (金)

「セラピスト」誌のオフィシャルサイトに先日の第18回JPHMAコングレスの記事が掲載されました。

「日本ホメオパシー医学協会」が設立20周年記念コングレスを開催!

▼記事リンク
http://www.therapylife.jp/news/2018/01/20_3.php

由井寅子氏から松尾敬子氏へと会長交代へ。日本のホメオパシーの新たな時代が始まる

 生物や物質それぞれが持つ固有のエネルギーを使って人を癒す自然療法、ホメオパシー。代表的な自然療法のひとつとして知られるこのセラピーを愛用するセラピストは少なくないことだろう。
20170119_h_2
 2018年1月13日(土)〜14日(日)、東京の世田谷区民会館大ホールにて、日本での普及の道のりを振り返るイベントが開催された。日本でのホメオパシー普及のパイオニア、由井寅子氏が会長を務める「日本ホメオパシー医学協会」の設立20周年記念コングレスだ。
▼詳細レポートは以下リンクをご覧ください。

CHhom無料公開講座 1月26日(金)10:00より由井寅子学長による「ホメオパシー病理」の講義

Torakoyui1

現代医学のように体や心を別々に考えるのではなく、人間を心と体と魂の三位一体でみるホメオパシーの観点からの病理。
そしてホメオパシーでは「症状はありがたい」発疹や発熱などの症状が、実は身体が心身を浄化するためのありがたいものであること。
好転反応を乗り越えてホメオパシーで元々の主訴が改善した症例なども交えながら講義を行う予定です。

ファミリーホメオパス養成コースは、家族や親しい友人が明るく人生を生きられるように日々起こる急性の症状や心のショックに対して、ホームキットを的確に使いこなしていくホメオパシーの家庭専門家(ファミリーホメオパス)のコースです。

とらのこ会員の皆様、一般の方々、CHhomの授業の様子を体験できる貴重な機会です。
講義終了後には、学校に関する質疑応答の時間を予定しています。
皆様のお越しをお待ちしております。

【以前の公開講座の感想】
●ホリスティックに様々な方向からの講義で、あっという間の時間でした。病気というものを自分や他の人をもっともっと知っていくためのものではないかな、という感じがしましたし、人間・生命というものの多様さ、すばらしさを感じ、ホメオパシーを学んでみたい気持ちが大きくなりました。素晴らしい講義を聞かせていただき有難うございました。

●本日はありがとうございました。すごく勉強になりました。薬剤師で働いてきましたが、薬でよくはならないことには気付いていました。もうこんな仕事はしたくないと悩んでいましたが、CHhomで本当に人の健康のためになることを学べるのだと実感することができました。ホメオパシー、食事などを実践し、これからは子供も自分自身も健康を取り戻していけるよう、また、できれば意味のある仕事ができるようになっていければいいなと思っています。

●講義の合間の小話にもためになる、興味深い話が盛りだくさんでとても面白かったです。ホメオパシーが症状を見るだけでなく、人生そのものを見つめ直すという深いものだと知る事が出来、とても嬉しいです。

日時 2018年1月26日(金)10:00~13:30
講義 ファミリーホメオパス養成コース公開講座 由井寅子学長  ライブ講義 「ホメオパシー病理を学ぶ」

お申込みはこちらから▼
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/open_campus.php

■早期割引特典あり!
 ・2018年1月末までに入学手続きが完了された場合、入学金30%OFF
 ・CHhomプロフェッショナル・ホメオパスコース  150,000円 ⇒ 105,000円 
 ・CHhomファミリーホメオパスコース        50,000円 ⇒ 35,000円

CHhomでは、入学希望者を対象にオープンキャンパス(公開講座)を実施致しております。
入学前に、学校の雰囲気を肌で感じてみませんか?

☆☆☆ 1月2月の公開講座 参加費無料 ☆☆☆

○2018年1月21日(日)10:00~13:30
  プロフェッショナルホメオパス養成コース公開講座
   由井寅子学長 DVD上映
   「ホメオパシー病理を学ぶ ~腸の機能と病理の見方~」

○2018年1月26日(金)10:00~13:30
  ファミリーホメオパス養成コース公開講座
   由井寅子学長  ライブ講義
   「ホメオパシー病理を学ぶ」

○2018年1月28日(日)10:00~13:00
  プロフェッショナル+ファミリー養成コース学校説明会
   「ホメオパシーで生活の質を変える」
   ホメオパシーを学ぶ意義、各コースの紹介
   各講師の授業DVD上映、在校生・卒業生の体験発表DVD上映等

○2018年2月3日(土)10:00~13:30
  プロフェッショナルホメオパス養成コース公開講座
   由井寅子学長  ライブ講義
   「ホメオパシー病理を学ぶ」

○2018年2月9日(金)10:00~13:30
  ファミリーホメオパス養成コース公開講座
   松尾先生  ライブ講義
   「バイタルエレメントのレメディーを学ぶ」

○2018年2月24日(土)14:00~17:00
  プロフェッショナル+ファミリー養成コース学校説明会
   「ホメオパシーで生活の質を変える」
   ホメオパシーを学ぶ意義、各コースの紹介
   各講師の授業DVD上映、在校生・卒業生の体験発表DVD上映等

各回とも受講料は無料です。

お申込みはこちらから▼
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/open_campus.php

*公開講座への参加は各養成コース毎に、今年度1回限りとさせていただきます。
*お子様連れでのご参加は対応しておりませんので、ご了承願います。
*CHhom RAH学生、卒業生の方の参加は、お連れの方といっしょに参加される場
 合のみ に限らせていただきます。
上記の日程で都合のつかない場合はCHhom各校までご相談ください。
なお、由井学長ライブ講演会終了後には 学校案内、質疑応答を適宜実施しております。
ご不明な点は、遠慮なくCHhom事務局までお問合わせください。

2018年1月18日 (木)

世界ホメオパシーに新規週間(WHAW) 今年のテーマは「妊娠と出産のホメオパシー」

2006年 ホメオパシー医学の祖 ドイツ人医師サミュエル・ハーネマンの生誕を祝って、250周年の記念事業としてスタートした世界ホメオパシーに新規週間(World Homoeopathy Awareness Week 略称「WHAW」) 

Logo
今年は「妊娠と出産へのホメオパシー(Homoeopathy for Pregnancy and Childbirth)」をテーマに、4月10日~4月16日の1週間、世界各国で様々なイベントが開催されます。
Pragchild2018threewomen1b
Pregchild2018handheart4c
Pregchild2018womenwithgirl5c
Pregchild2018whitestrip2b
本日、WHAO(世界認識機構)書記官のJolande VelgersdijkからJPHMAに
新年のメッセージを頂きました。
Dear all,
WHAOの皆様
The new year has started, an new year full of opportunities!
新年がスタート、機会があふれる年になります。
In April, 10th-16th, we have our World Homeopathy Awareness Week.
4月10日から16日は、World Homeopathy Awareness Week(世界認識週間)。
The theme, world wide, is Homeopathy for Pregnancy and Childbirth, with some local variations.
ワールドワイドなテーマは、各国地域によりバリエーションはあるかと思いますが、「Homeopathy for Pregnancy and Childbirthホメオパシーにおける妊娠と出産”。
The homepage of our website, www.worldhomeopathy.org, is updated for the new theme.
WHAWのホームぺージも新テーマにアップデイトされています。
And soon the promotional materials will be shared with you.
プロモーションのための素材も もうすぐ、シェアできるでしょう。
(中略)
Best regards,
敬具
Jolande Velgersdijk
General secretary WHAO
WHO書記官
 
Countrywhao
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)は、世界ホメオパシー認識機構(WHAO)の2006年設立当初からのメンバーとして毎年、この週間に合わせ、日本でホメオパシー医学の普及・啓発のためのイベントを開催してきました。
JPHMAでは今年も世界ホメオパシー認識週間に
イベント開催します
WHAWイベントとしては、4月14日(土)福岡、15日(日) 鹿児島で由井寅子JPHMA名誉会長を講師に、ZENホメオパシー的予防の講演を開催。
同期間に、CHhom東京、札幌、名古屋、大阪校でも、「妊娠と出産へのホメオパシー(Homoeopathy for Pregnancy and Childbirth)」につながるホメオパシー普及のためのイベントも計画中。決定しましたら関連ホームページにアップさせて頂きます。
各地でもホメオパシー普及のための勉強会、セミナー、DVD上映会などの開催を予定。

2018年1月13日 (土)

内海聡先生からJPHMA設立20周年記念 第18回JPHMAコングレス開催へメッセージをいただきました

内海聡先生からJPHMA設立20周年記念 第18回JPHMAコングレス開催へメッセージをいただきました。
▼PDF
Photo
※内海聡先生が院長をつとめられているTokyo DD Clinicには、JPHMA協力クリニック(ホメオパシーとらのこ提携クリニック)と提携いたいており、内海聡先生には、過去コングレスへ登壇いただいた他、JPHMAコングレスプレイベントとしてライブビューイングでのとらこ先生との対談講演を開催。CHhomサイトでも内海先生のホメオパシーへのメッセージを掲載させていただいています。
20150116_bn2_dr_utsumi

2017年12月31日 (日)

1月13日 コングレスで舞われる勝海登先生の能楽 「羽衣」について

1月13日(土)、14(日)に開催される日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)の設立20周年記念の第18回JPHMAコングレス(http://jphma.org/congress2017/)の初日には、重要無形文化財総合指定保持者の観世流能楽師 勝海 登先生に、今回のコングレスでのテーマである「美」に関する 「能舞「羽衣」 ―天女の祈り―」を舞っていただきます。

Katsumi_02_1
能舞の中には、勝海先生のfacebookから拝見させていただきました「慰霊」という大切なテーマがあります。
勝海先生は、ウズベキスタンをはじめ海外の多くの国で能舞の講演をされていますが、その目的には「慰霊」という大切な役割があるそうです。今年10月にウズベキスタンでの公演は、ナボイ劇場での3度目の公演だそうです。ナボイ劇場とは、戦後、満州や樺太、北方領土からも、ソ連によりシベリア抑留として知られますが多くの日本人が強制労働者として奥地に送られ、多くの方が日本の地を再び踏むこともなく、亡くなられました。ナボイ劇場はシベリアではありませんが、多くの日本人労働者の強制労働により建設された劇場だそうです。劇場建設の中、多くの日本人が再び故郷の日本に戻ることもなく、無念の死を遂げられたそうです。この映像は、ナボイ劇場での公演の映像で、日本へ帰国する望みが叶えられなく彷徨っている御霊様に、日本の象徴である桜と富士山を背景に舞われたものです。当日は、ウズベキスタンの慰霊の際にも背景にプロジェクターで映し出された富士山と桜と五重塔の写真を含む富士山の写真を何枚もスライドショーで送りながら、20分弱の能舞を披露していあだきます。能も目に見えないものをテーマにした日本が誇る素晴らしい伝統文化です。この機会に、日本伝統の能の魅力にぜひ触れていただければと思います。富士山というと木の花の咲くや姫という「美」の神様をいただく霊山でもあり、今回のコングレスに相応しい舞台になると思います。勝海先生は今年は多く日本人が亡くなられたサハリンでも2018年に慰霊を公演をされるそうです。なお、能の面や衣装をつけておりますので、勝海先生は舞われるだけで、ご自身では、能の楽曲「高砂」の説明ができませんので、その後引き続き、古事記に見る日本の美について講演をいただく国史研究家の小名木善行先生から舞台転換の時間を利用して、能舞の解説をいただきます。
https://www.youtube.com/watch?v=hFYWayR5cd0
ウズベキスタン「慰霊 能楽公演」能舞「ナボイの祈り」ナボイ劇場にて。(2017年10月17日)
勝海先生のオフィシャルサイトは以下
http://www.waseda-gallery.com/
GINZA6 観世能楽堂でも 勝海先生の舞台がみられます。また、先日 東京でビッグサイトで開かれたロボット展では、今伝承されている勝海先生の能の舞いの技術を、そのままセンサーをつけて3次元で記録してロボットに舞わせることで、その技術がロボットにより未来へ伝承させるテクノロジーがブースで披露され、なんと名だたる600のロボット技術の企業がブース出展する中、もっとも話題になったベスト3のブースの1つにも選ばれたそうです。
今回は、ジェモセラピーや花粉療法など自然療法の先進国ルーマニアからマリナ博士を招き、両日講演をいただき、1月15日には来日特別講演をCHhom5校を同時中継で結び講演いただき、15日には講演後、モンサントが供給する遺伝子組換え大豆の一大生産拠点だったルーマニアが、市民、農民、政府をあげて、NON GMOへ取り組み、いまやドナウの奇跡、NON GMO大豆のヨーロッパでの大供給国へと生まれ変わったドキュメンタリー映画「Uターン」の上映会を行います。ローマ文化の伝統を継ぎオペラやクラシックなどの芸術大国でもあるルーマニア(ローマニア)ですが、勝海先生は1人で海外公演は回られますので、ルーマニアでも今回のコングレスの出演がきっかけになって、能楽の公演が実現すればいいなと話されていましたが、こんなことも実現すればいいですね。

2017年12月23日 (土)

環境農業新聞2017年12月15日号にJPHMAコングレス特集が掲載されました

▼第18回JPHMAコングレス 特設サイト

http://jphma.org/congress2017/
【掲載記事】
拡大して読める形ではJPHMAホームページ
メディア紹介のページで紹介されます。
20171215
20171215_2
20171215_3
20171215_4

2017年12月 9日 (土)

12/24(日)とらこ先生の『Zenホメオパシーによるホメオパシー的予防』

12月8日(金)送付のメルマガより
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃
┃◆┃ヨーロッパ4か国 ZENホメオパシー発表 大成功記念
┃ ┃
┃ ┃『Zenホメオパシーによるホメオパシー的予防』
┃ ┃
┃ ┃~感染症は自分自身が引き寄せていた!!~
┃ ┃
┃ ┃12月24日(日) 10:00~12:30
┃ ┃
┃ ┃由井寅子 CHhom学長
┃ ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
20171224
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃
┃ ┃
┃ ┃『Zenホメオパシーによるホメオパシー的予防』
┃ ┃
┃ ┃ ~感染症は自分自身が引き寄せていた!!~
┃ ┃
┃ ┃
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回の講演では、とら子先生が極めた魂・心・体を三位一体で治癒に導く「ZENホメオパシーの神髄」を一般の人にもわかりやすく解説。
とてもお勧めのライブとなります。
今年10月、欧州4か国の団体からZENホメオパシーをテーマに招聘され、とらこ先生は各国で学術発表を行いました。
そしてその先進のメソッドは、各国での参加者に大きなセンセーションを巻き起こすとともに、しっかりと受け入れられたようでした。
医原病、食原病、環境病、インナーチャイルド病など、現代の様々な難病を根本治癒するためには「ZENホメオパシー」でのアプローチはもちろんのこと、インナーチャイルドの癒しが不可欠であります。さらに治療家の側にも霊性の高さが求められます。
特に、日本で「ZENホメオパシー」が誕生した背景には、今の日本人の状況があります。 すなわち、信仰心を失い、道徳に縛られ、 感情を抑圧し、自己否定が強く、毒物に曝され、魂・心・体がボロボロになっています。
その中でも特にマヤズムと関係の深い感染症とインナーチャイルドとの関係について深く学びます。
■実は、病原体が感情を持ってた!?
病原体が感情を持っていることによって、あなたが同じ感情を持っているとその病原体を引き寄せます。あなたがその病気にかかろうとしても、病原体と同種の考えを持ってない限りはその病気に感染する事はありません。あなたが病原体を「非自己」と出来ず、引き入れてしまったから病気にかかるのです。
どうしてインフルエンザにかかるのでしょうか?
親から「いらん子」と言われ、「自分はクズだ」と思えば思うほど、その同種の感情を持った病原体があなたの中に広がってしまうのです。しかし、この病原体が広がってくれる事は あなたにそのような考える癖があるという事を教えてくれているのです。
■予防接種は悪くない!?
なんのために予防接種の会社が存在しているのかと考えた時に、やはりこれは同種療法として、自分の治癒力を信じず、病気を恐れたためにこのようになっているのではないか。 本来、病気は恐れるものではなく、神様からもらって、それも体をきれいにするためにもらっている。「生き方、考え方が間違っているよ」と教えてくれている病気ですから。病気はありがたいものです。たとえ医原病といえども、運命としてもらったものを予防接種が悪いからこうなったんだよと外にだけ原因を求めている以上、根本的な解決はないと思います。
このように今回の講演は、とらこ先生が最新の研究成果を語る渾身の2時間ライブとなります。
ホメオパシー利用者にも、療法家にも今回は必聴の内容となります。
12月クリスマス、1年の締めくくりとなるこの時期に人生が楽に生きられるように、皆様の気づきにつながればとても有難いことと思います。
ぜひ12月24日はお連れ様もお誘い合わせの上、CHhom各校へお集まりください。
【詳細&お申込み】
・日時
12月24日(日)10:00~12:30
・講師
由井寅子 CHhom学長
・会場
CHhom東京校(ライブ会場)
札幌 名古屋 大阪 福岡(中継)
≪参加費≫
●一般: 3,000円
●とらのこ会員: 2,000円
●CHhom学生・JPHMA会員・認定ファミリーホメオパス・認定インチャセラピスト: 1,500円
 
≪詳細&申し込み≫
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20171224_1.php
☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
▼今後のイベント案内
……………★★ ホメオパシー的予防 実践編 ★★……………
◆年末年始の役に立つ、家庭でできる
 『ホメオパシー的予防 実践編』◆
 
【午後】2017年12月24日(日)14:00~16:00
 新城英一JPHMA認定ホメオパス
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20171224_2.php
特典:12/24(日)午前中の「とらこ先生講演会」に参加の方は、当セミナーは 1,000円(一律) でご参加いただけます。
……………★★ 新春はホメオパシーから! ★★………………
◆新春ホメオパシートーク(参加費:無料/要予約)◆
2018年1月6日(土) 11:00~13:00終了予定
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/2018newyear.php
……………★★ホメオパシーには可能性がある!★★……………
◆第18回JPHMAコングレス◆
2018年1月13日(土) 10:30~18:30
2018年1月14日(日) 10:00~17:00
≪特早割 12月17日(日)までにお申し込みの方≫※延長しました!
http://jphma.org/congress2017/
……………★★ジェモセラピー(植物蕾療法)★★………………
◆ジェモセラピー(植物蕾療法)の概要と実践◆
2018年1月15日(月) 10:00~17:00 (昼休み 1時間含む)
海外ホメオパス招聘
マリナ・シウマス・リンブ博士(ルーマニア) 特別講演会
http://www.homoeopathy.ac/11reserve/20180115_1.php
………………‥‥‥‥‥・・‥‥‥‥‥……………………………
◆CHhomオープンキャンパスのご案内(1年コース、4年コース)
CHhomでは、入学希望者を対象にオープンキャンパス(公開講座)を実施致しております。
≪早期割引特典あり!≫
・2017年1月末までに入学手続きが完了された場合、入学金30%OFF
http://www.homoeopathy.ac/2012/invitation/open-campus.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
本メールはCHhomより送信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールはCHhomメルマガ希望の方に配信しております。
CHhomメールマガジンの「新規登録」「配信停止」は
こちらからお願いします。
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=html_dsp&out_html=mailmag_chhom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆_____________________
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー
〒158-0096 東京都世田谷区玉川台2-2-3 矢藤第三ビル
TEL:03-5797-3250 FAX:03-5797-3251
E-mail:chhom@homoeopathy.ac
http://www.homoeopathy.ac/
_____________________★☆

2017年11月19日 (日)

2018年1月13日、14日 JPHMAコングレス~お得な特早割は11月末

11月11日JPHMA配信 JPHMAコングレスメルマガから
お得情報をお届け!JPHMAコングレスメルマガ 第2弾
こんにちは!
とらのこ会員の皆様、CHhomメール会員の皆様
第18回JPHMAコングレス実行委員会と申します。
とらのこ会、CHhomメール会員の皆様へ、年に一度のホメオパシーの祭典であり、
プロフェッショナルホメオパスの学術大会である、
今年度は特別企画、日本ホメオパシー医学協会 JPHMA 設立20周年記念となります
「JPHMAコングレス」
の情報の第二弾を送らせていただきます。
この10月には、とらこ先生がドイツ、ルーマニア、オランダ、英国にて
ZENホメオパシーの学術発表をされ、各国に大きな感動の旋風を
巻き起こしましたが、
この感動を引き継いで、次は日本最大のホメオパシーの祭典・
1月13日、14日のJPHMAコングレスまであと2か月ちょっととなります。
以下、JPHMAコングレスの新しい情報をご紹介いたします。
20161112_s
▼昨年の第17回大会のダイジェスト動画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪ メルマガNo.② トピックス ≫
◆① コングレス特設サイトオープン!
◆② コングレスタイトルメッセージ変更決定!
『美しい体、美しい心、美しい魂
     -それは、自然からのプレゼント-』
◆③ コングレス参加お得な「家族割り」新規実施!
 
◆④ 植物療法の先進国ルーマニアから、
  Malina Ciumasu-Rimbu(マリナ・シウマス・リムブ)医学博士&ホメオパス
  来日発表決定!
 
◆⑤ 20周年記念 アトラクション/総会/記念パーティー開催!
  重要無形文化財総合指定保持者 観世流能楽師 
  コングレスでの 勝美 登 先生の舞台披露決定!
◆⑥ コングレス特別優待チケットにて、とってもお得な参加費でご参加可能!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆① コングレス特設サイトオープン!
今後、学術発表タイトル、国内外講師発表テーマ等 近日公開!
今回はJPHMA設立20周年記念のコングレス、周年行事を含め、
これから、JPHMA会員他、国内外来賓発表者、20周年企画内容が決定次第、
どんどん情報を掲載させていただきます。
日々チェックください。
▼昨年のコングレスの特設サイト
2018年1月13日(土) 10:30~18:30
          パーティー 19:00~20:30
2018年1月14日(日) 10:00~17:00
★両日とも、プログラム終了時刻は現時点での予定です。
 プログラム確定の際、終了時刻が多少前後する可能性がございます。
 お帰りの時間は余裕をもってご計画ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆② コングレス タイトルメッセージ変更しました!
 「美」をメインのテーマの1つに掲げた初めてのコングレス。 
  『美しい体、美しい心、美しい魂
   -それは、自然からのプレゼント-』 
このテーマに相応しく 美しさ、さらに自然をテーマにした
ホメオパシー統合医療のコングレスとなります。
みなさまよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆③ コングレス参加お得な「家族割り(とらのこ会員様対象)」
   JPHMAコングレス 「家族割」サービス開始!
   家族みんなでコングレスへ参加しよう!
   ご家族の皆さんでご参加にとてもお得です。
   とらのこ会員様は同居のご家族様に限られておりますが、
   同居の有無に関わらず、「3親等以内のご家族様対象」で、
   離れておられる場合でも、のとらのこ会員様と同じ参加者区分
   でご参加いただけます。
   例)
   とらのこ会員のご家族は、とらのこ会員価格。さらに今回の特典
   は、同居でないご家族3親等以内のご家族様まで、とらのこ価格
   様としてご参加できます。    
   ※ご家族のみのご参加の場合、「家族割」は適用されません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆④ 植物療法の先進国ルーマニアから、
  チウマシュ・リンブ・マリナ医学博士&ホメオパス
  来日発表決定!
★海外来賓として、植物療法の先進国ルーマニアから、
 マリナ・シウマス・リムブ医学博士&ホメオパス来日発表決定!
 ホメオパスであるとともに、ジェモ(植物幹細胞療法)セラピーの
 専門家でもあり、花粉療法などの自然療法にも精通。
 ホメオパシー統合医療に新たな可能性が開けます。
 10月ルーマニアでの由井会長招聘の発起人となられた方です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆⑤ コングレス情報 海外来賓/アトラクション情報/総会日程/
 コングレスのスケジュールですが、特設サイトへの掲載もう少しお待ちください。
 2日間ありますが、以下の予定で進めております。
1日目(13日)
  JPHMA会員他発表
  来賓発表
  パネルディスカッション
 ★マリナ医学博士&ホメオパスの講演 1日目
 ★アトラクション 1日目(13日)
  今回は、重要無形文化財総合指定保持者 観世流能楽師で
  世界へ日本の「能」の魅力を発信する
  の「勝海 登 Noboru Katsumi 」様にスペシャルステージとしての舞い
  お越しいただくことが決定。
  約20分~30分の予定で能楽をご披露頂きます。
  ▼勝海 登氏公式ホームページ
  JPHMA設立20周年記念パーティーを演目終了後、世田谷区民会館大集会室で開催します。
2日目(14日)
  会員発表
  来賓発表
  パネルディスカッション
 ★マリナ医学博士&ホメオパス 2日目
 ★各認定者認定授与式 2日目(14日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆⑥ コングレス特別優待チケットにて、とってもお得な参加費でご参加可能!
 「とらのこ会員様、一般のお客様対象」に、
 ★全国のJPHMA認定日本ホメオパシーセンター
 ★CHhom東京、札幌、名古屋、大阪、福岡校
 ★全国CHhomショップ 
 ★全国CHhomショップ取扱所
 ★JPHMA会員
 ★CHhom各コース学生、JPHF(日本ホメオパシー財団)認定ファミリーホメオパス、
  JPHF認定インナーチャイルドセラピスト
 上記の皆様が販売している「コングレス特別優待チケット」(JPHMA発行)です。
 お近くに、お知り合いに上記の販売者の方がいらっしゃる、
 また、各CHhomのセミナーやCHhomショップにご来場いただいた時などに、チケットを購入でき、
 購入にてコングレスにお申込み手続きも整います。
 
 ★☆そのお得な特典とは??☆★
        ↓
 ★一般の方 → とらのこ料金で!
 ★とらのこの方 → CHhom学生料金で!
 ・・・の参加料金で参加が可能となりますので、
 ★☆もっともお安くご参加する方法!!☆★
 
        ↓
 ★11月末までの、【得早割料金】の時期に、
  【コングレス特別優待チケット】を購入いただきますと、
  もっともお安くご参加が可能です。
 是非、お見逃しなくご購入いただき、ご参加ください。
 ご不明な点は、JPHMA事務局までお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★次号予定は、
協賛企業様およびブース出展社様の情報やJPHMAコングレス
ならではの特別特典などご紹介したいと準備中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシーCHhomシーエイチホム
一般財団法人日本ホメオパシー財団 日本ホメオパシー医学協会JPHMA
〒158-0096 東京都世田谷区玉川台2-2-3矢藤第三ビル
TEL:03-5797-3073 FAX:03-5797-3074
eメール:congress@jphma.org
特設サイト:http://jphma.org/congress2017/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年11月 1日 (水)

英国スクーリング11日目近くの王室ロンドンホメオパシー病院(設立時名称)訪問

9時半のホテル出発前の時間を利用し、ロンドンにある王立のホメオパシー療法も施す病院を訪問しました。
Dsc00096
Dsc00093
ROYAL LONDON HOMOEOPATHIC HOSPITALは何年か前にRoyal London Hospital for Integrated Medicine Historyに名称こそホメオパシー(Homoeopathy)から ホメオパシーに加え自然療法も現代西洋医学も含むより広い療法を施すという意味で、統合医療()を冠したRoyal London Hospital for Integrated Medicine Historyへと名称は変わりました。
しかし、今も建物に残る看板の名称はROYAL LONDON HOMOEOPATHIC HOSPITALのままです。
この病院はクイン医師により今から150年前に設立されたロンドンのホメオパシー病院がもとであり、その後、1920年代には、既にホメオパシーに親しんでいた王室のサポートを受けるようになりました。ロンドンでは、上流階級の人々はもちろん広く英国の人々、そして動物たちにも親しまれています。
ホメオパシーは英国では代々王室での健康法でもあり、エリザベス女王がホメオパシーの愛用者であることやチャールズ皇太子が、熱心なホメオパシーのサポーターであることは良く知られています。一昨年、プリセンス キャサリンが出産された場合にも、翌日退院していたという記事がでていました。翌日退院ということは自然分娩はもちろん、その代わり、自然療法、そしてホメオパシーも利用しているのでしょう。メディアでは報道されていませんが、報道するまでもなく当然でしょうと言う方もおられました。
立ち寄った空港やホテル近くの BOOTS(ドラッグコンビニ)でもホメオパシー関連商品が置いてありました。
ドイツやフランスなどの他の欧州各国同様に、英国の生活には広くホメオパシーが根付いているのでしょう。
スクーリングでは、ドイツでルーマニアでオランダで英国で、欧州では人々の生活の中に、当たり前のように根付いているホメオパシーについても体験することができました。海外に出てホメオパシーを感じるということは勉強になりますね。来年は一体どちらの国へ海外スクーリングになる?のでしょうか楽しみです。
▼2010年のCHhom海外スクーリングでのロイヤルロンドンホメオパシックホスピタル訪問時のレポートはこちら
Dsc00091
Uk_hospital_visit_20101025
▼CHhomワールドワイドホメオパシー(英国編)
この病院についての詳しい歴史(英文)」は
UCLHのRoyal London Hospital for Integrated Medicine History 以下リンクを参照ください。
また、ZENホメオパシーの日本でのJPHMAコングレスは来年2018年1月13日(土)、14日(日)に東京で行われますが、ここでは、今回のスクーリングでも海外の方にも大きな影響を与えたZENホメオパシーをテーマにした学術大会となります。ぜひコングレスにもお集まりください。
▼昨年のJPHMAコングレスの模様
▼CHhomヨーロッパスクーリング2017の模様は以下の特設サイトでもレポートしています。

12日目スクーリング 本隊は無事 定刻13時半に羽田到着

お陰様で、今回のツアーは、大きなトラブルや、ツアーがつづけられないほど体調を崩すこともなく、皆でフィニッシュを迎えることができました。

解散前のミーティングでは菊田ホメオパスが挨拶。最後はJPHMA理事の松尾敬子ホメオパスが挨拶して締めの挨拶、今回は4ケ国での日本のZENホメオパシーのとら子先生による学術発表や学術交流も大成功をおさめましたが、参加された皆さん1人1人にとっても様々な気づきや成長につながるスクーリングになったのではなかったのかと思います。また同行したスタッフも様々な面で多くのことを学ばせていただきました。
Dsc05341
Dsc05352
スクーリングの報告は速報版のCHhomスタッフブログ以外の、CHhom欧州スクーリング2017 特設サイトでも特集掲載、順次アップしています。
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31